お構いなくではなくお構いなしの人は元気で羨ましい

毒親
スポンサーリンク

世の中底知れぬ元気な人っていますよね。私の毒親もそうですが73歳にもなるのに凄く元気です。さすがに病院で薬を貰ったり総入れ歯ではありますが…体と心がとてつもなくタフです。

 

なんでかなぁと思ったんですが最近は納得しています。それはトリプルで考えない人だからでした。それではそのことについて書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク

人のことを考えない

自分が正しい、相手のことを考えないタイプは生きるのが本当に楽と思います。

人の悩みの殆どが人間関係ですからね。人間関係を気にやむ人の原因は大体相手のことを考えすぎるが故に起ってしまいがちです。

 

例えば相手から話しかけられた時の返答は、相手の望むような考えが角がたたないかなぁとか、自分の考えを言ったら相手はどう思ってしまうかなぁとか、こんなことを言って後で悪く思われたらどうしよう…考えてしまう人は沢山の考えが脳内に回ってしまうんですよね。

 

結局考えている間に返答に遅れてしまったりして相手を怒らせたり嫌な気分になり誤解されてしまったりと…。悪い結果になってしまうことが多いので、考えすぎてきたことを今は後悔しています。

いいこともなかったですからね、いいように利用されるだけでしたし。

 

毒親のような人はまず相手から言われたら自分の思うままに言うのでレスポンスが凄く早いです。

もし相手から不快なことを言われても全く気にしない、むしろその人をおかしいとして自分は絶対正しいですからね。悪い意味でひたすら頑固です。

 

だから相手のことを考えない人とは相手に気を使うエネルギーを消費せずに生きられるから元気な人が多いです。

 

 

 

お金のことを考えない

人間関係以外で悩みの原因の多くはやはりお金ですよね。お金があれば大方のことは出来てしまう世の中です。何をするにもお金です。

だからその不安がない金持ちは勿論元気な人ばかりです。それはそうですよね、生活の不安がなければのびのびと自分の好きなことがやれます。

病気になったとしても治療が受けられますし面倒くさいことはお金を払ってプロにしてもらえます。

 

毒親もお金のことを昔から考えませんでした。

私の親は小さな工場を経営し工場長で母親も共に工場で共働きをして、はっきり言って昔は凄く羽振りが良かったです。

 

父親は休日には競輪三昧お酒飲み放題、母親は買い物依存で高価な洋服などを惜しみなく買っていましたがいつかは終わりが来ます。

そして廃業時にわずかに残ったお金すらも自分が稼いだお金だと株につぎ込んで見事に暴落しました。

 

その時、いえ昔から形成された人格はもう戻らないんでしょう。

工場が廃業し年金でかつかつの今でもお金のことは一切考えません。

なぜならお金の管理は私がしているので、自分の通帳など見たことがない毒親は残高を見ないから危機感がないのです。

 

自分名義の通帳位自分で管理が普通ですが、ATM操作もおぼつかないうえ全額を使ってしまいかねない性格なので、姉と相談の結果私が管理しています。

家計を知る私はお金に関してはもう最後まで考えざるをえないと諦めていますが、お金のことを考えない嫌なことを考えないで他の人にしてもらえる毒親のことが羨ましいですね…。

 

呆れられているのにそうとは全く思わない、悪い意味で楽天的なあの性格が憎らしいです。

 

 

 

後のことを考えない

後のことを考えない人も元気です。いわゆるもしものことや後片づけが頭にない人

それはそうですよね。思いついて実行するのはいいけどその後片付けって大体面倒くさい訳ですよ。それを考えなくていいということはやりっぱなしで自分の思うままに出来るのですから。

 

例えば先にも記載しましたが工場廃業時のお金を株で使ってしまったこと。

その時家族みんなで反対したんですよ。だけど自分が稼いだお金だから自分の好きなように使って何が悪いと怒鳴られました。

 

それは自分が稼いだお金ですよ。でもその後のお金はどうする?株なんて暴落もあるし勉強している人でさえ失敗も十分あるのに、何も勉強もしていない人が儲かる率なんて本当に僅かなんですよ。

それに工場が廃業ということは稼ぐ手段も失われ、高齢だし不景気だからそんな簡単には仕事など見つかりません。

 

更に病気や怪我なども考えた時にもどうしてもお金は少しでもあった方が良いです。ましてや賃貸の家ですからね、家賃が払えなくなったら退去も考えなくてはいけません。

せめて全部ではなく半分とかにしてほしかったのに、見事に全部使っちゃいまして暴落しました。人のことならバカだね~ですむのですが。これが仮にも父親だからとても情けないです。

 

そしてその後のことは考えていないでかつかつの生活なのに、俺のお金で食っていけてるとかこの年金不信の中ギリギリ年金をもらっているのに年金が少ないとか腹が立つ事ばかり言って偉そうです。

本当後のことを考えない人はいいよなぁと心底思いますね。

 

 

 

まとめ

悩みとは考えることが大部分なので考えない人は悩まないから元気なんですよね。そしてそういうタイプの人と、不必要に考えてしまう人が一緒に居ると私のように少しずつ病んできます。

だからお構いなしタイプの人が少しでも席を外したり外出するとすごーーく気分が楽と同時に、どれだけ普段心が病んでるかを思い知らされます。

 

因みにこういうタイプの人に言っても聞かないどころか不愉快で訳分からない言葉が返ってくるのが殆どなので、闘わない方が無難です。余計に疲れてしまって更に病んでしまうので。

思考回路がまともではない毒親の元で生まれた時から人生詰んでいたんだなと自分と諦めです。

 

どちらかが最期を迎えるまでこの絶望と疲労に終わることはないんだなぁと思います。

 

 

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと