景気の動向悪化?好景気の頃なんかなかったよ、何言ってんだかね

うんざり
スポンサーリンク

景気の動向悪化というニュースが流れました。

これ聞いた時、え、何をいまさら言ってんの?ずっと不景気のどん底だったわ!!と思いました。

そりゃね特権階級の皆様にはよほど自分に関わらない限り好景気でしょうよ(ー_ー)!!。

 

引用先:はむぱんさんによる写真ACからの写真

 

 

スポンサーリンク

景気なんか上がる訳ないでしょ。悪化の元凶が何を言うんだか

内閣府の景気動向指数が6年2か月ぶりに悪化と発表。6年2か月か…何やってたっけ…ああ、パワハラ職場で働いていた頃か…(遠い目)

 

今まで政府の都合のいいように発表してきたけどさすがに今回は景気悪化で発表しましたね。

 

6年ぶりどころかここ20年は好景気の記憶ないですよ。ありました?好景気。

 

少なくとも周りで好景気の話を聞いた覚えはないし自分なんかもっと身に覚えない。

 

 

2000年から派遣などの非正規を増やして雇用状態を上向いたようにした見せかけ。

見せかけで使った末にリーマンショックなどの不景気になった途端に派遣切りの横行。

一方では職探しに苦戦の中一方では過労死などの問題が多発。

 

思いつくだけで雇用情勢だけでもこれだけ悪化していたのに何も対策をしなかった政府。

今更な景気指数悪化!なんて何も役に立たないどころかしらけるだけです。

 

 

 

安心が少しでもあれば消費は少しずつ上向くのに

消費を増やしましょう、お金を使いましょうといくら言ったって、

 

使えるお金がないんですよ。

使えるお金があったらとっくに使うし、欲しい物は誰にだってあります。

 

でも買えないから我慢しているのにそんな無責任な事を言い続ける政府が不愉快極まりないです。

お金がない理由は給料が少ないとか、諸事情で働く事が出来なくて生活に一杯一杯とか色々ですよね。

 

仮にお金が少しあったとしても将来に不安で仕方がなくて使えないんですよ、みんな貯金に回してしまう。

 

なんでかと言うと税金が高すぎるし年金があてにならない為に老後の備えを自分でしなければいけないから

 

そりゃそうですよね、お金を使って下さい~なくなって困ったら自分の生活は自己責任で何とかしてください~ですからね。

 

自己責任…国にとってなんていい言葉なんでしょうね。これでなんとかなるなら政治家いらないじゃん、本当に。

 

震災があった時に皆永遠の平和なんてない、自然への恐ろしさが身に染みたんですよね。

 

だから政治も震災に備えたり弱い立場の人たちのことを考える政治になるのかな…と少しは期待したんですけど、無駄でしたね。

 

 

全くあさって、真逆の方向に突き進みどんどん荒んだ社会に導いています。

これじゃ希望なんてある訳がありませんよ、結局金持ちが一番強いんですからね。

 

消費税10%だっていつかは上げなければいけないそれは分かります。だけどそれならなぜもっと早くやっておかなかった?

 

更にその使い道だってまぁ適材適所に使われる事はないでしょうね、使う権限の人たちがあれですからね。あんなんじゃいくら消費税上げたって足りませんよ。

 

 

 

好景気あるとしても特権階級だけ。ささやかな楽しみを大切にしよう

今のどうしようもない政治が変わらない限り残念だけど好景気になる事はないでしょうね…。

 

どんどんばらまきや見せかけが派手なだけの政策にどんどんお金を費やして、借金は全部次の世代にまわして自分たちは逃げ切りですからね。

 

あの政治家の欲まみれな顔を見る度に吐き気が来ますよ本当。

 

失敗したら給料なしとか辞任や辞職ではなく政治家を辞めるとかになればまだ責任感や危機感湧くだろうけど。

自分たちに甘い権力ばかり発揮するからもう改善は見込めないでしょう。

 

 

なので大きなことを考えても現状は不愉快になるだけなのでせめて自分なりのどんな小さなことでもいい。

ささやかな楽しみを見つけて自分の心身を最優先に考えて生きるしかないんですよね。

 

 

 

まとめ

もうね、今の政治家皆いなくなった方がよほど国は成り立つと思いますよ。若ければいいってわけではないけど少なくとも将来世代なら自分の政策が自分にも直面するわけだし。

 

高齢の政治家なら好き放題出来ますからね、しわ寄せが来る前に都合よく逃げ切れますから。

 

腐った特権階級の良い変化を待つ間にこっちがいつ倒れてもおかしくないので、いつ終わってもいいようにささやかな楽しみを満喫するように心がけようと思います。

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと