【モラハラ体験談】自分が苦痛だと感じたら上司に相談して退職も視野に

うんざり
スポンサーリンク

職場によって席替えはあまりしなかったり逆に頻繁だったりと色々ですよね。席替えは意外に重要で席によってはストレスが増え、退職にまで追い込まれることもあるので軽く見れないことと思います。ネットでも職場の席替えの相談について結構あがっています。私の場合は席替えが職場のストレスのひとつになり最終的に退職のトドメともなりました。

 

ここでは体験談として職場の席替えが苦痛だったことと対応策を書いていきたいと思います。

 

引用元:Free-PhotosによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

自分1人だけの席替えは嫌がらせではなかったとしても苦痛だった

前職場での席替えは上司たちの思いつきと新人さんが入る度にあり、4年間で3回か4回くらい行ったと思います。

 

席替えは結構大仕事なんですよね。パソコンの配線とか全部変えなくてはいけないし、間違ってしまったら設定とかもやり直し、パソコン以外の備品や私物も全部移動しなくてはいけない…。しかもパソコンに精通している人が大嫌いなG上司しかいなかったので、机の移動自体は他の男性陣も協力していましたが(机自体の移動も兼ねた席替えも数回あり)、配線は1人でしていたので嫌がっていましたね~心の中ではザマミロでしたが。

 

この職場での席替えには納得いかないことがありました。全員の席替えは面倒くさいながらもまだ分かるんですが、苦痛だったのが自分1人だけの席替えが頻繁だったことです。1年間で5回も自分だけが変ったんですよ…。新人が私が使用していた席を使用する為に新人が入る度に私だけが移動する…こんな感じでころころと1人だけ席を移動していました。

 

最初から新人の席を何個か余裕を持って配置していればいいだけのことなのに、計画とかしっかりしていないからいつも自分ばかりが移動が地味に嫌でした。

 

他にも自分が休みの最中に席が移動され、机の中の物も移動されていたこともあり連絡なしでやってしまうってありなの?とずっと悶々としていましたが、会社では席替えくらいいちいち報告せずにやっても問題ないとネットの回答にあったのでそういうもんなんですね…。でも連絡なしで席替えされるのって結構ショックなんですが自分がナーバスだからでしょうか。

 

 

席替えが理由では言いにくいけどとりあえず上司に相談してみた

流石に1年間で5回の一人席替えは苦痛だし、これから新人も入らないとは限らないのでその度にまた移動…?とずっと頭の中にあり、意味ない劣等感や屈辱感で一杯になってしまいました。

 

このままでは駄目だと思いダメ元で上司に相談しました。その上司はG上司より一応聞いてくれるタイプなので(でも飲み会で酔うと凄くぶちまけるタイプ)納得してくれて、もう自分1人の席替えはなく席替えがあったとしても全員での席替えにすると言ってくれました。確かに1人だけの席替えはなくなりました。

 

 

大嫌いな上司の目の前の席が苦痛で結局は退職した

上司に相談後は席替えは1回ありました。その席は私にとってはようやく快適で、嫌いな上司から離れている上、どちらかというと他の人たちからも幾分距離があり、ある意味離れ小島ではあるけど前と隣に人がいるので1人ぽつんではないし静かに仕事ができる良い席でした。

 

ただ難点があり私と隣の新人のHさんの後ろの幅が凄く狭かったんですよね。机を全部移動しての配置の席替えはいいとしても幅を考えていない為に狭くて、後ろに人が移動するたびにお腹をぐっと席につけて前に移動し後ろを開けなければいけないので凄く大変でした。Hさんは柱もあった分更に狭くHさんが超細い人だから通れるけど、私だったらいくら前に寄せても背後が絶対通れない位の狭い幅でした。

 

また事務所の左側に日頃皆が使用するファイルを数冊置いてあるのですが、それを取りに行く度に通路が狭くて移動が大変でした。申し訳ないけどもう少し机を移動して幅を広めてほしいとG上司に相談しました。

 

そうしたらファイルを自分の机に置きっぱなしにすればいいと言われ愕然。…私だけのファイルならそれでいいけど、他の人も見るファイルを自分が持ちっぱなしにできる訳ないでしょう。

 

更に1人1人に机があるのだから机が狭くて不満なら辞めてもらうしかないと断言されました。…誰も机が狭いなんて言ってない、机の後ろの通路が狭いと言ったのに通じていない…。机の大移動が面倒くさいからだろうけど、ここまで話が通じないと宇宙人なのかと思ってしまいました。

 

極めつけは女は面倒くさいね~と一言。…何この老害風の言葉。これで30代って…。何か意見があれば何でも言ってほしいと最初の頃は言っておいたのに、いざ言うとこの一言…。一気に失望した1件でした。

 

最終的に半年後に私はG上司の前の席に席替え提示、仕事もずっと断っていた仕事を配置というもう絶対無理、続けられないと覚悟し退職しました。

 

 

まとめ

席替えは侮れないですよ…自分の苦手な人が近くにいるだけでストレスにもなりますし、小さいことかもしれませんが毎日の積み重ね、それでイライラして仕事にも支障が出る場合が多いと思います。

 

相談したくても席替え位で相談したら何か言われてしまうかな…と迷う気持ちはよく分かります。私もずっと悩んだ末にようやく相談できましたから。ですがやはりどんなことでも自分が苦痛なら上司には相談しておいた方が良いです。その為の上司なんですから。更には手書きでもいいので日記に日付と内容を記録しておくと、退職時などの記録提示に役立つことがあります。

 

色々席替えについて調べましたが多すぎる席替えや、自分1人だけ多く行われる席替えについては見られなかったので珍しいことなんでしょうか…。

 

パワハラやモラハラではなかったとしても自分が苦痛を受けたことは事実です。苦痛が続いたら退職も視野に入れた方が良いかもしれません。同じように悩みを抱えている人の参考記事になれたら幸いです。

 

うんざり 会社・転職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと