寿命100年時代でも結局企業は若手を求めている事がほとんどだよね

うんざり
スポンサーリンク

求人情報を見る、応募先がない、落胆の繰り返しの転職活動の日々は本当に辛いものです。自分が全否定されたようで、自分に出来る仕事などない、職場などないとどんどん自分を追い詰められてきますから。今迄楽しかったことが何も楽しくなくなってしまう負の方向へ一直線です…。

 

応募先がないの理由の一つに年齢制限の壁が強い事があるのではないでしょうか。若い年齢の人にはまだ分からないと思いますが、30歳過ぎるとぐっとこの年齢の壁を痛感し始めると思います。

 

求人の年齢制限について思った事を記載してみますね。

引用先: yumeyumeさんによる写真ACからの写真

 

スポンサーリンク

応募年齢35歳の壁

在宅ワークに専念してからもたまに日曜日の求人広告など見るのですが、相変わらず同じ企業ばかり見受けられます。

 

次にネットの一括サイトを見るのですが、予想通りと言うか応募年齢が35歳までが多い、多い。

 

年齢の差別をなくそうと言う国の提言自体は正しいけど、結局肝心の企業は若手優先だから意味なし。

 

逆に年齢の上限を記載されなくなってしまったので、高年齢は採用する気がない企業に応募する無駄足も発生してしまいがちで結果的に意気消沈の機会が増えてしまいました。

 

これなら以前のようにはっきりと年齢制限描かれた方がまだまし…。

議員位だよ、年齢制限全くないの。立候補も退職も自由だからなぁ…なんという特権職。

 

 

 

主婦などのパートタイムばかりで独身者は肩身が狭すぎ

正社員は諦めてフルタイムパートで頑張ろうと視点を変えてパートで募集を探すも、まぁ主婦歓迎の多さにびっくりです。

 

扶養内や時間制限が多く本当、短時間勤務で家計の足しの仕事ばかりなんですよね。

たまにあっても職場は主婦ばかりなので独身者は針のむしろか、都合のいい時に体よくつかわれるかでしんどいしんどい。

 

このご時世主婦も収入の確保に必死と言うのも頭では分かってはいるけど正直辛い。

 

正社員は若手か人手不足の業界、パートタイムは主婦や高齢者…。

現役のはずの35~45才が1番幅が狭くて身動きできないんですよね。

 

1番きつくて1番能力を求められる、本当に割が合わない年代ですよ。

 

 

 

介護職やブラック企業なら採用率上がるけど

ハロワに行くとほぼ介護職を進められるし募集要項を見ても介護職はハードル低いんですよね。

年齢がいっていても未経験でも可の所が多いですし。

 

でも、介護職にいけるならとっくにいってるんですよ!

何故いかないかと言うと理由は単純。

 

激務で低報酬だから。

 

1人の世話を1人で見るのも大変なのに、1人で何人もの世話を見るのがどんなに大変か。

当然素直な性格の人ばかりではなく、大変な性格の人たちも多いし。重労働だから腰も痛めやすい。

 

毒親1人との生活だって大変なのに、もう絶対無理!!

 

だから介護職の人がもし月給50万とかでも、え~いいなぁ~とは思いません。むしろそれくらいは貰って当然なくらいですよ。なのに15万くらいの所もある位ですからね、これではいくら仕事したくてもリスクが高すぎます。

 

仕事を選んではダメって選ぶに決まってるじゃないですか。なんでも出来る人なんかいる訳ないし、無理して心身壊しても誰も責任とってくれる訳ないですしね

 

そういう事言う人は選んでないの?介護とか出来るの?って聞いてみたいですよ。

 

 

 

 

会社をあてにする時代は崩壊なんだろうなぁ

応募先を必死で探す→ようやく会社を見つける→書類をそろえていざ面接→こっぴどい対応を取られる→もしくはなんとか入社するも様々なハラスメントに会い退職のループになりがちなんですよね。

 

もう辛いですよ、何が辛いかってなんで赤の他人にこんなに選別されなくてはいけないのかと。

 

よってたかって履歴書に突っ込みいれてくるけど、そんなにダメ出しされても自分の人生その時その時で一杯一杯だったわけだし、過去の事を今見て責められてもどうしようもない訳で。

 

そんな状態が続きふと思ったんです。

 

こんなに無理して会社入るメリットってなんだろう…。

 

まず当然お金ですよね。通勤するだけでとりあえずはお金貰えるから大きいです。

でも長く勤められればいいけどもしすぐに退職したら意味ないんですよね…。

 

あと社会保険完備の所をずっと安心のために探していたけどこれもすぐに退職では意味ないし。

それならもう国民保険でいいかなと思い始めました。

厚生年金も年数考えると年金額がたかが知れているし、雇用保険だって短い年数ではそんなにもらえないしなぁ…と。

 

我慢し続けても会社が存在するか分からないしリストラとかもあるかもしれないし、結局会社に居ても安定安心が得られる時代はもう終わったんだなと思い直したんです。

 

だからどうせ不安定ならもう自分のやりたい事をしてやりたくない事や我慢はやめようと思い、困難だけど在宅ワークを選びました。

 

今まで十分我慢したしね、これからどうなるか分からないのにこれ以上我慢続けるほどメンタル強くもなく余裕もないですから。

 

 

 

まとめ

人生100年と言われても結局は働く事に優遇されるのはその2分の1以下の35歳までってどれだけハードル高いんだよというツッコミ。

皆年を取るのに何でこれだけの差別を受けなくてはいけないのかが本当に理不尽。

 

それだけ偉そうにしている会社も存続するか本当分かりませんからね、大企業ほど頭下げた記者会見何回見た事か。

 

それに在宅ワークの方がこれから主流になるかもしれないし。えっ、まだ会社勤めとか探してるの?とか言われたりして(笑)そうしたらもう少し生きやすいんですけどね。

 

まだまだ駆け出しライターですがこれが本業だよ、なんとか生活出来てるよと言える位になれたらなぁとささやかな夢見る毎日です。

 

 

うんざり 会社・転職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと