毒父は不快な言葉をドヤ顔で言う

毒親
スポンサーリンク

毒父が今まで1日4時間の短時間でも仕事で不在だったのは、私にとってかなり気持ちが楽だったんだなと痛感します。どんどん時短勤務が増えて週2~3日休みは当たり前、一応毒父もそれなりに気を使っているのか、私があまりに嫌々オーラを出しているからか自室へ行く時間をとる等していますが、それでも生活空間が一緒なので絶えず毒父の気配を感じる生活が苦しくて仕方がないです。

 

毒父に対して嫌悪感しかなく、ここまで来ると例え良いことをしたとしてももう何とも思わないんですよね。ここまで嫌いになったのは沢山のことが重なった為ですが、全く相手への配慮と気遣いがなく地雷を踏みまくることが大きいです。毒親の大きな特徴でもありますよね。毒父の言葉の9割は地雷なのですが、今回は特に嫌な感情を植え付けた地雷の言葉を書いていきます。

 

引用元:OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

励ましているつもりだろうけど地雷を踏みまくる

4年勤めた仕事を辞めた時は30代ラスト。

 

30代の仕事についての記事はこちらです。

働くことにとことん向いていない、20代と30代の黒職歴
人間に向いていない、学生時代の暗黒歴史を書いてきたので、社会人時代の黒歴史も書いておこうかなと思います。本当は生きる為に働くのはずなのに最近は働く為に生きるの風潮。世間では働いていないと速攻叩き潰されますが正直今働けている方たちもいつどうな...

 

どこの職場にも必ずいるお局様には気をつけて
職場での人間関係のひとつにお局様が嫌な方も多いと思います。お局様は性格が悪い人が殆どで、なんでこんな言い方をするのだろうとか些細なことにいちいちうるさいとか訳分からない人が多いですよね。そしてお局様こそ仕事辞めないし大抵は辞めさせられません...

 

年齢でも正社員の最後のチャンスと正社員に絞った求職活動を1年ほどしていました。バイト等掛け持ちする器用さがないので、求人を探す→応募するをひたすら繰り返し、更に田舎なので応募先が何もないこともしょっ中で求人活動のみの1年は本当に辛かったです。大嫌いな毒父に生活費を頼っているから尚更。

 

求人活動が8か月位続いた時に自室に毒父が来て、私への地雷の言葉をかけられました。

「おい、今求人状況が厳しくて正社員なんかならねえぞ。俺はお前の様子見てられねえよ」

 

毒父なりに気を使ってくれているんだよと思うかもしれませんが、求人活動に絶望していた私には見事に地雷でした。求人状況が厳しいのは本人が百も承知、わざわざ言われるまでもないし、嫌いな相手が気を使っているとしたら尚更屈辱です。

 

 

元凶に言われると怒りが倍増する

更にとどめがこの一言。

「まぁそんな落ち込まずによ人生楽しもうや。じゃぁ俺がこういうことを言うのはこれっきりだからよ。もう言わねえからよ」とドヤ顔で退室しました。

 

…何言ってんのこの人状態でしたよ。この時の心情は次のとおりです。

 

落ち込まずになんて、まともに就職活動したことがない毒父に、何回も何十回も履歴書を書き面接先で不快なことを言われた末に落ちる等、応募先すらない屈辱が分かってたまるかと。何知った風な口聞いているんだよ。こんな状態で人生楽しめる訳ないわ!というかあんた達毒親の元で生まれたせいで、生まれついた時から人生損してばっかりだ!低スペックの遺伝子と低レベルの育て方の親が出産するんじゃねーよ!

 

何回も言わない、俺の言いたいことは言ったから後は自由にしろよと、良い親を気取っているのが更に腹立ちました。しかも姉にはちゃっかり違うことを言っていたらしいですからね。大方あいつこれからどうするんだろうな、俺は心配でしょうがねえよ。俺は老い先短いからいいけどよとかいい親気取りで言っただろうから、どっちにしても不愉快だから内容は聞きませんでしたが。

 

毒父の地雷発言で今まで綱渡りどころか糸渡り状態だった心が見事に落ちてしまった一言でした。

 

 

まとめ

自分が絶望的、辛い時に、言われたくないことを言われたくない人に言われるのはかなり堪えます。しかも毒父の場合俺はいいことを言った、いい父親だという自信に満ち溢れているし、物凄いドヤ顔が怒り倍増しました。

 

結局求人活動も馬鹿馬鹿しくなってしまい、もういいや状態で求人は一応見ていても何が何でもと思えなくなり、ようやく1か月だけのバイトだけした後は在宅でWEBライターをすることにしたのです。

 

でももしどこか正社員雇用が決まったとしても続かなかったでしょう。もう人や働くこと自体が出来ないんだなと自分に見切りをつけ始めていた頃でしたし。今思えば30代の総6年弱が、一般には少ない通勤年数だけど私にとっては最後の踏ん張りでした。少ない給料すら毒母に無心され、職場の人間関係は最悪、家は地獄の中でよく頑張ったと思っています。

 

それに今の世の中では結局は解雇になっていた可能性が高いし、ホワイト企業勤務は既に可能性0だったのでブラックかグレー企業で無理して働いた末に解雇と凄まじいダメージを負っていたかもしれません。会社解雇は自己都合とはまた違う意味でキツいですよ…。

 

だから在宅をやってみたのはいい判断だったかもしれません。これが実れば万々歳だったのですが、残念ですが成功できませんでした。毒父はもしかしたら人並みに給料稼いでいると思っているかもですけどね。毒父も自分の給料を自分の為だけにしか使っていないし、毒父の知ったこっちゃありません。

 

もしそんなんでどうするんだとか言われたら、私にはもう無理です。生きていたくもないしどうでもいい。偉そうに責めるだけではなく成功する方法を具体的に教えてくださいと言うつもりですが、構えている時に限って何も言ってこないところがまた腹立ちます。

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと