こんな日本で生きていたくないと思うのは当然。全然いい国ではない

うんざり
スポンサーリンク

生きていたくないと検索するとずらりと質問や相談が並びます…しかも若い人たちも多い日本は本気で沈むのでは。元気なのは高齢者で中高年が満身創痍、若い人たちがその姿を見て絶望する。こんな日本で生きていたくないと言う気持ちはよく分かります

 

というかこの日本で生きていたいと思う人は余程の日本好きか、現政権信仰者、特権階級、ポジティブ、リア充と私にはない物を持っている人達ばかりで羨ましい限りです。

今回はこんな日本で生きていたくないと思う個人的な理由と安楽死制度に繋げるために考えられる方法を書いていこうと思います。

 

引用元:Florian KurzによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

日本で生きていたくない理由

日本で生きていたくないと言うと必ず日本大好きな人が反論するわけですよ。他の国はもっと貧富が大きいとか戦争が起こっていないとか病院へすぐ行ける医療保険が充実している、治安がいいとか…そういう人たちはたまたまお幸せなところで生きてこれたのでしょうね。どこが日本がいい国なんだか!と凄く不快です。日本がいい国ではない理由について述べたいと思います。

 

保身や目立つ事ばかりの愚策の政治家たちが国を壊している

日本がいい国と言っている人は政治ニュースとか見ないんですかね。私もあまりにこの人たち人間なのか?と思うくらいの腐敗ぶりに政治家の顔が映った瞬間にテレビを変えてしまうほど嫌悪しているタイプですが、それでも毎日毎日政治の腐敗ニュースがきこえてきますからね。

 

やりたい放題目立つだけで現場を見ないで特権階級の考えだけで進めた政策。何も効果がないどころか借金がどんどん積み重なりその責任を何も取らずに失敗を認めない。失敗の末国家予算が足りない分を個人で貯めておけと言い放つ政治家たち。失言連続の上に、のらりくらりと言いかわす、すぐに辞任すればいい物を1か月位はそのまま続けてやっと辞任はするけど、辞職ではないから大臣を辞めただけでそのまま特権階級のまま。

 

こんな人たちが政治を行っているんですよ。そりゃうんざりですよ。皆毎日必死で嫌なことも我慢して働いても税金でがっぽり持ってかれ貯金どころか日々かつかつ、そんなことも分からない政治家たちが治める国で生きていたくないと絶望するのは当然です。

 

確かに戦争は起っていませんよ。ですが虐待やいじめ、ハラスメントの横行などこれがいい国ですかね?戦争だっていつすることになるか分かりませんよ。それでも日本はいい国と言うのでしょうか。

 

 

弱者を叩き潰す弱者一歩手前の人たちに失望

腐敗の見事なクズっぷりの政治家たちや権力者は勿論嫌悪していますが、更に嫌いなのが弱者をここぞとばかりに叩き潰す人たちですよ。凄いですよね、引きこもりや生活保護、無職、ニート、挙句には子供部屋おじさんやおばさん、よくこれだけの不快な言葉を並べたものです。

 

その人たちがネット相談したりすると標的を見つけたかのように一気に攻撃しますからね。あのね、凄く醜いんですよ、こういう人たち。自分たちが偉いとか正義とか勘違いしているみたいですけど残酷極まりない。都合のいい叩き潰し相手を見つけただけにしか思えません。

 

はっきり言って匿名だから言っているような姑息な人達ばかり。リアルでは絶対言わないでしょうね。共通するのが言葉遣いが汚いこと、共感などせずいきなり説教まがいなことを言う人です。あと知性が感じられません。正直引きこもりや無職の人たちの方が余程文章力や理解力がありますよ。文章力テストなどあったら断言しますが叩いている人達はいい文章など書けないでしょうね。語彙力とか想像力が皆無ですから。

 

叩いている人達は自分たちが弱者にならないと言う絶対的自信があるようです。なのでもしひきこもりや無職になっても絶対に生活保護など受けないでくださいね。だって自分が叩いてきたんですよね。それなら支援制度などを利用するのはおかしいですしね。誓約書に書いてほしいですよ。私は弱者が大嫌いで叩いてきたので自分が弱者になっても叩かれても文句は言いませんし、支援制度も受けません。引きこもらずにすぐに行動をお越し誰にも迷惑はかけませんと。

 

 

安楽死制度を望むなら選挙へ投票かツイッターするといいかも

日本で生きていたくないと願う人たちの多くは、今までそれでも我慢して頑張ってきた人たちだと思うんですよ。それでもこの日本はもう駄目だと絶望してもう生きていたくない。けど最期くらいは安らかに逝きたいと願って安楽死制度を望んでいるんでしょう。

 

気持ちよーく分かります。誰だって最期は苦痛なく逝きたいですよね。それを人に迷惑をかけるなとか勝手に逝けばとか言う人たちばかり。あのですね、人に迷惑をかけない方法とやらを教えなさいよ。それが見つからないからどうにもならないんですよ。人で生まれた以上絶対に何かしら迷惑をかけてしまうんだから。

 

だからせめて合法的にあの世へ逝きたいと言っている人達をまぁしたたかに追い詰めますよね。これじゃもう生きていたくないと思うのは当然ですよ。

 

だから安楽死制度を望む人はまず選挙で安楽死制度を掲げている党に入れることが一歩でしょうね…。多分人権擁護団体とか生きることが素晴らしいと信じて疑わない人達や、患者が減って業績が減ってしまうことを懸念する医療関係者たちの反対が凄いでしょうけど。とりあえず政治家なので一般人よりは政策実現に近いです。

 

だから政治家が生活保護費がもう賄えん!人数を減らすしかない!と舵を切るまで難しいでしょう…コロッと態度と方針を変える国だから確率はゼロではないですが。

 

あとは折角SNSが発達しているんだからこういう時こそツイッターでバズ起こせばいいのにと心底思います。弱者叩きとかくだらないことやっていないで保育園落ちたやハイヒールの件のように安楽死希望!皆集まれ!とかついーとすれば案外バズ起こせるかと。それで罪にはならないし。私はガラケーだしスマホしたとしてもツイッターはしたくないので、ツイッターできる安楽死希望の人やってくれないかなぁと期待しています。

 

 

まとめ

まだまだ日本で生きていたくない理由はありますが、主には政治の腐敗と弱者叩きの横行じゃないですかね。でも以前はここまで酷くなかったかなぁと思います。こんなにも不祥事が続いても政権は続く上に、長期政権ともてはやされるのが訳分かりません。会社でもそうですが長くいるだけで何もしないならまだしも、最悪のことばかりする重役のようなものですよね。

 

正直権力者も不快極まりないですがマスコミの野次馬化と魔女狩りの如く弱者を叩き潰す一部の庶民がもっと不愉快です。多分以前より日本が酷い国と痛感することになったのは、マスコミが全局現政権に金でも貰ってるのかと言わんばかりに低俗化したことと、SNSを始めとするネットの発達が悪い方にいっていることかなと。

 

どんなに道具が発達してもそれを利用する側がおバカさんだと意味がないです。普通に考えたら世界中がネットでつながり、会社通勤だけではなく在宅勤務も主流に出来なくはない位ネットは凄い物のはずなのに、悪い面ばかり目立ってしまってとても残念に思います。

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと