うるさいだけの選挙活動はいつまで続くんだろう

うんざり
スポンサーリンク

参議院選挙が先月終了したと思ったら今月は市議会選挙。なんか毎年何かしらの選挙をやっている感で面倒くさいのとうんざり感が半端ないです。

選挙に行く手間もそうですが選挙の何が嫌かってうるさいだけの選挙活動が辟易なんですよね。

 

引用元: photoBさんによる写真ACからの写真

 

スポンサーリンク

選挙カーだったり街頭演説だったりとうるさいだけで効果があるの?

選挙日1週間前から(もっと前からする人もいますが)どっから湧いて出た?というほどの選挙カーや候補者が前面に出まくってきます。

 

そしてマイクで声高に名前とお願いの連呼。

はっきり言ってうるさいだけなんですよ。芸能人とかならまだしもこれまで何やったんだかよく分からない候補者の名前なんか興味もないし聞きたくもない。

 

お願いもなんで強制されるように言われなければいけないのでしょうかね。誰の名前を書くかは国民の自由なんだから、お願いと言うのも可笑しくないか?と思います。お願いと言うわりには終始偉そうな態度も滑稽。

 

選挙カーと街頭演説を真面目に聞く人少ないんじゃないですかね。

そのはず静かな日常にいきなりマイク振りかざして入ってくる人の演説なんか、騒音でしかないから聞きたくもないんですよね。

 

テレビならチャンネル変えればいいけど、選挙活動は変えることが出来ないし、ヤジ1つでもしたらとっ捕まるのこちらですしね、理不尽極まりない。

本当これ迷惑なんですよね。うんざりしている政治を少しでも忘れたい時に思い出させてくれる不愉快千万な活動。

 

学生時は朝でただでさえ機嫌が悪い時にバス停の真ん前で延々と演説していましたからね。せめてもの反発で目の前で耳を押さえましたが効果なしでした。

あと大抵テレビの良いところな時などにぶつかるのが余計に腹立ちます(笑)

庶民の迷惑が分かっているのか分からないのかが分かりませんが、うるさい活動をしている時点で好感度マイナスですよ。

 

選挙のポスターの掲示版はどれも見たくもない顔が並んでいるしあれを見て投票する人ってどのくらいいるのか分かりませんが、候補者の顔ぐらいは見た方が良いのかなと100歩譲って選挙板は継続でもいいかな…うるさくないし。→全てはうるさいかうるさくないかにかかっているような気がします。

 

 

選挙活動こそオンラインや広告などで静かにスリム化すべきと思う

現金でもやっていける制度とかは否応なくぶち壊してキャッシュレス促進とかさっさとやるくせに、選挙活動とかうるさいだけの活動の仕方はずっとそのままなんですよね。

こういうのこそHPでどんどん意見をUPするとか選挙カーなどの代わりに広告などで自分のしてきたこととこれからの想いを伝えるとか、いくらでも静かにスリムな活動方法あると思うんですよね。

 

うんざりしている政治に更にうんざりな選挙活動をしているから余計に投票率下がっているんじゃないかなと思ったりします。

これだけ声高に自分の名前と活動を連呼する図々しさはある意味羨ましい限り。

当選前にこれだけ厚かましければ当選後なんてそりゃぁもっと厚かましくなるでしょうねぇ。

 

頭がよくちゃんと庶民目線で考えられる人たちが民間にいっぱいいるんだから、そういう人達に意見を真摯に聞いて実行すれば散々な今の世の中かなり変わるのになぁ…と思います。

 

 

まとめ

選挙カーや街頭演説いつから始まったか分かりませんが、今の時代静かを望まれやすいのに真逆なうるさいだけの選挙活動…これを見直そうという意見が全く挙がらないことから政治家たちの自分自身の改革は頭にないんだなということが分かります。

 

マイクだから耳にびんびん響くし、静かな時間だなぁとホッとする頃に訳の分からない内容の演説が入ってくるとすごーくイライラします。これを伝えようがないから本当うんざりです。

選挙活動の意味…本当にあるんでしょうか。これこそ予算の無駄としか思えないんですが。

 

候補者にもまともな人がいるかもしれませんがどうしてもまともな人がいるように思えなくなってしまいました。いますか?まともな人。私には遡っても思い当りません。

 

市議会選挙は国政選挙よりもっと候補者が何の活動をしているか分からないし、地元ではほぼ二世やバックが強い人ばかりが当選です。

国政以上に面白くないし投票所でずらりと候補者の氏名はあるけど誰に入れたらいいのかさっぱり分からなくて結局白紙にしてしまいましたよ。投票率の貢献だけしました。

 

選挙活動中のうるさいマイクを聞く度に早く選挙過ぎろ―!としか思えない活動をずっとし続ける活動の意味ってなんなんでしょうね…と思います。

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと