学校に行きたくないと言って分かってくれる親はごく少数と思う

うんざり
スポンサーリンク

学校のいじめ問題が取り上げられるたびに加害者側の残酷な仕打ちに怒りを覚えます。実名報道をして同じ目にあわせてやればいいのに。だって自分がされても平気と思っているから相手にしかも複数でしているんでしょう?更に学校や教育委員会の多くが呆れるほど酷い対応だから、これではいくら周りに相談をと言ったって子どもにとっては不信感が募り相談などできる訳がないです。

 

ここでは学校へ行きたくないけど親に言いにくいと悩んでいる方のために、私の学生時代の不登校体験談を追加しながら、親への伝え方と学校に行かないと決めたらやっておいた方が良いことを書いていきたいと思います。

 

引用元:CouleurによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

大抵の親は保身のために嫌がる子供を学校へ行かせる

学校に行きたくない気持ちはとても分かります。私も中学校で酷いいじめ、高校ではぼっちでしたから。中学校のいじめは突然起きました。クラス全員からからかわれ、笑われ、机の中にはゴミとか入れられていたこともありました。

 

原因は多分私が暗くてブスだったからでしょう。だけどなんでそんなことが毎日ずっといじめられる原因になるんでしょう…暗くてブスではいけないんですか?しかも全員が敵の中で1人で立ち向かえなんてできる訳がないですよ。ふさぎ込んで毎日学校へ行くのが苦痛で仕方なかったです。

 

高校も辛かったけどやはり中学が1番きつかったですね…。クラスで苛められている様子を見て他のクラスからも笑われていたりして。移動教室で誰かの席に座るとその持ち主が私が座ったことを大声で非難したり…。

 

今でも忘れられないのが調理実習で男女グループでくじ引きで組んだ男子が運悪くクラスのリーダーで。クラスのみんなが閲覧する課題メモに地獄の調理実習と書き込まれて皆の笑いものに。私だってあなた達となんか実習なんてしたくないのに何でここまで言われなければいけないのかと本当に地獄でした。

 

でも大体の親は子供が普通に学校に行ってそれなりに楽しい学校生活を送り進学をしてほしいと思っています。だから普通の生活の基本である学校に行きたくないといわれると多くは反対するでしょう。

 

そして子ども側も反対されることが分かるから親に言いだせなくて我慢する、又は親に心配かけたくないこと、いじめられているなんて言いたくないなど色々な感情が混ざってしまい更に学校が苦痛になってしまいます。

 

いじめを受けたら親や先生や大人に相談をと言いますけど、大人こそある意味最大の敵にもなりうる存在なので簡単に言いだせるはずがありません

 

 

学校へ行きたくないと親にはっきり伝える

我慢の限界に達し、いじめられているから嫌だ、学校になんて行きたくないと親にとうとう伝えました。だけど親からは中学を卒業しない子どもなんていない。これからどうするの。そんなんじゃ他でやっていけないと案の定否定されました。

 

親に途中まで付き添われて通学したり担任に相談したりして一応考えてもらい少しは周りからのいじめがおさまったものの、サポートをされている自分がみじめで嫌で仕方なかったです。極めつけは毒父の何も言えないんじゃ苛める方の気持ちもわかると言い放ったことですね…。あれは今でも忘れません。

 

今が辛いのに先のことや他のことなんて考えられる訳ないです。とにかく行きたくないと言っているのに聞いてもらえなかったことと3年間ずっと同級生に否定され続けたこと、これはしっかり大人になった今でも傷として残っています

 

地獄のような学校に行き続けることの方が余程心によくないです。特に中学校なんて義務教育だから行かなくても卒業できるし、まして今の世の中では不登校でも学べる手段はいくらでもありますからなんとでもなります。多くの人は学校へは行った方が良い、それでは少しつまずいたらこれから先逃げ出すことになると脅し文句をかけてきますがお幸せな人たちの無責任な言葉にすぎません

 

とにかく泣きながらでもなんでも学校に行きたくない!と理由も一緒に親に訴えてください。親のことを考える必要なんてありませんよ。まともな親なら無理に学校へ行ってどんどん元気がなくなる子供の方が余程辛いでしょうから。

 

これだけ訴えても学校に行かせるような親なら早々に見切りをつけて自活の道を自分なりに考えておいた方が良いと思います。子供時代でその対応では大人になったら毒親の確率が高くいいことなんて何もないでしょうから。

 

 

同じ悩みを抱えている人のブログが支えになる

これだけ大人が腐っている社会、親や先生など大人が信用できない子どもも沢山居るでしょう。または怖くてどうしても言い出せなかったりなど。そんな時こそネットを利用してみるといいです。ネットには苛められて悩んでいる人達が沢山います。検索して自分に近い人、自分が話を聞いてもらいたいなと思えるような人のブログを見つけて、メールフォームがあったらそこに自分の想いを吐きだして聞いてもらうといいです。

 

残念ですが絶対解決!の万能薬方法はないので(むしろメンタルや生き方にそんなことを言い放つ人はうさんくさすぎなので避けた方がいいです)メールを送っても実際にどうするかは本人次第という辛い現実に直面します。それにブログの管理人さんによっては中々返事をする機会がすぐではないかもしれないので不確かではあります。

 

ですがメールを送ったらとりあえず自分の苦痛を自分以外の人が知っている、自分の想いを送ることができた安心感がありますし、返信が来た時には自分のことを聞いてくれた!と嬉しくなるはずです。勇気がいるかもしれませんが本名ではなく匿名で送ることができるネットを、自分なりに有効に利用してみてください。

 

 

勉強はしておこう。特に国語と社会が大切

大人の私からするとこれ勉強しなくてもよくない?興味がある人だけでよくない?という勉強が殆どでしたが、それでも記憶力など様々な力がスポンジである若い時にこそ勉強をしておいた方が良いです。

 

勉強しておいた方が良い科目はまず国語ですね。読解力はやはり必要ですし、大人になっても書類や文面を読み取る力は必読。読解力から想像力も身につくので日常にも絶対必要です。また漢字も覚えておきましょう。大人になると笑える位どんどん忘れますからね。今はスマホ時代で自分で漢字を書く機会自体が衰える中逆に漢字を勉強しておくと格段にレベルアップできますよ。

 

あとは社会科でしょうか。今でも地理・歴史・公民の3科目でしょうか?どの教科もとても大切です。地理は日本人で日本の地名を知らないとこっ恥ずかしいし、歴史もどんなことが起っていたのかも知るための知識、公民も国は腐りきっているけど政治や社会の仕組みなどを知るのに知識として覚えておいた方がいいことばかりです。

 

もっと大きく考えると読み書きそろばんと昔言われていたように、読むことと書くこと、そろばんは今少ないだろうから簡単な四則演算の勉強をおすすめします。

 

 

人以外の夢中になる物を見つけておく

不登校の原因は殆どが人間関係と思います。人間関係でメンタルやられるとかなりきついです。悪化すると対人恐怖症や私のように人そのものが嫌いになってしまいますから。人間社会で人が苦手や嫌いだと相当なハンデです。特に学校など狭い空間が主の若い人たちには孤独感がさらに強いと思います。

 

なので人が関わる以外で夢中になれるものや心がほっとできるものを見つけておいてください。

そうするとこの先人間関係でやられても、人間に直接向き合わなくて済むので気持ちが幾分楽ですし、拠り所が沢山あると心の大きな支えになります。

 

私の場合は漫画でした。中学時代は連載中のある漫画がとても気になりこれの続きを読むまでは死ねないなと言う想いだけで生きていたようなものでした。今思うとそれがなければとっくに逝っていたと思います。

 

あとは小説やゲーム、美味しい物を食べること、音楽を聴くことなんでもいいです。1つだけではなくできるだけ多くのことを見つけておくと、これが駄目なら次はこれと色々試せる余裕ができるので心が少し楽になりますよ。

 

 

まとめ

学校に行かないなんて甘えだ!社会に出て苦労する!という発言を聞く度に吐き気を覚えます。無理に行く方が余程トラウマを抱えて社会に出て苦労しますよ。というかこんな思いをしなければいけない社会こそおかしいと思います。いつから日本はこんな軍国主義になってしまったんでしょうね。

 

だから学校に行きたくないなら行かなくてもいいです。今では幸いネットで様々な勉強ができるし、本を読んで勉強もできます。それでは集団行動のマナーがつかないとかいう人はその言葉を加害者に言えよ!って感じですからね。被害者は少なくとも我慢している忍耐力や羞恥心など、自分を十分見つめているだけで十分凄いですからむしろそれまで耐えた子供を褒めてあげたいです。

 

勉強なんて意味ない!と思ってしまう子供の気持ちはよく分かります。私も勉強大嫌いでしたから。それでも国語と社会は勉強しておいた方がいいです。

 

ネットを利用して同じ立場の人たちのブログや掲示板を利用してみることはとてもいいと思います。ただしネットもリアルも人間が利用している以上悪意ある嫌な人が当然いるので、不特定多数が集まる掲示板よりマンツーマンでのブログをおすすめします。

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと