ハイキュー!!43巻 ネタバレ! あらすじと感想とまとめ

少年漫画
スポンサーリンク

ハイキュー!! 古舘春一 43巻 週刊少年ジャンプについてのあらすじと感想とまとめの記事です。

 

42巻で鴎台に敗北した烏野。春高戦が終了し3年生は引退する。高校卒業後日向はリオへビーチバレーの修行に。及川と再会後コンビを組んでビーチバレーの試合に臨む。試合を通して色々学んだ日向は及川と別れ更なるレベルアップを目指す。

 

42巻のネタバレ記事はこちらからどうぞ。

ハイキュー!!42巻 ネタバレ! あらすじと感想とまとめ
ハイキュー!! 古舘春一 42巻 週刊少年ジャンプについてのあらすじと感想とまとめの記事です。 41巻では鴎台の鉄壁をほこり脅威のブロックに月島のリードブロックさえも苦しめられる。しかし鴎台の小さな巨人として高い実力を...

 

 

この記事はネタバレありなので閲覧にご注意ください。

 

引用元:sayamaによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!43巻のあらすじ

ブラジルでビーチバレーの修行を続ける日向。Solcard杯を終了後日本へ帰国し、ムスビイブラックジャッカルチームに入る。Vリーグ会場では懐かしい面々が集合。相手チームは影山を含めたシュヴァイデンアドラーズ。中学3年以来の影山との勝負が始まる。

 

 

第375話 趣味のようにビーチバレーに全力で向きあう日向

卒業後の研磨君が登場!とても研磨君らしい仕事で、大金を日向のスポンサーに使うとは流石です。つまんなくなったら即止める発言も音駒戦のクールさを思い出します。

 

同じバレーボールでも仕事と趣味としてそれぞれの関わり方があり、生活の為割り切る部分が多いことと思い切り楽しみ習慣化するのとの違いに共感。日向も体調や状況を常に万全に心がけることを鴎台戦で痛感した経験として静かに生かしていますね。元気で一直線だけではないところが日向の魅力のひとつと思います。

 

 

第376話 駆け引きと策略の応戦

スポーツに共通なことですがビーチバレーもルールが細かくて大変ですね~。砂の上で2人制のバレーとしか認識していなかったので驚きです。相手からの攻撃に対してのフェイントや自分たちが有利になる状況を見越しての策略など水面下での頭脳戦が凄いです。実際も常にこんなに頭を使うんでしょうか…凄いですねスポーツ選手。淡泊な方の性格のサンタナでもつい試合をもっとしたいと思わせる日向は見ていて元気が出ます♪

 

 

第377話 ビーチバレーの修行を終えて日向、日本へ帰国

どんなトスもありがたく受け入れるのは日向にとって唯一の公式試合とずっと一人での練習だった中学時代が相当な糧になっているんでしょうね。サンタナ結婚おめでとう(笑)多くの仲間に見送られて日本へ帰国。最初のやりとりが考えらえない位ペドロと仲良くなりました♪

 

日本では久しぶりの宮さんですがあの宮さんが凄い落ち込み方。どうしたのかと思ったら原因はどうやら木兎さんのようで、本当凄いなぁ木兎さん。あの宮さんをあそこまでへこませるとは一体何をしたんだろう…。滑ったファン感の様子も気になります。

 

 

第378話 懐かしのキャラが続々と再登場!日向と影山の再会

会場へ向かう日向、宮さん、木兎さんのやりとりが面白い♪会場では沢山の飲食出店があり目移りするけど宮治のおにぎりが凄く食べたい!食にこだわる宮治のおにぎりなんて絶対に美味しいはず!

 

遂に日向と影山の対決がコミック1巻序盤以来で見られるんですね~。ツッキー、山口君、谷っちゃん3人組登場、卒業後も仲良くてほんわかします。3年卒業組の大地さん達も!両チームで牛島君、星海君、宮さん、木兎さん達が登場し、オールスターズで豪華な最終章の試合となりそうです。

 

 

第379話 ブイリーグ戦開始前、強敵で個性的キャラ同士の顔合わせ

試合前の両チームのやりとりが学生時代とはまた違って新鮮。日向と影山は相変わらずだけど宮さんが学生時とは真逆のツッコミに参戦し、木兎さんのいつでも元気な性格、牛島君の相変わらずのラスボス感、星海君の身長秘かに日向と対決意識等大人になっても変わらない面々に安心します。

 

あ、宮さんは意外かな~学生時代にあれだけ自由だったのに今ではツッコミに回らざるをえない面々に囲まれて大変そう(笑)アランさんも同じようにツッコミ外のしがいのなさに大変そうですが。(私もサザエさんあまり知らないから同じような反応すると思う)

 

学生時代は出番殆どなしだった佐久早さんが遂に登場~!!潔癖症なのが凄く分かる。佐久早さんが出てのたった2Pで両チームのやりとりのそれぞれの個性ぶりが良く分かります。日向は本当上げてくれる良い子だな~。

 

田中さんと潔子さんが結婚していたとは!おめでとうと言いたいのですがすみません、ハイキューで唯一ショックなことかも…。潔子さんは田中さん(ノヤッさんも)達にずっと憧れでいてほしかったし田中さんには叶歌ちゃんが良かったなぁ。他の懐かしいメンバーも登場し、バレー続けている人や仕事や学校に専念などそれぞれ歩んだ道やキッズたちとのやりとりが個性出ていて面白いです

 

 

第380話 ブイリーグ戦開始!

鷲匠監督や元白鳥沢面々も登場して、いよいよ試合開始。宮さんと佐久早さんは人でなし発言をする元メンバー(笑)影山の高校以上のサーブを見事にレシーブし、宮さんのトスでスパイクを決めた日向。日向の満面の笑顔での帰ってきたにお帰りと迎える元烏野メンバーの温かさに凄く癒されます~。

 

 

第381話 両者拮抗!日向と宮侑の高速速攻炸裂!

木兎さんと日向の陽陽コンビが1コマだけなのに面白い。牛島君の1年合宿時の日向の質問への返事がようやく分かりました~つい読み返したくなる罠が…。宮兄弟のやりとりと赤葦さんの相変わらず淡泊な態度が良いです~。元祖小さな巨人は漫画家になったんですね(笑)。学生時代には見られなかった意外な組み合わせが新鮮です。

 

宮治がバレーを辞める時に絶対喧嘩をしたと思ったんですが予想通りでした。宮治さんのセリフも凄く好きだし、バレーを極める宮さんもらしくて良いです!学生時代は日向には影山が必須だったけど、今は宮さんが稲荷崎戦後のセリフどおり、影山と同等かそれ以上の速攻を決めていておお~~!

 

 

第382話 木兎、星海、牛島、昼神、佐久早のファインプレー炸裂

学生時代より更にジャンプ力が上がっている日向に驚きの面々の中で意地悪そうな表情のツッキー(笑)木兎さんも相変わらず元気で遂に元気球を!(笑)流石世界を救ってくれそうな人~。木兎さんを見て嬉しそうな赤葦さんにもv

 

元気球を見事に打ち返した星海君と牛島君の猛攻撃!熱血系のキャラの中、淡々ペースっぽい昼神さんのサーブも地味に凄いです。佐久早さんの手首を返して回転するスパイクも影山や牛島君、宮さんの気持ち悪い発言や日向のキラキラ視線も含めて皆が注目するほどの威力です。

 

 

第383話 世界のエースロメロの大きな存在感

日向のジャンプサーブも思い切り強度が増して凄いですね~。赤葦さんや菅さん達の保護者目線やチームメイトのやりとりが可愛らしいです。宮さんと佐久早さん仲悪そうだけど面白い。臣臣と呼べる宮さんの勇気。ロメロの振り向きざまスパイクとレシーブ後スパイクの華麗な流れなどは日本の猛者たちの憧れ、見事な世界のエースぶりです。

 

 

第384話 ニンジャ・ショーヨー自分を囮に!

ロメロが相手のディフェンスを意識し前へのフェイントに切り替えた時に日向が定位置にいてレシーブを成功、続く星海君のスパイクも見事に止めました。ロメロの日向へのニンジャ・ショーヨー発言(笑)ロメロも影山も大地さんも気づいた、自分を囮にしたプレイスタイルに日向の成長ぶりが明らかですね!

 

 

ハイキュー!!43巻のまとめ

今巻の序盤はビーチバレー、中盤以降はオールスターズでVリーグ戦。懐かしい面々が登場しファンに嬉しい仕様です!そして両チームの個々が相変わらずのマイペースぶりに安心。

 

稲荷崎時の思いきり自由だった時とは凄い差の宮さんが印象的。苦手なのは北さん位でしたからね~。日向と木兎さんの対決ややりとりをもっと見てみたかったので同チームは凄く嬉しいです。見ていて元気がでる2人ですからね~。1人異色の佐久早さんにも注目です。

 

ビーチバレーの修行を経て日向の成長ぶりをメインに登場メンバーの活躍ぶりが次々と。学生時代のような意外な展開と言うよりは個々のお披露目がメインの今巻。次巻もどのキャラにどのようなスポットが当たるのか楽しみですね。

 

少年漫画漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと