押し寄せる絶望にはささやかな楽しみを出来るだけ多く確保しておく

うんざり
スポンサーリンク

世の中本当~~に生きづらいです。今更何をと言う感じですが特に最近はそう思いますね。

以前は病んでいるからかなとか自分のせいかなと自分を責め続けていましたが、ネットや周りを見るとピリピリイライラしている人だらけ。

テレビなどで見せる幸せ画面は切り取りや洗脳だな…とひしひしと思います。

 

スポンサーリンク

絶望だらけの世の中だからそりゃ嫌になる

大型連休明け飛び込みとか飛び降りとか鬱とかニュースが沢山ですがそりゃそうですよね。

 

こんな窮屈な世の中天真爛漫に生きてる人って相当メンタル強い人か気にしない人ですよ。あ、あとお金持ちは強い。なんだかんだで9割はお金ですから。

 

なんでこんなに窮屈かと言うとやっぱり政治の腐敗が大きいと思う。

 

よく上から腐っていくと聞きますがまさにそうです。

 

国も会社も権力者から腐り始めますからね。

 

末端の社員や大人、今では小学生まで疲れてますからもう荒みきっている証拠です。

 

まぁそりゃそうですよ。

 

お国や権力者が決めた幸せや良い子ルールに素直に従った末が疲れ切ってもう頑張ってもどうにもならないという無力感にあたってしまう。

 

こうなるとそう簡単には立ち直れません。

 

そういう時には休んだり気分転換も必要なのに、即バッシングですからね。

 

休んでいる暇あるの?

将来どうするの?とか。

 

自分でも当然罪悪感と劣等感で一杯になってしまい責め続けて動けなくなりますから。

 

自分なりに頑張ったけどもう無理、誰も褒めてくれないし。

今までやってきたことは一体なんだったんだろうと言う絶望感に襲われます。

 

一心不乱に向かってきた人ほど大きい反動が来ますよ。

 

こういう時にどう動いたらいいか等の回避の仕方などを教える事こそ学校教育とかで必要なのに、

英語やプログラミングなど国に都合の良い教育方法しか考えられない今では無理でしょうね。

 

 

 

なんでもいいから自分にとっての確実な楽しみを見つけておく

絶望に臥せっている人残念ながら絶望や不安いくらでも押し寄せてきます。

 

そういう時メンタル強い人は立ち向かったり行動したりと対処できますがそんな人たちばかりではないですよね。

 

私ももう諦めきって何も行動できない時期がかなり長かったし、今も情熱的に前向きに生きている訳ではありません。

 

でも今の所存在しているのは好きな事、自分なりの楽しみがまだあるからです。

例えば、

楽しみな作品を読むまでは。

まだ美味しい物がたくさんあるから食べたいとか、

 

そんなもんですが。

でもそういう小さな事こそ絶望に陥った時こそ大事だと思うんですよね。

 

一般的に悩みにぶち当たった時は信頼できる人とかを見つけるとか相談するとか共に過ごすとか人を軸が多いですが、

 

人って1番あやふやですからね。

 

自分の思うとおりに動いてくれるわけでゃないですし、自分の望む言葉をかけてくれるとは限らない、場合によっては逆にマイナスに作用してしまう事もあるかもしれません。

 

だから人ありきの楽しみではなく、自分だけの確実な効果をもたらしてくれる楽しみを見つけておいてください。

 

沢山の絶望に備える為にもできれば多くあるといいです。

小さな明かりがあればきっと今の暗闇を少しずつでも歩いていく事が出来ると思うので。

 

 

 

まとめ

生きる事には興味ない私でもやはり飛び降りとか飛び込みなどのニュースを見るとへこみますね…あぁまた世の中にダメージくらってしまった人がこの世を去ってしまったなぁと。

 

悩みに年齢関係はないけれどそれでもやはり10代や20代の人達のそういうニュースを聞くと本当やりきれないです…そんな人たちはきっと苦しんでいる他の人たちの力になる事も出来たと思うし。

もう今に絶望しきってしまったんですよね。

 

パワハラまがいの人たちが謳歌するこの世はどれだけ腐ってるのかと失望の更新を常にしてしまいます。

 

令和だなんだと言っても希望が見いだせない新時代、せめてもう少しいい事起きればいいのに…と思うけどそんなささやかな幸せすら1番難しいんですよね。

 

もう大きいスケールで考えても頭が疲れるだけだから、

自分の身近な楽しみを大切にしなければいけないなぁと思う日々です。

 

 

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと