苦痛がなく遺体が綺麗、迷惑をかけないが揃った死に方なんてない

うんざり
スポンサーリンク

死にたい、逝きたい、生きていたくないなどの生きることこそ幸せと信じている方たちが見たら信じられないと思えるだろうなと思う、ネガティブワードばかりで検索してヒットしたブログや掲示板を見るのがすっかり日課となりました。

 

リアルではネガティブワードは禁句だし周りを見ると皆幸せそうだよなぁ…とひたすらへこみますが、これらのサイトなどを見ると私と同じく絶望系の方が沢山居て嬉しいんですよね。ただこれだけ共感できる方が実はいるんだなと言う驚きともう日本終わりじゃないかと日本の滅亡をひしひしと感じます。

 

ところで死にたいなぁ…と思う方の希望する死に方は記事のタイトルどおり、できるだけ苦痛がない、遺体が綺麗で周りに迷惑をかけない方法を希望する方が多いと思います。ただ残念なことに私もこれらのワードでかなり調べましたが…結論はそんな特上の死に方はなく、近い死に方も相当難易度高いとがっかりしました。

 

ここでは理想的な死に方と死に方の現実、自殺の成功の分かれ目についての考えを書いていきたいと思います。

 

引用元:Ana_JによるPixabayからの画像

 

 

スポンサーリンク

生き方も死に方もハードル高く考えすぎている方が多い

生きることがとにかく苦痛で難しいことは殆どの方が承知だろうけど、死に方まで希望が多い方が多い気がします。苦痛ができるだけない、遺体は綺麗、迷惑をかけない死に方…正直そんな死に方ないんですよね。私と同じくきっと必死に色々検索したと思いますが、残酷すぎる現実にがっかりした方が多いと思います。はぁ…ないんですよね、そんな理想的な死に方。

 

苦痛がない死に方は一瞬で逝くか意識がない内に逝くか

今まで散々苦しんできたんだからそりゃ最期くらいは安らかに眠るように逝きたいですよね。それはよおぉぉく分かります。なんで最期まで苦痛を味わなくてはいけないかと思いますから。

 

ドラマなどのようにすぅ~~っと眠るように少しずつ意識が薄らいで逝くのが理想ですし、最近は死にたい方が多く安楽死を望まれる方が多いですが、残念ですが苦痛がない死に方はほとんどありません、どれも何かしらの苦痛を伴います

 

病死したいと言う方も病死なら自然死ですし周りからは責められない気持ちからが大きな理由と思いますが、病死も病気になってからすぐに逝ける訳ではなく、病院健診で分かったらとにかく治療や投薬必須。薬、手術、継続的な検診とあらゆる治療を受けて時間とお金と苦痛を伴いながら死に向かうことになるので、突然死のような本当に突然の病気以外は病死もあまり理想的な死に方ではないなぁと。

 

あとは酔っ払った状態のまま逝ったとか雪山とかで眠くなったら苦痛はないか少ない内に逝けるかもしれませんが、どちらもかなり達成するのにはかなり難しいと思っています。運とタイミングが必要かもしれません。

 

ドラマや小説やアニメのように毒薬を飲んでうっ!と少々の吐血をして逝けるならいいんですけどね、医療従事者ならともかく創作物だけど普通の学生とか犯人は一体どうやって手に入れたのか…。自死限定なら治療薬より売れるかもしれないですね。

 

 

綺麗な死に方は病院で逝くか死後の発見がいかに早いか

死後遺体を見られる時には出来るだけ綺麗な姿がいいと思う方も多いと思います。特に遺体の確認や葬式前など遺体を見られる時には、あまり凄惨な姿は見られたくない、ドラマなどのように生前とあまり変わらない姿が良いと言う気持ちも分かります。ですが遺体は病死で病院で看取られるか、死後の発見が早い病死以外はほぼ凄惨と思います。

 

多分検索した死に方の遺体の描写を見るとどれも凄惨ではないかなと。病死以外の遺体を見たことがないとテレビなどのイメージが強いから、見る限り飛び降りなど綺麗な遺体と思いますよね。ですが実際は…さすがにグロイので書きませんが殆どの描写が想像だけでも、うっ…どれも酷い死に方だ…こんななのか…と絶望したと思います。

 

自殺や事故死は殆どが悲惨な遺体ですし、病死だとしても死後長い間発見されなくては腐敗しますからね。綺麗な死に方をどうしても望む方は病気になって病院で逝くことを考えるのが確実かなと思います。

 

まぁ死後のことだから遺体の状態なんてどうでもいいと考える方も多いでしょう。遺体があまりにも酷い場合は遺族の確認はとらないかもしれないし、生前絶世の美女とかなら生前との落差にショックかもしれませんが。

 

 

自然死も病死も事故死も迷惑をかけない死に方なんてある訳がない

特に自殺者に対して迷惑をかけるなとあほなことを言う人居ますけど、迷惑をかけない死に方ってなんですか?身辺整理や片づけをいくらしても物をゼロには出来ないし、死後にしかできない手続きもある、それに遺体が発見される以上遺体発見者や身元を確認する方がどうしても必要だし、部屋で亡くなったら後の掃除も必要で、どんな死に方も誰かには必ず迷惑をかけざるをえないですよね。

 

無関係の方を巻き込んだ自殺等ならともかく、どうしようもなくて選んだ最後の決断をそんな風に罵倒する方は絶対に迷惑をかけない死に方とやらを伝授して頂きたいです。もしくは自分は絶対に迷惑をかけない死に方をすると誓約書に書いてほしいですね。

 

ただ迷惑を極力かけない死に方と言うと災害や疫病でしょうか。さすがにこれはどんな方でも責められることはないと思います。時期などまさに天に任せるしかないですけど。因みに私は運が悪いので災害死は出来ない気がします。苦しむことはあっても死ぬことは出来なさそう…。

 

 

自殺を完遂できた人は失望や絶望より解放感が勝ったからかもしれない

自殺には完遂した方と未遂に終わった方といますが、何が違うのかなと思うと、個人的にはこの世から解放されるスッキリ感で逝く方が成功するのかなぁとふと思いました。

 

自殺の原因は絶望や失望ですから悲観的や人生に負けたなどの暗いイメージですが、中にはようやく解放される…とほぼこの世や自分への未練がなく、実行時の苦痛のあるなしはともかくとして、実行準備の段階から気持ちは安らかになり最期は満たされて逝ったのかなぁと。

 

ある記事でダムに飛び込む直前まで明るいツイートをしていた自殺完遂者のことが書かれていましたが、実際は本人にしか分からないけどせめて最期は気持ちだけは安らかに解放感で逝けていたらいいなと、私もそうやって逝きたいなと思いました。

 

あとはネットが出る前の時代にもあった方法の方が単純な方法が多いので逝きやすいかもしれません。最近の方法はなるべく安楽死に近い方法を目指すあまり、道具の用意とか実際の準備とか器用さと綿密さが求められて却って難しすぎて失敗しやすいような気がします。

 

 

まとめ

今回述べた3つの希望点を全部備えた死に方をするのは相当難しいと記事を書きながら改めて思いました。それこそ特権階級が金の力で安楽死をするか、余程の運の持ち主で意識がない内に逝けたか…。生き方も死に方も安楽な方法が難易度高すぎなんですよね…しかも理不尽ですが悪人ほどあっさり逝って、弱者や優しい方程苦しい思いをする傾向が強いように思います。

 

だからせめて3つ全部ではなくどれか1つか2つの点だけでも満たす死に方を選んで残りの希望点は捨てるしかないんじゃないかなと。例えば遺体はどんな状態でもいいと思うか、多少の苦痛はあってもいいから遺体は綺麗がいいか…。

 

しかしまさかここまで生き辛いと言うより生きられない世の中にまでなるとはさすがに思っていませんでした。できるだけ安らかに逝きたいと思いながら眠りについて絶望を感じて起きる毎日もさすがに疲れてきたなぁ…。生き辛いならせめて死にやすい世の中が良かったけど、生き辛く死に辛い現代が今までで1番残酷な時代と思います。

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと