1日で辞めた派遣バイト

うんざり
スポンサーリンク

正社員、パート、アルバイト、派遣社員と雇用形態が増えた今、派遣の中でも短期間に特化した単発派遣を20代の半ば頃にしました。(単発派遣は数年前から条件付きになったと思いますが今も利用を制限されているんでしょうか?)当時は1日だけのとか1か月未満の単発派遣が結構あり、不安定な収入だけどとにかく小金が欲しい時などには助かる雇用形態ではありました。

 

派遣社員は4か月未満の2回と単発2回しか経験がなく今まで色々な職場を周りましたが、今回は1日で辞めた単発派遣の時のことを書いていきます。

 

引用元:Mabel AmberによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

矢つぎ早の指示についていかれなかった

派遣先は某化粧品メーカーの下請け工場でした。現場作業は1Fで行われ、数人ごとに仕事内容でグループが振り分けられます。私はひたすらファンデーションの粉を機械に入れたり詰め替えたりする仕事だったのですが、見るからにベテランで気の強いおばちゃんが2人いました。マスクと帽子で殆ど分からないのになんとなくのオーラは見た瞬間分かるんですよね…まず声が大きいし。

 

指示を沢山だされましたが早口で、全く追いつけなかったんですよ…。新人は大抵相手が出来すぎても出来なさすぎてもおばちゃんには大抵印象悪いですが、大体私は後者の出来なさすぎで嫌われます。なんですかね、もう怖いと言う拒否反応とちゃんとやらねばと言う焦りと裏腹にどんどん手が動かなくなり、言われて理解して作業すると言う当たり前のことがどうしても出来ませんでした。

 

自分でもイライラする位だから周りはもっとイライラするだろうなぁとは思うのですが、おばちゃんから「何ぐずぐずしてるの!」「よくそれで派遣社員と言えるわね」など浴びせられるし、思いきりため息をつかれるしで仕事中だけど悔しくて泣きたくなりましたよ…。

 

 

トイレ休憩とは名ばかりの10分間

午前と午後に10分だけトイレ休憩があるのですが、何十人と言う女性が一気にトイレに行く為いきなり来た派遣社員が先に行くことは許されません。まずベテラン勢が行き、その後に非ベテランのパートさんと続くので、休憩の本当に最後の方にようやくトイレに行けました。

 

トイレも人数の割に3つ位しかないので、仮に先に入れても後で待っているかと思うと凄く落ち着かないです。当然現場に戻るのも遅くなってしまったので怒られてしまいました。時間にすると1分か2分位しかない中でトイレに行って用を済ませて戻ってくるなんて出来ないんですけど…と思いつつ流石に反論する気力はなく素直に謝ってその場を終えました。

 

お昼休みも3台ほどのテーブルにそれぞれおばちゃんグループが話しまくっていると言う感じで、第三者から見るととても和やかには思えないなぁという雰囲気です。派遣だからまだしも常用パートや社員だったらとてもやってかれないなと痛感しました。和気あいあい、皆仲良しとかは求めていないけど、とにかく落ち着かない感が半端なかったですから。

 

 

辞める時にはなるべく早く伝えた方がいい

因みに辞めると決めた時には雇用形態に関わらず出来るだけ早い方が良いです。仕事に慣れた頃に辞める場合が雇用者と会社お互いに1番負担が大きいので。辞めることを伝えるタイミングは基本いきなりが不可で、パートは2週間、正社員は1か月?数か月前が原則のようですが、どうしても無理限界な時にはいきなりでも辞められますよ。

 

私の場合パートですがどこの職場も結構数日前位で大丈夫でしたし(丁寧な説明は必要ですが)、今は退職代行とかもあるので、今しんどい辛くて辞めたい方は色々退職方法をググってみてください。

 

退職後が不安とか諸事情で踏ん切りをつけられないこともあると思いますが、無理した後に結局退職したけど復帰するまでの回復には本当に凄まじい時間と心身を必要とします。結局何も守ってくれない会社や周囲なんかよりとにかく自分を最優先に考えてくださいね。

 

 

まとめ

早い時には数日や数週間で辞めた職場も結構ありますが1日で辞めたのは今回の職場だけでした。職場も電車乗換1回で工場だから早い時間の為に早起きしなくてはいけないところもイマイチでしたし。バスではなく駅から歩きで行けるのは良かったですが、工場自体も作りが分かりにくく(結構工場は入り組んだ構造のところが多い)、方向音痴の私は工場内を歩くだけでも落ち着かない。それに加えて現場の猛攻撃にとてもついていかれず今日で辞める、絶対無理とずっと思いながら仕事をしていました。

 

どんな仕事にも速さは求められるけど、とにかく速さが最優先で大量の単純作業は向いていないことを痛感。誰にでもできると言う謳い文句がある仕事は実際は決して簡単ではありません。と言うか誰にでもできる仕事なんてある筈がない。

 

それにとにかくトイレ休憩なのにトイレに満足に行けないところが最大にキツイです。生理現象で我慢のしようがないし、勿論トイレ休憩以外にトイレでもなんでも席を外すこと自体が許されない雰囲気がビシバシと。ここで長年勤めている人は色々な意味でパワーが半端ないと思います。

 

帰りに派遣会社から感想と更新希望を聞かれたのですが、無理ですと丁重にお断りしました。理由を聞かれた時には「じゃぁ1日でも行ってみろ」と秘かに心の中で悪態。この工場は求人広告でパート募集をたまに見ますが、アットホームとか親切丁寧に教えますとか書いてあるのを見てどこがだよ!と言うツッコミが。辞めた職場の求人広告は結構ツッコミどころが多いので、皆騙されるなよ…と秘かに念を送っています。

 

某化粧品メーカーの下請けなので大元のメーカーには恨みないけど、某メーカーの化粧品は一切買わなくなりました。元々化粧はベース位しかしないけど見た途端未だに嫌な出来事がよぎるので(苦笑)。(私は嫌だった職場が関係する商品は退職後一切購入しない派です)

 

単発派遣はどこを紹介されるか分からないリスクが高い分、仮に酷い職場でも1日で辞められるし、辞めることも派遣会社に言えばいい等の気軽なところが魅力ではありますね。

 

うんざり 会社・転職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと