情報や手段を使いこなせないのに自信満々の毒父

毒親
スポンサーリンク

1月ももう半月が過ぎました。本当に早送りのように時間が経ちますね。どうせなら一気に終わりまでスキップ出来ればいいのにと思う位ですが。

 

先日ガス点検が終わりました。ガス点検などの立ち会い点検の時には、指定時間の間は家に居なくてはいけないのと、点検部の周囲にある物をどけて簡単な掃除をしなくてはいけないのが、必要な点検と分かっていても地味にストレスです。

 

ガス点検日変更前の記事についてはこちらです。

立ち会いの設備点検が面倒くさい 
最近晴れの日が多いですね。ありがたいけど晴れると何か急き立てられる気がして落ち着きません。特に布団干しとか…冬は冷たいし夏以上に干す気がしない…なのでせめて除菌スプレーをかけて気休めをしております。それに毒父との同居のイライラから毎日HPも...

 

点検が終わってほっとしたのもつかの間、今回は同日に姉も秘かに巻き込んでいた毒父について書いていきます。

引用元:janeb13によるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

情報が古すぎる毒父

ガス点検が終了したので、ガス料金引き落としの為に新規口座契約の書類を書く必要があります。書類を書いてポストに投函まではいいもののひとつ懸念が。毒父の年金(生活費)口座の銀行印はこの印鑑で合っているよねと不安に…。印鑑あるあるですがどの銀行印がどの印鑑か分からなくなるんですよね。家の場合は印鑑が無駄に何本かあるから余計に。

 

メイン口座だし毒母の治療費等の時とかに確かこの印鑑だったはず。当時毒父がこれで間違いないと言っていたし。でも4年以上経っているので不安だから一応毒父に確認しておくかと思い聞くと。

 

「俺知らね、母ちゃん(妻)に任せていたから」

 

…いや、数年前あんたが自信満々にこの印鑑と言ったんですけど。そもそも自分のこと(銀行印鑑)を知らないのは結構恥ずかしいことと思う。分からないのは家事を一切担当したままで毒父に教えなかった毒母の責任もあるから仕方ないにしても、なんで堂々と人(毒母)のせいにしたままで俺は全く関係ないと他人事でいられるのか。

 

多分大丈夫と思いつつ書類を送った後にもし違っていたらまた面倒なことになるので、銀行に印鑑を確かめた方が良いなと思い直し。私が確認しに行こうと思いましたが、もし違っていた場合また登録し直しだと多分身分証明とか必要とかでまた面倒だし、何より自分の銀行口座のことだから自分でやってもらおうと毒父に頼みました。

 

ガス口座の引き落としの書類で銀行印が必要だから、銀行へ行って窓口で銀行印を確認してきてと。1番予想される印を出して確認してもらって、もし違っていたら新たに印鑑登録で家の印鑑これで全部だからどれでもいいから登録してきて。これは本人が行った方が早いし確実だからと念押しして、念のための銀行通帳を持たせました。何かが足りなくて戻ってきて指示されたくないので分かりやすい説明と完璧な準備が大変です…。

 

説明する時にも通帳に銀行印が押してあるだろと堂々の毒父。…それかなり昔のことでしょう。今はもう安全を考えて新しい通帳にも押されないから、自分で照合できないから本当に覚えていかないといけないから大変なんだよと。

 

と言っても納得しないだろうから、通帳を見せて自分の目で確認してもらいましたけど。やらないのに古い情報のままで自信満々だから余計に疲れる…。おまけに何か言う度に何かしら返ってくるから精神的ダメージがじわじわ溜まります。

 

毒父の倍増する無神経な毒でダメージを受ける記事はこちらです。

普通ならなんでもないやり取りなのにどうしてもイライラ募る
今日は天気予報では晴れでしたが、1日曇りで日中から結構気温が低めなので私には過ごしやすい気温でしたが、毎日気温差が大きいと服装や体調管理が大変です。

 

思考と分析が伴っていないけど、行動力だけは半端ないのですぐに終わりました。結局最初の銀行印で大丈夫だったのでやれやれです。

 

 

身内は自分の思うままに動くと思い込んでいる毒父

後日姉からこの日のことを聞いた?と怒り口調で言われました。ガス点検の日は姉が休みだったけど寄らない方が良いと伝えたので会わなかったので、年明け初めて会う姉ですが何かあったのかと??「ああ、毒父と会話がないもんね」と姉に言われたので知らないことに納得されましたが。

 

因みに前に毒父が姉に「私は元気か?」と私の様子を聞いたらしいですが、姉が「同居しているんでしょ?」と言ったら、「会話がねえもん」と返事したらしいです。いや、誰が今までの会話を潰してきたと思っているんだよ。あんたがなんで被害者面しているんだよ、ふざけるなとイラッときましたが。

何をしてもいい親アピールにしか見えない
8月に入った途端毎日灼熱地獄で魂も気力も抜けています。外は勿論家も熱気がこもりやすい為エアコンも効きづらいです。

 

点検の日、姉はこっちに寄らないので家でのんびり過ごしていたら、お昼過ぎに毒父から携帯にかかってきて「車が動かない、すぐ来てくれ」と呼び出されたらしいです。姉が「私が言ったって整備士じゃあるまいし分かる訳ない」と当然の理由で断ったら、「いや、お前なら分かる。今日休みだろ」と聞く耳持たず(居間のカレンダーに姉の休日を記入しているから毒父も姉がいつ仕事休みか知っているんでしょう)。

 

いや、何その訳分からない断言。休みだからってすぐに来られる状態とは限らないし、車10分少しで来られる距離だけど準備とかゆっくりしていたいだろうし、ましてや毒父の為に貴重な休みが…。断っても後が面倒くさそうだし気になるしでしぶしぶ支度をして家に向かったら、途中で携帯にかかってきて「動いたわ~すまんすまん」とあっさり終わったそうです。

 

…怒。車のトラブルの為に保険に入っているんだし、車内にある保険内容とか説明書とか読まないのか?とそこへ電話すればいいじゃんと憤り。何のための保険なんだか…、至極ごもっとも。

 

毒父はお金を払っている割には外部サービスとかを使わずに、身内や縁故関係で済ませようとします。タダで気安く使えると思っているんでしょうし、外部で恥をかきたくないと言うとんちんかんなプライドがあるんでしょう。周りの身内は大迷惑ですが。私からすると下手に関係がある身内よりは、外部や他人の方が後腐れなくて余程楽と思うんですけど。

 

結局なんで車が動かなかったのかも聞いても毒父の説明では訳分からないらしく、車に乗らない私にはもっと分からないので姉からトラブル自体は詳しく聞きませんでした。後日毒父から一応また謝られたそうですが、想像通り上から目線だったらしく「謝ったじゃねえかよ」と言われ、「全然謝っていない!」と余計に火に油を注いだようです。姉からすると折角のんびりしていた休日を毒父の突然の呼びつけに応じて結局は毒父が自己完結したから、ただ巻き込まれただけですからね…。

 

毒母、私、姉と3人の女性を怒らせているんだから、やはり毒父は相当昔気質の男尊女卑、間違った家族信仰が改めて分かります。息子だったら多少違うかもしれませんが。3人の中でははっきりとした性格で、働く主婦の姉と言う毒父にとって態度が軟化する姉までも怒らせるんだからなぁ…。ちなみに一応唯一の孫として子供よりは可愛がっている姪っ子にもうんざりされています。

 

毒父こそ子に依存していると思う記事はこちらです。

毒親は自分から子供が離れていかないと完全に思っている
独房の周りの世界では疫病で大騒ぎですが、絶えず毒親の毒を受けている私には疫病が収束してもしなくてもがあまり関係はなく、絶望無気力デフォルトで過ごす日々です。

 

相手に分かって貰える期待は全て捨ててでも怒りが収まらない時は手紙に書いておくのもいいと思います。

毒父に手紙を書きました
コロナ禍や毒父との同居の限界態勢日々でストレスや鬱憤がたまり本当いつ死ぬか分からないなと思い今までも何度か記事にしましたが、身辺整理を日々少しずつしています。片づけはあらかた終わったものの(と言っても思ったよりは物は減らないですが)、結構重...

 

 

まとめ

毒父は大抵帰宅時間が12時半くらいなのに点検の時に限って12時前に帰ってきたので、丁度点検の最中に帰ってきたので点検中は凄く落ち着きませんでした。今回に限らず毒父は嫌がらせかと思う位毒父のタイミングが悪い時が多いです。用事があり早く帰ってきてほしい時には遅いとか、今回のように逆のパターンも。仕事量によって帰宅時間に差が出るのは分かっているから言わないけど、毒父だから余計にイラついてしまいます。

 

古い情報をドヤ顔で言うのもうんざり。きっと通帳の銀行印欄を見せていい気になりたかったんでしょうけど。ニュースを見ている割に肝心なことは古い情報のままで、余計な情報は知っていたり、聞くわりには信じなかったりと本当人をイラつかせる天才だと思います。

 

更には同日に休みの姉まで秘かに巻き込んでいたとは…。車関係もサポートサービスに連絡すれば姉を巻き込むことはなかったんですが。毒父にとって娘はタダで利用できる小間使いのようなものなんでしょう。なんだかんだで許してもらえる、やってもらえると思い込んでいる毒父。

 

だけど嫌いつつも最期まで尽くし切っていた毒母とは違うことくらいいい加減分かれよと思いますが、少なくとも本当に周りが誰も居なくならない限り無理でしょうね。やはりここまで高齢になる前から少しずつでも自分で出来ることはやることを身につけた方が良いといいのは痛感します。

 

年々どんどん横柄さが増す毒父を見ていると、生来の俺様気質が歳をとるとここまで腐り人を巻き込むんだなと思い知ります。会話なんてとっくに通じないので、一言話したり頼みごとをしたりする度にせめて1発殴らせろと言う感じです。

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと