子持ち主婦が嫌いな理由は独身者をここぞとばかりに見下すことが多いから

うんざり
スポンサーリンク

少子化の度に子供子供と騒がれそれに伴い子供がいる人勝ちのような風潮で、以前より子持ち主婦が嫌いになってしまいました。

 

あ、念のため最初に言っておきますが主婦にも話を分かってくれる人がいることは分かります。ですが圧倒的に不快な思いをさせてくれた主婦が多いんですよね。逆に独身者が全ていい人とも全く思っていません当然。

 

私自身も当然人のことをあれこれ言える立場ではないですが、それを言ってはブログには何も書けないので個人的な思いと今迄のストレスを記載します。

 

 

スポンサーリンク

子持ち主婦が嫌いな理由3選

正直昔から子供は苦手でした。なんかどう反応したらいいのか分からないんですよね…。それでも私なりに不器用ながらも相手をしましたが、姪っ子の小さい時なんて本当辛かったなぁ…。色々気を使うし。

 

でも勝手ながら(外見内面関わらず)かわいい子は嫌いではありません。あと親がきちんとしているなら子供にも好感度が高いことが大きいです。結局親子って大きいんですよね…。

子持ち主婦が子供以上に苦手なのですが、その理由を以前の職場にいた子持ち主婦を例に書いていきますね。

 

旦那や子供のことばかりが話題。話をそらしても話題を戻す

正直これうんざりなんですよね、多くの独身者はこの話題きついのではないでしょうか。彼氏なしの子に彼氏の話を延々とされるのもきついですがそのパワーアップ版ですからね。

 

仕事中は流石に仕事なので関わらなくていいのですが、きついのが昼休みでしたね。私はパートだったので当然主婦パートが多く、1か所に20人以上は子持ち主婦に囲まれていました。そんな中ででるわでるわ旦那や子供の話題…。

 

まぁ分からなくはないんですよ。日頃のストレスは誰にでもあるから喋らずにいられないのは。でも毎日毎日これではへ~へ~と聞き流しないとやってられないんですよね、しまいにはあ~またこの話か、どうでもいいや!的なおざなりに。ただしたまにどう思う?的に返されることもあるので全く聞かないと後で面倒になることもあるので注意です。

 

あと結構話を聞いたからそろそろ話題変えたいなぁ~と暗に話題をそらしても旦那と子供の話題に結びつけてきます

自動車免許の話をしても、取っておいた方が良いわよ~子供が生まれると送り迎えで使うからとか。…田舎だから車運転できると便利よ~とか言われるなら分かるんですが。子供や結婚以外の話ができないんでしょうかね…。

 

 

さんざん愚痴った末に結婚や出産を進めるから余計なお世話

延々と聞きたくもない旦那や子供の話を聞かされてしまうと独身者の身からするとどんどん結婚とかの夢が遠のきますよね。

 

私のように毒親育ちや結婚に興味がない人はまだいいですが、それなりに夢があった人には結構この攻撃はきつい物がありますよね。程よくスルースキルがないとどんどん非結婚は増えていくのでは。もしかすると非結婚者が増えたは心無い既婚者のせいかもしれないですね~(笑)

 

そして漸く話がひと段落したかな~と思うと今度は独身者自身の話になり、いい人はいないの?とか出産は早い方がいいわよ~とか独身は若いうちはいいけど高齢になったら寂しいわよ~とか余計なことばかり言ってきます

 

いい人ってなんだよ?って感じですよね。出産も子供が出来ない体質とかの人も居るのによくそんな無神経なこと言えるなと思います。そもそも結婚するかしないかは自由なのになんでこんな結婚したもん勝ちの風潮なんでしょうかね…。

よそ者を大多数で淘汰排除しだす…日本は大きな村みたいなもんですよね。

 

 

独身者を人格否定しやすい…既婚者は皆ご立派なのか?

どんな人間でも変なんですよね、変じゃない人間なんていないんですよ。なのにちょっと個性が強い独身者がいたとします。その途端やはりね~あんなんだから独身なのよとさすがに面と向かっては言わないものの陰で暴言を吐く主婦がいます。

 

おばちゃんが怖すぎて言い返しは出来なくて心の中で思ったに過ぎないのですが、じゃぁ既婚者は素晴らしい人格の人ばかりなんですかね?

凄く正直に言うと結婚している人見ると良く結婚できたな…私が男なら絶対お断りな人たちばかりですよ。そもそも結婚や恋愛様々なことは縁というより運なんです。既婚者の人たちだって出会った場所でなければ、一生会わないことの確率が高かったんじゃないでしょうか?

 

それをさも自分には旦那や子供がいるのよ~とドヤ顔している人達は一生旦那といられると思える自信があるんでしょうね。離婚することを祈っています(ひねくれ者)

 

 

産まれた時から結婚してる人なんていないのになんで独身の気持ちが分からないんだろう

どんなに早熟な人でも赤ちゃんの時から既婚者はいないですよね。あ、昔なら親同士の許嫁とかであるかもしれませんが(笑)

だから独身の時期を誰もが経験しているはずなのにそのことは忘れてしまうのか知りませんけど、正直はぁ?と思えるような言動ばかりなんですよね。

 

びっくりしたのが3人子持ちの主婦から国の為に産まなければだめよ~とか言われた時。…いつの時代感なんだろうと耳を疑いました。その時はそ知らぬ顔でかわすのが精いっぱいでした。

女性だからって女性の気持ちが分かるなんてことはないことを痛感しました。だから声高に女性議員を増やして女性目線の社会をと一部で議員が謳っていますが、正直性別関係なく特権階級の候補者たちや相手の身に立って考えられない人達ばかりである限り無駄なことだと思います。

 

あと独身者には独身税とか年金貰うなとか話があるらしいけど冗談じゃないですよ。自分たちが好きで産んだんですよね。生活が子供にかかるの分かって産んでいますよね?なのに子供に金がかかるから独身者にも…とか何を言っているのか。

 

独身者はお金がかかることと子どもを育てるのは大変なことが分かっているから産まないことを選択したんです。既婚者に余計なことを言われる筋合いはないし、更に年金を貰うなってどれだけ暴言吐くんですかね~。自分たちは十分補助を受けているじゃないですか?

 

また子どもの行事が~、体調が~とかの度に独身者が仕事を引き受けていることは分からないんでしょうか?

それに年金3号の方が余程優遇ですよね?旦那の身分によって年金を払わずにしかも無条件で貰える高待遇はどうでもいいんですね。同じ主婦の繋がりの為でしょうか?

 

産む産まないは自由です。だから金持ちだろうが貧乏だろうが言いたいことは、子供を産むと育てたらたとえ大人になってもその責任を負うことを肝に銘じてほしいですね。じゃないと子供から好きで産まれてきたんじゃない!と言われることになりますよ。

 

 

まとめ

子持ち主婦でも独身者でも見下す人が苦手というか嫌いということで。まぁ殆どの人がそう思うと思うのですが、明らかにこういう人たちが増えている気がするんですよね。

 

決めつけや叩き潰しなどリアルでもネットでも大流行している気がします。悪意は伝染病のように伝染するといいますが本当にそう思いますよ。なのでできる限り人を不快にさせるだけの感染源には出来る限り近寄らない方が良いのですが、離れたいタイプの人こそ毒親や職場など離れることが難しい人たちばかりの気がします。

 

立ち向かったり相手に改心を望むことはおすすめしません、疲れるだけなので。ですので出来るだけ自分なりのリラックス法を見つけて自分の心を癒すしかないのがまた大変なのですが、結局それが唯一で最大の方法かなと思います。

 

 

うんざり世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと