気になる洋食店でひとりランチ

日常
スポンサーリンク

今日は幾分気温が低いけど昼間はやっぱり冷房入れないと熱気がこもるなぁ・・・。冷気があるのと無いのとでは体感が全然違う。設定温度が0.5度違うだけでかなり変わるんだけど家の冷房だけ?

 

先週の土曜日に気になっていた地元の洋食店へ行ってきました。毎日老害との同居ストレスと、ふとしたことで浮かぶ嫌な記憶と陰鬱な中で、更に姉親子が来訪し、姪が必修科目単位落として留年の可能性があると知らされ、どことなく暗い空気になってしまい余計に気疲れ。学歴社会や学校が大嫌いな私にとっては大学がそこまで必要な物なのかとしか思えないけど。

 

すっかり気持ちが落ちてしまったので、少し新鮮な気持ちになりたくて、初めてのお店へランチしてきました。

今回は洋食店での感想を書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

店の場所に躊躇しつつ予約時の丁寧な対応にほっとする

店の場所で躊躇した点が2つあります。

1つめが徒歩20分位のうち半分が上り坂なこと。最近は階段すら殆ど上らなくなり平坦ばかりなので大丈夫かなと不安。

 

2つめは大トラウマの中学校と小学校がある途中に店があること。幸い店までは通学路では無いけど、店から中学校までは通学路だし、店の先に特に地獄だった中学校があると思うだけで竦んでしまう。

学校に行きたくないと言って分かってくれる親はごく少数と思う
学校のいじめ問題が取り上げられるたびに加害者側の残酷な仕打ちに怒りを覚えます。実名報道をして同じ目にあわせてやればいいのに。だって自分がされても平気と思っているから相手にしかも複数でしているんでしょう?更に学校や教育委員会の多くが呆れるほど...

 

けれど中学校が見えるほど近くではないし思い切って予約の電話を。いつもはお店に電話しないけど、店の周囲には他店もないし、登り道とトラウマと両方の鬼門を抱えて行った先が休業や混雑等で入れなかったら流石にへこむので、念には念を入れて電話。

 

にこやかな男性でほっ。開いているとのことで予約を取れました。予約もしたし、行くかと重い腰を上げて出発。心底面倒くさがりの私は予約のように決めないと、気分が変わり行かないとか別の店とか心変わりする可能性が充分あるので。1人だから自由に変更できる気ままさが格別。

家族での外食は楽しくなかった
今日のソロランチは3~4年ぶり訪問になる地元密着の喫茶店へ行きました。古いビルの2Fなので入るのに勇気がいりますが店内は落ち着いた雰囲気のお店です。店内は予約席が何席かとお客さんも数組いたのでほっとしました。お客さんは常連さんが多いようでA...

 

 

日差しと登り道がきつい

暑い・・・日傘を差して結構効果があるものの、日光が容赦なく照りつける。前回と同じく今回も気温が高い点が運悪い。でもいつ涼しくなるか分からないし、台風に当たるなどの悪天候は出来るだけ外したいから、やっぱり行ける時に行っておかねば。

自分には合わないかも等の悪い予感は結構当たる
朝夜は若干涼しくなってきたかなと思う時もあるけど、自室は蒸し暑いし日中も酷暑だったり蒸し暑かったりとやっぱりうんざり。秋物が店頭に並び始めていますがまだまだエアコン必須の暑さは続きそう。

 

登り道もすごくきつい・・・。歩き慣れている人達には何てこと無いだろうけど、ふうふう言いながらともの凄いゆっくりのポテポテ歩きで上りましたよ。元々体力なしだけど格段に体力の低下を痛感。狭い道で車もビュンビュン通り危ないから、歩く人があまり居なくて良かった。

 

周りは元々閑静な住宅街だから特に変化は分からないけど、ふと考えるとこの道を通るのは高校卒業以来の約25年ぶりなんだよなぁ・・・。そんなに経つのかぁ。忌まわしい場所でしか無いから良い心情では全く無いけど。

 

坂道をようやく登り切り入店。穏やかな男性店員に迎えられ、まだお客さん他に居なかったので自由に席を選んで良いとのことだけど、予約席を決められていると思ったので、どこにしようか迷う。とりあえず入口と奥のどっちの端を選ぶか迷った末に入口手前の席へ。一人でも入りやすい時世は数少ない良いところ。

 

12席の小さい店で、カウンターが無く2人テーブルが6つ。カウンター席がない小さい店はちょっと珍しいかな。

内装は観葉植物や可愛い雑貨が適度に置いてありお洒落で、木目調で落ち着く感じ。

 

メニューを見て迷ったけどウィーン風カツレツに。とんかつのように分厚くなく、平べったい草履のような形のカツだそうで。へぇ・・・気になるので注文。

 

お洒落な盛り付けのサラダ、冷製ジャガイモスープも美味しい。メインのカツレツは薄い分さっぱりと食べやすい。酸味が効いたタルタルとレモンも添えられていたので更にさっぱりでもたれないボリュームで満足。ミニデザートはティラミスと開店記念にフルーツのシロップ漬けと2品あり、どちらもお洒落で美味しかった。

 

ランチはサラダ、スープ、メイン、飲み物、ミニデザート付きで1,200円から1,500円。このボリュームでこの価格はお得だと思う。やっぱり単品より色々付くセットがお得感があって魅力。

 

 

気さくな店主と店員さんでとても穏やかなお店

食後に少しお腹を休めていると女性店主が話しかけてきてくれました。驚いたのが、女性が作り手な事。地元の料理店では作り手はほぼ男性だから先入観もあり凄く驚きました。

 

ウィーンに行った時にカツレツを見て自分も作ってみたいと思ったそうで。うぉ~キラキラで眩しい。海外旅行という時点で世界が違うなぁ。

 

凄く穏やかなお2人なので私も嬉しくなり、料理に大満足とまた是非来たいと伝えて店を後にしました。もう少し近かったらなぁ・・・(運動しろよ)。まぁ歩いてもランチしたら意味ないけど。

運動なんて大嫌い
去年から今年へ開催延期になったオリンピックは、ニュースも流し読み程度なので分からないですが、開催するしないどちらの方向でしょうか?未だに開催に拘っているんでしょうか。今年は控えて2032年?を目指す意見もあったとか…どれだけ開催したいんだか...

帰りは下り坂なので行きとは段違いの楽さでした。

 

 

まとめ

気になっていたお店に行けて良かったです。心底晴れ晴れとする日はないと分かってはいても、毎日毎日世も家も陰鬱イライラで流石に参るので、根っからのインドアの私でも外へ出たい、新鮮味が欲しいと思ってしまうほどなので少しでも回復ポイント増やしたいから。

 

今回のお店はまた行きたいと思えるお店でした。美味しかったなぁ。他にもランチメニューが何種類かあり、特に日替わりか週替わりのランチが凄く気になる。どれもきっと美味しいだろうし。

何より穏やかな雰囲気だった点が大きいです。もう本当癒やされたい・・・。優しさに飢えまくっているなぁ。

 

それでももう少し中学校に近かったら行かなかったと思います。何十年とどれだけ時間が経っても3年間みっちりと大多数からいじめられ続けて精神破壊された記憶が消えることはないから。

日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク