人間に生まれて最も絶望なのは自分で終わらせることが難しいこと

うんざり
スポンサーリンク

地球上で最も醜い存在の人間。まさかこんなにもうんざりするとは自分でも思ってませんでしたね…。十年前くらいまではもう少し希望はあったんですが、これも加齢とか色々な原因があるせいか。

生きるだけでもハードな人間ですが、一番きついことは強制終了することができないことに尽きると思うんですよね。

スポンサーリンク

人間だけ自分で最期を迎えられる方法がない

この世には沢山の生物がいますよね。どの生物も自然に最期を迎えられるようになっているんですよ。例えば人間以上にはっきりとした弱肉強食の動物の世界。これは単純に弱い生物が強い生物に食べられるか淘汰されて最期を迎えられますよね。

 

虫だって人間にハエ叩きや殺虫剤とかで一瞬でやられます。

また植物も寿命があり枯れてきたら生を終了することができます。枯れたままで生き続ける植物はありませんからね。

 

だけど人間だけなんですよね。簡単に最期を迎えられないのは。

人間が生物中で1番ハードだと思います。生きることにいちいち意味を見出さなくてはいけないし、何をやるにも面倒くさい作業が山ほどあります。お金が支配するので稼ぐ力がないと圧倒的に不利。その上失敗すると場合によってはSNSやネットで全世界を相手に非難されます。

 

これだけハードなのに寿命は医療がどんどん発達、寿命はどんどん長くなってしまい、90歳越えすら珍しくなくなってしまいました。その上絶望的なのは自分で終わらせたい時に最期を迎える手段がないんですよね。

 

色々調べまくりましたがどの方法も苦痛を伴うか、周りへの迷惑がかかるか…。生きることにも大変なのに最期を考える時まで何で色々考えなくてはいけないのか。

 

挙句の果てには唯一の救いの安楽死もリア充や特権階級に反対され、少なくとも日本では制度確立は絶望的かなと思います。なんで生死両方リア充と特権階級に邪魔されなくてはいけないんでしょうかね…。

人生上手くいかないものだといっても全てが上手くいかなさすぎてメンタルボロボロですよ。

 

 

もし言われたら嬉しい言葉

言葉も短絡化が進んで本来ならいい由来の言葉のはずが、どんどん薄っぺらだったり逆に嫌悪を抱くようになりがちです。

 

その中でも未だ意味が廃れず個人的にも嬉しい言葉はありがとうだと思います。どんな相手でも毒親ですらありがとうときちんと言われると悪い気はしませんから。だけどこれだけ嬉しい言葉でも聞く機会はどんどん廃れていってしまう現代ではそりゃあ心身が荒みますよね。

ありがとうって沢山言われた人と殆ど言われなかった人では絶対に生き方に影響があると思うんですよね。他に私がもし言われたら嬉しいと思える言葉を不謹慎を承知で記載していきます。

 

あと余命1年です

うん、これ言われたら最高に嬉しいですね。その瞬間ニッコリ笑顔になること間違いなしです。だってこれでもうお金のことや自分自身、人間関係について悩まなくていいんですからね。

 

余命が決定された瞬間からなけなしの貯金を使い果たして、今まで我慢してきたことを思いっきりエンジョイし、最期の時にはようやく終わらせられると笑顔で逝ける自信満々ですね。

だから余命を告げられてがっくりしている人は幸せな人なんだなぁと思います。理不尽なことに逝きたい人は短命、逝きたい人は澄明なんですよね…逆だったらどんなに楽だったか。

 

 

もうお金のことを考えずに好きに暮らさせてあげます

ああ、これもいいですね。この10年間ずっとお金のことばかり考えていますからね。気が狂いそうですよ。1番きつかったのは給料を全額以上に母に無心され続けたことでしょうか。やはり生活の基本のお金に無頓着な親はかなりの毒親と思います。

 

もうお金のことは心配するな、面倒を見るからあなたは何も動かなくていい。好きな事に集中しなさいと言われたら本当にいいですね。

 

でもここまでひねくれると本当か?いやウソだろ!と思ってしまう自分。

それにもしお金があってもこんな世の中で生きていたくないなと思ってしまった。お金と安心はいいから終わらせてくださいと思ってしまうかもですね。

 

 

明日で世界(日本)は滅亡します

これもいいですね~何が言い勝手まず自分以外の全員終わりということ。巻き込むなというけどさすがに自然が相手では誰も文句は言えないでしょう。

ここまでの滅亡と言うと隕石か、天災か、核兵器か…。

 

ただ残念ながら滅亡の危機が大きい隕石衝突は数百年はないそうです…隕石の可能性は絶望的ですね…。

後は天災ですが、今異常気象が世界各地で起っていますが地球も凄く忍耐強いですよね。私が地球ならここまで好き放題やらかしてる人類とっとと滅亡させますけど。

 

でも思ったのがこれだけ長い期間破壊しつくしてきた人間に対してあっさりと滅ぼしてくれないような気もします…。

普通の恨みもそうですからね、長い期間積もった恨みほど深くじわじわとしますから。

 

 

なるべく幸福な最期を想像しながら生きる

結局は安らかに簡単に確実に逝ける方法がないから皆苦しんでるんですよね。寿命が長いならせめて自分で終了できる方法が欲しかった…。本当生き地獄です。

だからせめて自分でできることは、できるだけ医療に関わらず健康に悪い生活を送って自分で最期を引き寄せるしかないのかな…と。

 

あとはできるだけ自分が最良と思える最期を想像しながら生きていくしかないですね…

実際にはロクな最期を迎えない自信はありますが(^_^.)せめて想像だけでも安らかな最期を想像しても誰にも文句は言わせません。

 

 

まとめ

人類を誕生させ放置させ続ける神様はいかに無能かよほどの人格破壊者か…と思ってしまいますね。

 

それにしても生物や食物、家電製品だって動かなくなったり古くなったら廃棄されるのに、何で人間だけ色々反対に会って強制終了できないのか本当にそれが原正しいです。

反対派はそれだけ言っても面倒なんか見れないんだから黙っててほしいものです。

 

言われて嬉しい言葉は全部言われる確率が低くてへこみますね。一体いつになったら生を終わらせられるのか、まさか90歳とか生きる訳ないよね…嫌だよ!!と心底願っています。

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと