ネットで初めて叩かれた。へこんだけど逆に新鮮さも感じたよ

うんざり
スポンサーリンク

ネットでの大きなツールの1つに掲示板がありますよね。そこではテーマや質問文に沿って沢山のユーザーが書き込みするので沢山の意見がすぐに分かり便利なものではあるのですが。

 

今日初めてコメントで叩かれてしまいました。初体験です(笑)

 

正直気持ちが落ちましたが、ああこれが叩かれるということかとか、こりゃきついや~と妙に新鮮で達観した気持ちを書き込みたいと思います。

 

 

引用先: kororoさんによるイラストACからのイラスト

 

スポンサーリンク

某掲示板で複数のトピを見ていてコメしたら結構叩かれて驚いた

大規模な某掲示板では複数のトピをお気に入り登録しています。

 

明るく軽い話題から結構重い話題まで幅広く。

 

重い話題は当然内容も沈んでいるので結構きついものがありますが、本気で気持ちが落ち込んでいるとプラス思考な傾向よりマイナス思考のトピの方が安心できるんですよね。

 

これはリアルでも一緒で漫画も本も音楽も落ちまくりのときはかなり絶望系やダーク系のジャンルを読んで心を落ち着けています。

 

で、重い内容のトピであるコメントをしたんですがマイナスが結構ついてしまいまして。

 

正直これマイナスつくだろうなぁ…と覚悟をしながらコメントしたのでさほどショックでもなかったんですが、その後に貰ったコメントにびっくりしたんですよね。

 

正確にはコメントに対してのコメントを貰い、そのコメントに対しての私のコメントの口調が気に入らなかったみたいなんですよ。ややこしい…。

 

私としては気持ちが不快になった人がいたら申し訳ないの気持ちの謝罪だったのですが、それが逆鱗に触れたらしくあなたは不快にさせる性格ですね、とかいきなり決めつけられてびっくりですよ。

 

 

 

謝罪の文章にも叩かれたのでどう言っても無理だなぁと諦めた

荒れまくる流れになったり叩かれている人を見た事はあるけど実際に叩かれたのは今回が初めてで驚き焦りました。

 

とにかくそういう意味で言ったんじゃないことをコメントしなくてはと謝罪したのですが、更に逆鱗になってしまいまして。

 

…なんか何をいっても無駄だな感が半端なくて途中でばかばかしいと言うか…笑えて来ました(笑)

 

リアルでも普通にありますしね。どういっても伝わらない人が。

 

で、リアルと同じ対処法でそっと画面を閉じてお気に入りも削除しようかなと思ったのですが。

 

最後に見ようと再度見てみたらその流れが少し続いていまして。本人不在の間に。

 

謝罪した私に優しい言葉をかけてくれていた人がいるのですが、その人も叩かれたりしてどうにもならなくなってしまい、そのことについてコメントしたかったけどきりがなさそうだったので、そっと画面を閉じました。

 

ばかばかしいと思ったものの正直へこみまくっていたので、優しい人も居るんだなぁ…そうだよねと思い直せたのですが、やはり文字でもリアルでも円満な雰囲気って本当に難しいなぁと痛感しました。

 

 

 

やっぱりネットはやめられないので対処法を考えた

ネットは依存性が強いし自分でも控えた方が良いのは分かるけどやはりメリットも大きいんですよね。リアルでは離せない心家を話せる匿名性とか多数の意見が聞けるとか。

 

でもさすがに今回でちょっと心折れたのでメンタル防御のために、重いトピにはコメント控えます。重いトピだからこそリアルでは難しいお気に入りの場所だっただけに残念ですが。

 

気にはなるのでROMだけにして静観します、と中途半端な対処法…。

 

あとはどのトピでもブログでもちょっときついなと感じる雰囲気になったら即画面を閉じるようにしようかなと。

 

なんとなく見てしまうんだけどその分の時間がもったいないし、目も疲れるので40代は疲労がすぐ蓄積するから長時間同じことはきついです。

 

PCだから設置の面倒くささもありこれくらいで済むけどスマホにもししたら制御できるかな…。スマホ依存が分かるなぁ…。

 

 

 

まとめ

荒らしとか叩きとか聞いても正直他人事の気持ちが多かったんですが、改めてネットの匿名性の容赦なさを痛感しました。

 

リアルでのやりとりも難しいですが、本当に文字のやりとりはどう言っていいか分からなかったり、そういう意味で言ったんじゃないのにな…ということが多いんですよね。

 

ネットの怖さを改めて思ったし最近依存しがちだったので、少し距離をおくいいきっかけと思って難しいけどネットとつかず離れずのやりとりを心がけていきたいと思います。

 

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと