【犯人たちの事件簿】思わず犯人を応援

少年漫画
スポンサーリンク

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿

漫画/船津紳平 原作/天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや

本家金田一少年の事件簿の犯人側のスピンオフ。犯人達の目的達成の為の裏の努力や心情が描かれている。

スポンサーリンク

犯人達を思わず応援したくなってしまう

本家ではあんなにドシリアスなのに犯人側で見るとギャグになってしまう不思議さ(笑)

犯人達の目的達成の努力に凄く涙を誘います。

 

何年も前から準備していたり、お金をかけたり、体力作業だったり…。

応援してはいけないけど連続で起こる予想外の事に必死で対処する犯人達を見ると思わず頑張れ…!と応援したくなります。

 

こう見ると金田一君や刑事側が凄く悪役に見えてきますね~(笑)確かにわざわざ皆の前でトリックや犯人の正体を暴いたり、罠にかけたり…。

 

確かに本家のトリック(共犯以外は)一人でこれ準備したの大変だなぁというものばかりで、その時の努力姿が体力勝負で大変だけど笑ってしまう。

 

目的の為に必死で勉強や準備をしたのに、じわじわと追いつめてくる探偵(悪役)はリアルな描写です…殺人という目的以外は凄く共感できるシチュエーション。頑張れ…!犯人。

 

犯人達の心情も面白く、名(迷)セリフも沢山あります。

「トリックってお金がかかる…!」

「一から…学ぶしかないじゃない…!!」等々。

 

 

 

事件毎の犯人とナレーション?のトークが面白い

事件の終わりには犯人の反省会となっていて、敗因や金田一君に勝つ為の要素がトークされていてそれぞれの犯人達の性格が出ていてとても面白いです。

 

亡くなった犯人の頭上には天使の輪があります^^次の犯人へ望む事から次の事件はなんだろう?と想像するのが楽しみです。

 

 

 

絵を本家にちゃんと寄せて書いてくれている

特に初期は本家でも結構絵柄が違うけどちゃんとその絵柄に倣っていて嬉しい。

 

 

 

まとめ

ドシリアスな本家のまさか犯人側のギャグ的スピンオフという視点が凄く斬新で特に1巻最高です!

 

勢いを保つのは大変と思いますが、目的達成の為に苦境にあっても努力し続ける犯人に笑いと力を貰っているので(笑)これからも楽しみな作品です。

うろ覚えな事件だと思わず本家を読み返してしまいますね。

 

少年漫画 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと