二度と人間になんて生まれてきたくない

うんざり
スポンサーリンク

人間が1番大変で面倒臭い生き物だと思います。そんな人間に生まれてきてしまったのは、余程前世で自分は悪いことでもしたのかなとわりと本気で思っています。

以前から人間でいることが苦痛でしたが、最近は特にそればかり思ってしまう毎日です。

人間が面倒くさい原因を記載していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

面倒くさい作業が多すぎる

何をやるにも面倒くさいんですよね、人間は。朝起きてから夜眠るまでに数えきれないほどの作業をこなさなければいけません。

 

そのうちの一つに衣服を着ていることが大きいと思います。衣服を着ていると衣服を着る、脱ぐ、洗濯する、たたむ、しまう、衣服を買う、捨てる…これだけの作業が必ずついて回りますからね。

自分は出来ませんが裸族の気持ちが少し分かります。

 

服を着ている生物は人間だけ…以前はオシャレの意味も含めて楽しみでもあったんですが、今では面倒くさいだけですね…。

衣服だけでもこれだけあるのですから、他にも面倒くさい作業が沢山。

なのに更に早く、綺麗にとどんどん色々なことが強制されてこれじゃぁ面倒くさいに決まっています。

 

 

無神経じゃないと生き辛すぎる

今の時代平気で人を傷つけるお構いなしではないと生きられないんだなと痛感します。

人の為に、人に優しくと教え込まれて自分なりに相手を尊重してきたつもりでしたが、結局は自分を痛めつけて搾取されただけでした。

 

学校も愛とか優しさとかそんな曖昧なことを教えるのではなく、生きる為の実践方法や社会の不条理さを教えておいた方が良いと思うんですよね。

 

そもそも優しさや愛、絆とか感動など情に関わるものは後から自然に分かるからこそでいいのであって、そんな上から目線で言われたってなにも響いてこないんですよね。

それが分かるにはもう遅すぎましたが。

 

 

まとめ

生きるって素晴らしい!とか生きているだけでもうけもの!とか全く思わなくて、むしろその逆にしか思えなくなりやさぐれ一直線中です。

 

生きるだけでも面倒くさいのに他にも美しく、早く、正確になどどんどん追加要素が増えまくりどれだけのスペックが必要なのか…。

しかもそれを要求する人たちがそれほどの人でもない人ばかりなのが腹立ちます。

 

二度と生まれてきたくなんかないけど、どうしてもまた転生が必要ならクラゲとかが良いなぁ。クラゲも大変だろうけどふわふわ何も考えずに漂いたいです。人間だけはもうごめんです。

 

他にも人間なんてうんざりな要素が沢山ありますが、とりあえず面倒くさい作業が多すぎることと無神経者ほど生きやすい理不尽さの2点をあげてみました。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと