俺様ティーチャー 28巻 ネタバレ! あらすじと感想とまとめ

少女漫画
スポンサーリンク

 

俺様ティーチャー 椿いづみ 28巻 花とゆめについてのあらすじと感想とまとめの記事です。

 

27巻では文化祭が開始し、華房邸から抜け出した真冬(夏男)、早坂、由井達を始め、鷹臣に呼ばれた寒川、桶川元番長達など勢ぞろい。文化祭を堪能する中、真冬達クラス劇も特に在校生の共感を得られ成功する。

 

2日目に備え1日目の夜には秘かに学校に潜り込んでいた鷹臣の指揮の元に、寒川や桶川たちが真木たちの文化祭妨害を阻止する為に動く。しかし真木の復讐は文化祭2日目に持ち越された。一方華房雅は真冬に、鷹臣と理事長の賭けの前に、雅と母親が両親の離婚を賭けた勝負をしていたことを語る。

 

27巻のネタバレ記事はここからどうぞ。

俺様ティーチャー 27巻 ネタバレ! あらすじと感想とまとめ
俺様ティーチャー 椿いずみ 27巻 花とゆめコミックスについてのあらすじと感 想とまとめの記事です。

 

 

この記事はネタバレありなので閲覧にご注意ください。

 

 

引用元:Lalelu2000によるPixabayからの画像

 

 

スポンサーリンク

俺様ティーチャー 28巻のあらすじ

華房雅から妹の藤子の動向に気を付けるように忠告された真冬。文化祭2日目。クラスメイトから助けを求められた真冬(夏男)と由井が向かった体育館にはヤンキー達の大集団が。佐伯鷹臣を呼び出すように言われた夏男と由井だが残ってヤンキー達と闘う。一方危機を知った早坂の登場で夏男たちの団結力が上がり優勢に。

 

しかし真木の登場で早坂、夏男、由井が次々に負傷し、夏男が犬塚(鷹臣)に助けを求める。駆けつけた鷹臣と真木の決闘の中、鷹臣の祖父の容体が悪化。夏男は鷹臣を病院へ行くように促すが、鷹臣は祖父が大切にしている緑ヶ丘学園を守ることと思い出を優先する。鷹臣の言葉で真木は亡き妹の顔を想い出し、鷹臣と決着をつける。

 

閉会式の最中藤子が緑ヶ丘学園最後の文化祭との言葉を発し在校生や記者を困惑させる。藤子の学園廃校の思惑を阻止する為に、雅も参加し夏男たちは最後のクラス劇を始める。夏男のフォローにより劇は成功し、藤子の思惑をくい止める。藤子の入学理由は父と兄の賭けを壊す為と聞いた真冬は、雅のピーターパン気質を話し、雅と藤子はお互いの想いを確認した。

 

 

第159話 文化祭2日目。夏男と由井が向かった体育館に…!

本当真冬は高貴なお嬢様に命令されるのが好きなんだねぇ…雅様にも引かれているほどなのに。それにしても作品の柱でもある賭けの相手なのに理事長の影の薄さぶり。結構最初から諦めていたんかい!

 

真木先生の指示で体育館には大勢のヤンキー達が!由井君、忍者を自称して好きなだけあって変わり身の術とか結構凄いことやるんですよねぇ。木にしっかりと眼鏡があって細かい。けど何故に壁の模様が丸わかりと言う忍者お約束の失敗を未だに(笑)クラスメイトから頼もしい視線を浴びる早坂君がv当初はクラスメイトから怖がられていたのに、真冬(うさちゃんマン)のおかげですね。

 

 

第160話 早坂君の登場で状況一変!アッキーの掛け声でクラスでも団結力高まる

真冬と由井君は本当コンビがバラバラ(笑)相性が合わないんでしょうね~。でも早坂君が颯爽と駆けつけた途端フォローする為にコンビ力が!一見傍からはリーダーに見えるけど早坂君は実はヒロインポジションですね♪

 

一方動揺するクラスメイトをアッキーの分析力とフォロー力が流石ですが、我慢強いアッキーも質問攻めは面倒くさくなったんですね。小鞠先輩の一言も話さずに誘導する力と言い、レベルが高い2人です。

 

藤子様の直感の鋭さと先輩たちの笑顔へのはっきりとしたイラつき表情が面白い。心底女王気質な女の子でちゃんと内外面を使い分けているのも凄い。女王気質を知っている人は藤子様に好かれている証と言えますね。

 

 

第161話 真木が登場し夏男たちのピンチに駆けつけたのは?

真木先生の夏男たちへの容赦ない攻撃ぶりが怖っ!クラスでも普段は温厚だったから、過去が明らかになってもイマイチ元番長としての怖さが分からなかったけどこれは怖いわ~…。

 

特に真冬は溺愛ぶりがあっただけにはっきりとした二面性が怖いです。あと早坂君のことを最初から大嫌いだったんですね…復讐の原因にもなった不良を嫌いだからでしょうが、クラスとしても風紀部顧問としてもあれだけやりとりがあったのに、水面下で嫌悪感を抑えきっていた所もかなり怖い。由井君はギャグ扱いにされがちだけど黄山との戦いや西高での戦いなどでも結構強いんですよね~。

 

お兄ちゃんな綾べん♪夜中ずっと闘っていた寒川や桶川元番長のお休み時間を発見するも常識的な対応でスルーに(笑)

 

 

第162話 鷹臣の祖父が危篤?鷹臣を病院へ向かわせる夏男だが…

夏男たちの危機に鷹臣君登場!闘いの最中に鷹臣君のおじいさんが危篤状態に…。それにしても夏男が鷹臣君に知らせたけど、鷹臣君=犬塚と全く分からなかったのは何故なんでしょうね…。真木先生が真冬=夏男と気づけなかったのは真冬の強さを知らなかったからだろうけど。知らなかったら当然驚きますよね。

 

真冬が鷹臣にお祖父さんの最期に立ち合わせる為に鷹臣君を病院へ行くように促すけど、鷹臣君のメンタルが凄すぎる。妹の危篤に立ち会えなくて悔やんで復讐を企む真木の方が分かるし、今までの思い出が大事と言うことも分かるけど中々あそこまで割り切れないよなぁ…さすがタイトルどおりの俺様ティーチャーの鷹臣君です。(今先生辞めているけど)

 

真木先生の妹がとても可愛いですね~当時不良だった真木先生が溺愛するのも納得。鬼のような鷹臣君も真冬には扱い方は酷いけど可愛がっていたし、ヤンキーは子供に弱いのかもしれませんね。

 

 

第163話 鷹臣と真木の決着。文化祭閉会式で華房藤子が驚愕発言

ようやく妹さんの顔を想い出したけど、今までもずっと忘れていなかった真木先生。藤子様にとって兄は雅様だけで、真木先生のことはきっと男性として好きなんですよね。

 

泣ける場面を見事にぶち壊す鷹臣君(笑)そして前夜に真木先生の企みを阻止したメンバーたちが集合しヤンキー達と大喧嘩。桶川元番長や寒川とのコンビも良いけど真冬(夏男)のコンビはやはり早坂君が1番好きですね~。早坂君にはまだ真冬=夏男(うさちゃんマン)とばれていないんでしたっけ。寒川の真冬への哀愁などそれぞれらしいノリの乱闘の中で鷹臣君と真木先生も遂に決着。

 

ようやく閉会式を迎え終わるかと思ったら、まさかの藤子様の学園今年で終わりかも発言が。今迄のことを一気に最後でぶち壊す気質が藤子様らしいです。雅様も登場して果たしてどうなるんでしょうか?

 

 

第164話 華房雅の本当の想いとは?

雅様の登場から真冬の機転で演劇再演とは思わなかったです!体育館での乱闘のおかげでクラス劇を最後にもう1回見たかったし、最後の学園祭と改めて泣く真冬にもじぃんときました。照明君達を始め真冬のクラスメイト達など今作品のクラスは皆仲が良くて羨ましいです。そして由井君の雅様溺愛ギャグが相変わらずうっとおしくて面白い(笑)卒業してあまり会えなくなってしまったしね。

 

最後に夏男が藤子様の言葉を兄から妹への受け継ぎ発言に見事に変えて無事終了に。屋上へ向かう藤子様を追いかける夏男(真冬)。藤子様の涙に焦る夏男のあやし方が逆に見事に藤子様を煽っています(笑)

 

藤子様の今まで平然としていて最後にドカンと全てをぶち壊す姿勢は確かに藤子様らしいです。かつらが取れて正体ばれた真冬が雅様の思惑を藤子様に説明。確かに雅様はピーターパンで生徒会の仲間たちも先延ばしにしていましたね~。

 

雅様も藤子様のことを大切に想っていたんですね。飄々としたタイプの人だから分かりにくい愛情表現なので兄妹仲直り?できて良かったです。そして真冬は普段おバカ扱いされているけど実はかなり分析力が高いと思います。真冬凄いなぁ~、色々な人の憧れの存在です。

 

 

俺様ティーチャー 28巻のまとめ

今巻は真冬達最後の文化祭が舞台でした。真木先生の復讐中は普段からの豹変ぶりが凄く恐怖でしたが、鷹臣君がおじいさんに対してのセリフがかっこよくカリスマ性を存分に発揮!先生を辞めてから特に出番がめっきり減ってしまったけど、相変わらず要所で決めるので存在感が大きいです。

 

文化祭を舞台に寒川や桶川元番長など在校生以外のメンバー登場も嬉しかったです!真冬を取り巻くキャラ皆可愛いし、これだけ居て嫌いキャラが居ないのが凄いです。そして藤子様と雅様の兄妹の心情がお互いに伝わって良かった~。今作品は結構前の伏線が後半で回収されているので既刊を再読したくなります。おまけの4コマも寒川たち大勢のキャラで本編がシリアス寄りだったので、変わらずのほのぼのギャグで面白かったです。

 

次巻はいよいよ完結で凄く寂しい…けど、真冬の鷹臣君への記憶の曖昧さの謎が凄く気になります。これだけ引っ張ったのでギャグよりシリアス希望です!他にも真冬を取り巻く恋愛模様はどうなるのか気になりますが誰ともくっつかない想像の余地ありで終わってほしいかなぁ~。個人的にどのキャラともいいけどやっぱり真冬の恋の相手は鷹臣君かな。

 

早坂君は真冬の変装に気づかないままなのでしょうか?尊敬の眼で見られたくないから正体を隠していた真冬の気持ちも分かるけど気づいてほしくもあります。あ、歌音はずっと夏男を憧れで真冬と気づかずに想っていてほしいです。全ての関係ははっきりしないだろうけど(由井&北条、アッキー&小鞠など)、シリアス後に無理にその後の姿を書かずに卒業のわいわいENDであってほしいですね。

 


 

少女漫画 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと