ひきこもりってそんなに悪い事?外へ出るのが怖いんだよ

うんざり
スポンサーリンク

4月で春の入学や入社でお祝いムードが高いからか、逆に引きこもりの様に一般的に暗いニュースを入れてくるのがお得意なお国ですよね、日本は。

引きこもりって悪いイメージが強いと思うんですけど、本当にそうでしょうか?

 

スポンサーリンク

ひきこもりは中高年61万人て大騒ぎしなくても誰でもなる可能性十分ある

日本は本当に年齢や職業、状態でランク付けする事が好きですよね。

 

それが攻撃的になりやすい原因だけど偉そうにランク付けする人たちには分からないでしょうね。

 

 

ニートも34歳までですしね、なんの意味があるのか…。

 

意味ない統計が好きですからね、しかも最近ではその統計すら嘘や疑惑だらけです。

 

中高年引きこもりが61万人というニュースになってるけど、何を今更…。

 

就職氷河期や解雇を何にも対策せずに政治家お得意の自己責任で放置してた末の出来事じゃないですか。

 

 

外で無理して働いたりして傷ついたから休める為に家へ引きこもってしまった…別に不自然じゃないでしょう。

 

 

 

外が怖い引きこもりに外へ出ろは地獄への言葉

こういう引きこもりやニート、無職の人達の支援て必ず就職支援や自立支援なんですけど、それが恐怖で仕方ないんですよね。

 

人それぞれ原因は色々でしょうけど引きこもりの原因は外で起きた事。

 

そんな人に対してまた外へ出ろというのは地獄へまた飛び出せという事なんですよ。

 

 

で、きっとお決まりの返事は、

これからどうするの?や、

どうやって食べていくんだ!とか、

皆我慢しているんだぞ

 

なんですよね。

 

 

そんな事本人が1番分かってるんですよ。だけど傷つきどうしようもなくて内にこもってしまったんです。

 

 

正直引きこもるのは外に出るのと同じ位恐怖ですよ。

 

外への恐怖を軽減する代わりに自分の最強の敵自分とずっと闘わなければいけないんですから。

 

 

 

外へ出るのが怖いなら家の中を仕事場にしよう

外へ出て会社で働いて沢山の人と接して生きる

これが一般的なんですが、結構ハードル高いんですよね。

 

 

まず会社や人そのものが恐怖になってしまったら最初で躓きますし、

回復には本当に人それぞれで長い時間かかる人も沢山います。

 

 

自己嫌悪で一杯になりますよね。

自己嫌悪の最大の原因はやっぱり働いていない事だと思うんです。

 

 

なので少額でも少しずつでもいいので家に居ながら働いてみませんか。

 

 

今結構やる人が増えているWEBライターを始め在宅ワーカーおススメです。

 

 

勿論一般に稼ぐまでには時間がとてもかかりますが、自分を責めてばかりの生活よりは何かしら動いていた方がよほど自分にも周りにも気持ちが幾分楽です。

 

また対人関係がないし家に居ても今仕事してるとちゃんと言う事が出来るので、

罪悪感がかなり減るし、時間もあっという間です。

 

 

それに文字を書く経験は必ずよい経験になります。

 

 

自分に嫌気がさす、外へ出なくてはいけないけどどうしても一歩踏み出せない、

周りからの圧迫感が辛い人是非小さな一歩を踏み出してはみませんか。

 

 

中で安心して生きられることが分かれば仕事じゃなくても外へ出たくなるものです、そういうもんですよ。

 

 

 

まとめ

引きこもりに外へ出ろというのは本当にきつい一言なんですよね。

分かってはいるけどどうにも動けないというのは誰にでもあると思います。

 

正直会社へ働くより在宅で働く人の方が多くなったらきっと立場はあっさり逆転するんだろうなぁと思います。多数決の世の中ですからね。

 

なんで引きこもりが多いなら引きこもりながら仕事や外部との接点が出来る方法もある事を認められないんでしょうね。

 

少子化や高齢化社会のニュースも同様ですが、今の状況で出来る事が認められる世の中になればもう少し生きやすくなるのに…。

 

私も会社にうんざりして今は家でのワークを念頭に日々少額の仕事をしています。

きっと不安や恐怖を抱えている人沢山いると思います。

辛い世の中ですがこの記事を読んで少しでも元気を出してもらえたら嬉しいです。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと