疲労がたまる毒父との小さなやりとり

毒親
スポンサーリンク

面倒くさいことは丸投げの毒父と同居していると、少し考えれば自力でできることや自分の中で消化できることまで巻き込まれるので始終気が休まりません。息抜きがてらに外出しても帰ってきて何かあるかもしれない、何か言われるのかと常に毒父の存在があるので、特にマンツーマン同居が始まった4年間リラックスしたことがないです。

 

以前は年に1回か2回ほどあった同窓会や旅行などの泊まりももう無く、毒父がいない時間は仕事の3~4時間と2時間位の外出で数時間抜ける位だから1日6時間位。時間にすると結構居ないかもしれませんが、毒父が居ない間に家事などやらなければいけないし、毒父は仕事から散歩まで一気に6時間いないのではなく、午前が仕事で昼過ぎに帰宅、午後に散歩と出たり入ったりなので全く落ち着きません。丸1日毒父がいない日は年間1日もないので、大嫌いな相手と住むのは本当に気力体力奪われます。

 

前は気が付いたことや言っておいた方がいいこととかを一応言ったけど、最近はどうでもよくなって私からは本当に必要最低限しか関わっていないですが…俺様でお構いなしの毒父は色々なことで地味に小さく巻き込んできます。今回は小さなことだけど疲労が地味にたまった毒父のやりとりについて書いていきます。

 

引用元:Sonja KaleeによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

ビデオが映らない

お使い後に帰宅して買い物分を冷蔵庫に入れてひと段落して座った途端、「おい、テレビが映らねーんだけど」とリモコンを放られました。

 

…私に機械のことなんか分かる訳ないし、若い頃散々機械に強いとか自慢していて丸投げかよとイラッとしつつ、テレビをつけたらちゃんとついたので「ちゃんとテレビつくけど」と言うと、「いや、テレビではなくビデオだよ」…ならちゃんとビデオと言ってよ。

 

どうやらビデオを見ようとしたら画面が映らなかったらしく「いつもならそこの機械(DVDレコーダー)が赤くつくはずだけどよ」と毒父が言いました。確かにビデオを使う時にはレコーダーに電源が入り赤くなるはずですが電源が入りません。

 

昭和世代あるあるで色々リモコンを押してみたけど全くつかず…。と言うかその間中ずっとテレビの画面を見て無言の圧力かけるの止めてほしい。ただでさえ映らなかったらどうしよう、面倒だなと思っている中で更にストレスだから。

 

念のためにテレビの裏を見たらコンセントが1本抜けていました…。テレビ裏のコードが沢山あるので確かに分かりにくいのですが。一応差し込んでから確認したらつきました。

 

毒父にコンセントが抜けていたと言ったら、「コンセントが抜けることあるのかよ」と上から目線。そりゃ絶対ずっと抜けないコンセントなんかないでしょうよ。これからも同じようなことあるだろうから、普通は抜けた場所とか状態の確認をすると思うのですがそのまま何事もなかったようにビデオを見始めるのが凄く腹立ちます。当然ありがとうとかもなし。どうせまた聞けばいいやと思っているんでしょうね。

 

 

留守番電話の音量が小さい

家電話には留守録に入らない限り基本的に出ません。最近はセールスが多くうっとおしいなぁと思いつつそのまま放置した後で留守録を消していたんですが、今日はたまたま毒父が留守録を聞いたらしく、「全然留守録の声が聞き取れないんだよ。前は聞き取れたのに」と、夕飯前に話しかけてきました。

 

はぁ…夕飯の一息の時に今度は留守録か…と。私だって全部の機能を知っている訳ありません。機能ボタンを押して分からないなら私にも分からんよと思ったけど(機能ボタンも押すことも分からずに、留守録を聞いただけなんだろうけど)、機能ボタンについては以前から何度か教えても全く理解しようとしないし今説明するのももううんざりなので、「知らない」と一言返しました。

 

毒父が自室へ言った後留守録を聞いてみましたが、確かに音量は耳を近づけて聞こえる位の小さめ(毒父は耳が悪いので聞こえないだろうなと)。機能ボタンに留守録音量調節は見当たらないので(呼び出し音量の調節はあったけど)、特に家電で分からない時はいじらずそのままに。結局電話はセールスなので聞こえなくても問題なしでした。

 

 

車検代はとりあえず検査後に余ったら返すことに気づかない

8月に切れる車検代の葉書の封を開けずにいつものとおり机に放置。…葉書を置いたまま一体私に何をしろと?車検代を確認して用意しておけと?自分宛ての葉書なんだから自分で内容を確認して伝えるべきことを伝えるのが普通じゃないですかね…(ため息)。

 

料金表を見ると毒父の車種は6万円少しだけど念の為余裕をもって10万円を共通口座から渡しました。封筒に入れて渡すと何故か激怒する毒父なのでポストイットに車検10万円と書いて、自分の記録と姉へメールもして毒父に渡しました。1回の車検だけでこれだけの手間がかかっていることなど本人は気づきもしないけど。

 

そうしたら8月でまだ先だし10万円もかからないと返してきました。…8月で切れる1か月前から車検は出来るし、せっかちの毒父のことだから7月中に受けることも考えられるから早めに渡しているんだよ。タイヤ交換とか何か入用があるかもしれないから余裕を持って渡しているんだよ、使わなければ戻せばいいだけだし。お金が足りなくてまた引き出して渡すとか考えただけで面倒くさいんだよ。自分の車検代分くらい自分できちっと保管しておけよ、その位は出来るでしょうよ。

 

瞬時にツッコミが脳内をめぐりましたが喧嘩腰で言ったら余計にストレスたまるので、余った分は私に戻して、自分で保管しておいてとだけ短く言いとりあえず納得したようです。

 

 

私はあなたの便利屋じゃない

どれも本当に取るに足らないことです。普通の人相手ならイラつかないレベルかもしれません。だけど自分に聞けばいい、毒父の完全お任せ状態が凄く腹が立つんです。私だって日々自分のことだけで精一杯だから、欲を言えばなーんにも本当にしなくていい日が欲しいんですよ。地味だから毒父は気づかないだろうけど、日々必ずやらなければいけない雑用が沢山あるんです。

 

更に毒父の世話(やりとり)とお金の管理がプラスなので本当心身ともに負担が大きいです。例えばお金関係で言うと毒父は受け取りコンビニで手続きするだけですが、こっちは事前に請求書とかで把握しておいて未納にならないように前もっておろして保管して、ポストイットで貼って記録して姉にメールしてと、とにかく事前準備が多い。なのに毒父の金銭管理丸投げ脳、やって当然だ気質がどうしても腹が立ちます。

 

毒親の俺様気質についての記事はこちらです。

毎日何かしらは毒父の後片づけがあるからストレスが静かに降り積もる
コロナなんかより致死率が余程高い毒父の毒で終始お前はもう死んでいる状態でございます。しかし働いていないは日本ではもう家でも社会でも無条件で奴隷かつサンドバックなんですね。 毒父と同居していると毎日毎日何かは毒父のしたことの後片...

 

毒親(父)を嫌いになった原因は一言で言うと徹底的に自己中だから
世の中には凄まじき毒親がいます。ネットでも書籍でも出るわ出るわ毒親関連が。笑えるけど笑えないのが毒親自身がもし毒親関連のニュースを見たとしても自分自身とはこれっぽっちも思わないことです。しいて言えば自分より身分が高い人たちが指摘をすれば思う...

 

 

まとめ

毒父にとって自分以外は小間使いか奴隷だから相手のことなんて何とも思っていません。手を煩わせて悪いとか1mmも思わないでしょう。だからどんな出来事も言動も自分!自分!なんでしょうね。それにしても俺様タイプの毒親は奴隷扱いの対象がいつまでも居てくれると思っている謎の自信が凄いです。一体どこからその自信はくるんでしょうか。

 

これらのことは本当小さなことです。私も非毒親育ちなら親も高齢だし機転がきかなくても仕方ないよとか、娘さんに甘えきっているんだね~とか軽く言えるんですが、こっちにしてみれば小さなことから大きなことまで何かしら毎日あると心底うんざり。

 

別に何も聞かずに自分で完璧に対応しろと言うのではなく、上から目線の態度を少し位改めろ、その俺様気質はなんなんだとどうしても思ってしまいます。毒父の何十年にもわたる気質が変わることは不可能です。分かってはいる、分かってはいるんですが…なんでこっちばかりこんなに悩まなければいけないのかと哀しくなります。

 

毒父は今年で75歳ですが食欲は旺盛、俺様気質は少しも緩まない、病気はほとんどなしと現役も真っ青な位元気なので(元気と言えば聞こえはいいけど同居しているこっちはどんどんHP吸い取られています)、毒父が弱るとか亡くなるところとかが全く想像できません。冗談抜きで100歳以降まで余裕で生きるんじゃないかと。何度危機にあっても蘇える金田一君に対する犯人の言葉「…不死身なの?」(外伝)が常によぎります。

 

かっこいいキャラや好きなキャラが常に頭にあるなら超幸せですが、何をしてもどう過ごしても常に毒父が頭にあるなんてどんな罰ゲームですか…。自分なりに一応頑張った20代と30代を経て、せめて40代は穏やかで静かな時を過ごしたかったですねぇ…(遠い目)。

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと