ひきこもりは働かないで家にいられていいよねの意見に強く反論します

うんざり
スポンサーリンク

リアルでもネットでも現代は本当に弱者叩きの世の中になってしまいうんざりです。嫌な言葉や決めつけの言葉が多く、事件が起こると犯人と同じような立場の人たちをこぞって叩き潰す…。そんなに叩きたいならゲームのモグラたたきやバナナでも叩けばいいのにとか思います。

攻撃してもいいと思い込む相手の凶悪さが本当怖いです、強者には絶対にいかないですからね。

ここでは叩きの強い言葉のひとつのひきこもりへの叩きについて私なりの考えを書いていきます。

 

スポンサーリンク

ひきこもりはほとんどの人のサンドバックにあう

ひきこもっているとどうしようもなく寂しいですよね。対人恐怖症の気配がある私ですら、ほぼ毎日家でパソコンをカタカタカタ…、毒親と顔をあわせて荒んでいくので誰か…私の話を聞いて話してほしいと思いますから。それでも嫌な気分にさせる人はお断りですが(笑)

 

リアルで難しいのでネットで一般掲示板などのひきこもりの人の相談を見るのですが、まぁ~凄いですバッシングが。

 

働け!甘ったれるな!私だって働きたくないのに仕事してる、いいよね引きこもれて。親がいなくなったらどうすんの…大体こんな感じです。確かに私も働いていた時はひきこもりには同じような意見でしたけど、あまりにこんななんでたまには肯定してくれる意見が聞きたいものですね。

 

 

働かずに家にいるのはいいよねは間違い。心身すり減っている

1番反論したいのがこれなんですよね。引きこもり=家にいる=働いていない=会社に行かなくていい=楽という図式。大きな間違いなんですよ。働いていないまではほぼ同意ですが(引きこもっていても仕事をしている人も居るだろうし)会社に行かなくていいから、家にいるから楽と言うのは違いますよ。

 

確かに家にいられるということは支えがあるからできるという考えになるかもしれませんが、家が裕福とは限りませんよね。というか裕福な家の方が少ないと思います。それでもなんでひきこもるかというとひきこもるだけの理由があり、外へ出られなくなってしまったからです。

 

皆それだけのストレスを抱えながらもひきこもらず外へ働いているといいますが、それこそ恐ろしい考え方ですよね。人それぞれどんなストレスを受けたかどうかは分からないし、他人からストレスの度合いをはかれるものではないです。

 

はっきり言って貯金を切り崩している人が大方ですよ。親が死んだらどうする?貯金がなくなったらどうする?ってそんなこと本人が1番不安でどうしようかと思っているんですよ。それでもそれ以上に外へ出られない恐怖心がなくならない、立ち上がれない人だっていることが分からない人達が多いなぁと思ってしまいます。

 

毎日毎日家族や社会の視線、外へ出ることの恐怖、自分への劣等感と罪悪感全てが襲ってくる生活です。この気持ちは心がどん底にまで落ちた人にしか絶対分からないでしょう。

 

 

ただ弱者を叩きたいのと自分は我慢して働いているのにと言う嫉妬の表れ

ひきこもりトピや掲示板の文章を見て必ず出てくる説教魔。とても快感で叩く人と凄く攻撃な人に分かれますよね。

ひきこもりの言葉自体が弱者の象徴ですからね。弱者には生存権なしと言わんばかりに言いたい放題言ってきます。いじめっ子と何ら変わりはありません。

 

だけど自分は我慢して働いていると言われても、こっちからすると働けるだけいいじゃない、お金がもらえるんだからと言いたくなってしまいます。不愉快ですよねそんなことを言われたら。それと同じような無神経なことをそちらがずけずけと言っているんですけどね。

 

ひきこもりの人は大抵は静かに自分の身を守ることに専念しています。凶悪な事件のおかげで危険人物と認識されやすいけど、静かで繊細な人が多いです。

 

逆に匿名をいいことにどんどんいたぶって見下している人達が外見では普通に会社で働いている人達が多いことを思うとそっちの方が余程怖いですね。

それにこういう人たちが会社とかで追い詰めてひきこもりの原因になった可能性が高いことを、少しでも思ったことはないんでしょうかね…。

 

 

まとめ

結局皆働きたくない、仕事にうんざりなんですよね。それは仕事でいい思いをしたことなんて何もない私ですからよーく分かります。しかもその仕事が給料に見合っていたり、自分が好きなことだったり、仕事環境が良かったりと何かしら利点があれば我慢できますが現代では粗悪な職場が多いので、仕事のストレスフルな人が殆どだと思います。

 

その鬱憤が働いていなくても大丈夫な人たちへバッシングにいくのですが…。でも働かなくても大丈夫だから家にいるのではなく、働かなくてはいけないのは分かっているけどどうにも働くことが怖くて仕方がない人も居ることを少しでいいので分かってほしいです。

誰にだってひきこもる可能性はあるんですから。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと