最良の選択は結婚も出産もしなかったこと

うんざり
スポンサーリンク

バレンタインデーが間近ですね~本命チョコは今や死語になりつつあり義理チョコ、友チョコ、自分チョコと代わりいつかはバレンタイン自身無くなるかもなぁと。元々単なる商戦ですし潮時はくるかもしれません。

 

ところで人生は選択肢の連続で選択肢を多く外すとハードモードに移行しBAD END確率が高くなると言う恐ろしい舞台と思います。そして選択肢を外しまくったおかげでまさにハードモード&BAD END直前な私ですが、唯一最良の選択をしたと自信持って言えるのが結婚と出産をしなかったことです。華やかな雰囲気のバレンタインデーが間近の中、私らしくネガティブ全開で結婚や出産についての考えを書いていきます。

 

引用元:Jill WellingtonによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

結婚をしたいと思ったことがない

結婚をすることが女性の幸せと決まっているくらいに既婚者は世間では物凄く優遇されます。元々結婚するもしないも自由な筈なんですけど、独身者のサイトや呟きを見ても結婚したかった…と嘆きの意見が多いのですが見る度に…そうか?結婚なんて絶対したくない、結婚なんて重罰だと思うくらいに心底御免こうむります。それは幼少の頃からでした。

 

毒親を見て結婚に既に幻滅していた

最大の理由は毒親の不仲です。今迄記事に時々書いていきましたが、毒親は結婚するくらいだから結婚後しばらく仲は悪くなかったと思います。ですが毒父が家事を一切やらない典型的な亭主関白。当時専業主婦で働くことが嫌いで実家も頼れない母ですら1度離婚を本気で切り出したほどでした。

 

毒母が離婚を切り出したのは私が中学か高校だったかな。私が離婚しないでと止めたから回避したのですが今思うと何故止めてしまったのか…心底悔やみます。一応離婚すること自体がショックだったからでしょう。ただ毒父から離れられても毒母が育てられるとは思えないからどっちにしても貧乏生活だったと思います。余程金持ちかいい人と再婚したらともかく、毒母が男を見る目があるとはとても思えないし。

 

私が20代以降は毒父と共に工場で働いている母にすら、更に王様気質で威張り散らし結婚記念日を迎えると毒父はここからが地獄の始まりだったと言い、毒母は毒父の愚痴を言いながらもいいなりで家事やら毒父の世話を付きっきりでまるで奴隷の様でした。こんな夫婦関係を見せつけられながら、私はしっかりした幸せな結婚生活を送る!なんてとても思えず結婚なんて絶対嫌だと心底思いました

 

あれだけ毒母を罵倒していたことはすっかり忘れて幸せな結婚生活にちゃっかり改竄している毒父が滑稽です。もし心の中では悔やんでいるとしてももう遅すぎだし同情の余地もなし。毒母については自分が選んだのだから仕方ないじゃんと今でも思いますが、あそこまで見下されまくりの日常を見せつけられては結婚に夢を持てと言う方が無理です。

 

 

人と一緒に暮らすことができないし尽くすこともできない

幼少の頃から寡黙・人見知りの今でいう陰キャラな私は中高ではいじめやぼっち生活を送ったので対人恐怖症になり人が怖くてたまりませんでした。なるべく人とは関わりたくなかったのに、集団行動必須の授業やイベント、学校そのものが地獄でしたね…。家でも何故上手く学校生活が送れないのかと親や先生から否定三昧でしたし明るい姉とは正反対でしたから。

 

だから他人と協力して共同生活を送り、なおかつ人に尽くすなんて別次元の話。自分のことだけで生きるだけで精一杯の私にはハードすぎる点からも結婚は絶対に無理と思いました。

 

 

出産する人はナルシストや幻想を抱いている人が多い

結婚に続いて女性の幸せの定番の出産。この世に自分の遺伝子を継がせた子供を産み落とす行為を喜んでする女性は余程自分が好きなのか、子どもに夢や幻想を抱いている人が多いと思います。

 

自分の遺伝子を残すなんてとんでもない

毒親育ちの方で共感してもらえるのではと思うことのひとつに、心底嫌っている筈なのにふとしたことで毒親に似ているかもしれないと感じて発狂寸前にまでいってしまうことがありませんか?私は毒親と同じ血が流れているだけで自分が心底嫌でできるなら献血でもなんでもいいから血液全部取りたいくらいに思う時が多いです。怖いし痛いのが嫌だから自分では出来ませんが。

 

自分が嫌いな親の遺伝子を受け継いでしまった自分の遺伝子を残す出産が平気でできる方が凄すぎです。自分のポンコツな遺伝子を持った子供がハード人生を送ると決まっていて自分と同じ地獄を味わわせるような酷いことはとてもできません。

 

 

狂った世の中に生み出したくないし虐待しない可能性がない

この世の中は狂っていると思います。私は毒親をよくもこんな世の中に産んでくれたなと憎まずにはいられません。だから自分に子供がいなくて本当に良かったと思います。希望も夢もない世の中に産んでしまったことを心底詫びるところでしたから。

 

それに毒親育ちは毒親になる可能性が高いという一般論も悔しいけど納得します。全ての毒親育ちが毒親になるとは思いません。毒親育ちだからこそ自分はちゃんと育てている親も多いと思いますから。

 

ただ自分だったらと想像すると正直子供を愛せないだろうし、何かの拍子に虐待しないとは言い切れないところが本音です。なにせ自分自身が欠陥と分かっているし、まして自分以外の存在に責任など持つ余裕が全くありませんから。

 

だから虐待のニュースを見ると親の身勝手さに同じ目にあえばいいと心底怒りを感じますが、同時に自分が親だったらもしかすると同じことをしていたかもと思うと…本当出産なんて恐ろしいことをしなくて良かったです。

 

 

産んだら責任を持ってきちんと育てるべき

毒親育ちの立場から言わせてもらうと、多くの親は子供のことを一体何だと思っているんですかね?姉や職場のパートさんとかの子供の愚痴でも子供はお金がかかるわ~とかお金がないのに大学へ行きたいなんて言うのよ、ちっとも親の言うことを聞かない等お金や子ども自体に関しての愚痴の言いまくりを聞いていて心中思うのですが。

 

子どもにお金がかかるという当たり前のことを出産時に考えなかったんですかね?無料で育てられるとでも?自分は無料で育ったんですか?もし旦那さんの仕事や他の事情で出産後に貧乏な立場になってお金の不満が続出したとしても子供には全く関係ないことですし、その為に子供が進路を諦めたり変えたり我慢をしなくてはいけないなんて子供が不憫すぎる…後々のトラウマ確率大ですよ。どうしてもなら誠実に子供に説明するべきです。

 

正直3人も産んで生活が大変なんです~支援を~という声を聞く度に凄く白けた目で見てしまうので、既婚者と独身者の溝は絶対に埋まらないと思います。殆どの既婚者は独身者のことを今まで見下してきましたでしょうから。独身者からすると既婚者の大変さなど知ったこっちゃない、自分で何とかしろ、こっちは自分1人しかいないんだからなとしか思えません。

 

親のいうことを聞かないって…子どもなんて納得しない限り親がいくら言ったって聞きはしませんよ。だから親が伝えるべきことは伝えた後は子供次第なのに、まるで親の奴隷みたいですよね。自分は親のいうことを全て聞いていたのでしょうか?毒親育ちだと可能性大ですが、それなら尚更自分が嫌だったはずのことを子供に強いるんでしょうか。

 

自分の言うとおりに育てたいなら親の資格はないし子供ではなくロボットでも購入すればいいじゃんと思います。子どもは幸せの象徴とか勘違いしているんじゃないですかね。だからいうことを聞かない、躾の為と称して虐待する親が多いのではないでしょうか。虐待した親の親の責任と思いますが、親になるからには正直子供に殺される覚悟や育て上げる責任を持つべきです

 

あと日本では18歳以上から成人扱いなのでその年になったら働いてもらうと言う親もいますが、その考えは個人的に賛成ですが未成年のうちにちゃんと家事や働くことの基本を教えておいてほしいです。

 

学生時は勉強しかさせずに18歳になった途端、働け~家事をしろ~ではあまりにも無責任ですから個人的には自分が興味があること以外、勉強なんて四則演算、国語、社会で十分と思います。20歳以上になって学校の勉強なんて役立ったことなんてありませんし、これからの時代誰にも今まで以上に予測不可能ですからね。

 

子育て主婦についての記事はこちらです。

子持ち主婦が嫌いな理由は独身者をここぞとばかりに見下すことが多いから
少子化の度に子供子供と騒がれそれに伴い子供がいる人勝ちのような風潮で、以前より子持ち主婦が嫌いになってしまいました。 あ、念のため最初に言っておきますが主婦にも話を分かってくれる人がいることは分かります。ですが圧倒的に不快な思...

 

 

まとめ

結婚と出産にまるで憧れなかった私ですが恋愛には憧れていました、べたべたの甘々ではなくソフトな恋愛なら。厳密には恋愛ではなくてももう少し人と普通に接することができたらなぁと今でも思います。人間が嫌いな私でも人間世界に生まれた以上できるなら上手くやっていきたかったし、人の温もりを感じたいと思っていましたから。でも私には無理だったんですよね。

 

だから恋愛面では二次元ではまり乙女ゲームや恋愛漫画やラブコメ推しで二次元世界に浸りました。でも昔より二次元が寛容されるところを見ると皆愛情や友情に飢えているのかなと思います。皆が満たされているなら漫画や小説など創作物は特に反応されないはずですから。

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと