年金制度はとっくに破綻していると思う

うんざり
スポンサーリンク

年金の受給年齢が70歳に引き上げを検討していますね。

ああ、やっぱりなぁと思いませんか。

国は絶対認めないだろうけど、年金制度はもう破綻していると思います。そう思う理由を書いていきますね。

 

引用先:naonさんによる写真ACからの写真

 

 

スポンサーリンク

納付率が低いのは月の納付額が高すぎるから

年金の納付率の低さはずっと以前から話題になっています、最近では6割くらいとか。

少しでも払う時期が遅れると即電話が来ますからね、あれは恐怖です!

しかも玄関にまで来ましたからね。

 

貰う時はものすごく複雑な手続きと数日かけるのに、支払いはあきれる位迅速にやってくれますよね。

 

税金は年金を含めて国民の義務ですから、払わなければいけないのは分かります。

ですが、払いたくても払えないと言う人が圧倒的だと思います。

 

何故かと言うと答えは明白。

 

 

納付額が高すぎる。

 

 

月16410円ですよ。

政治家にとっては164円くらいの感覚でしょうが、年額ならまだしも月額でこれはかなりの大金です。これだけの額があったら結構他に仕えますし。

 

 

年々高額になりいずれ20000円くらいになるんじゃないかなと思います。

 

そして貰える額は払った額と同額かそれ以下じゃないですかね。

それなら無理して支払わないで貯金しておいた方がいいと考える人が多いのも無理ないと思います。

 

 

ちなみに年金払えない人は市役所に免除申請するといいですよ。これは世帯主と同居していても扶養家族でなければ受付してもらえますから。

 

申請すれば精神的にキツイ督促もないので気持ちが楽です。

 

 

 

国が無駄な使い方をしているから信用がない

納付額がやや高くても国が税金をしっかり使うべきところに使うのなら少し無理してでも払うと思います。

 

消えた年金問題はもう解決したんでしょうか?あれからさっぱり聞きませんよね。

 

徴収した税金の使い道でなんか景気回復とかに役立った事ありましたっけ?私には覚えがありません。

 

政治家の特権階級や議員定数を減らすと言うのもなかったことにされてますよね。

 

庶民には余計な口出しや決めつけばかりしているのに、自分たちは全く痛みを感じない。

 

改革とは名ばかりで骨スカスカの政治方針。

 

自分のお金のようにばらまき政策していい気になっている政治家たち。

 

政治家と言うより人間としてどうなの?という資質の政治家たちばかり。

 

 

こんな人たちが支配している年金制度だからね、いやになってしまうんですよ。無理して払う価値あるの?と。

 

高い税金で低い保障の年金制度なんて最悪ですよ。

 

 

 

低所得の現役世代が高所得の高齢者を支える図式が訳分からない

年金は自分がもらう為ではなく高齢者を支える為の制度と綺麗な言葉をききますが、凄く豊かな高齢者多いですよね。

 

穿った言い方したくないけど終身雇用制がきっちりされていて給料は普通に働けば定年まで安心してもらえて退職金も普通にもらえて…。貯金もしっかりする事が出来た高齢者がほとんど。おれおれ詐欺に騙されてしまう位ですからね。

 

でもそんな裕福な高齢者までなんで低所得の現役世代が支えなくてはいけないんでしょうか。

 

年齢ではなく所得で税配分を決めてほしいです、本当。

 

勿論高齢者の中でも年金でやっとの人も居るだろうし、そういう人たちまでとは言いません。

人それぞれの事情があるので。

 

 

少子化があれだけ叫ばれているのだから、若者が高齢者を支える図式ではなく高齢者同士で支える、裕福な高齢者は逆に若者を支えると言う図式に変える時ではないかなと思います。

 

 

 

払った額を返して自分たちで何とかする方がよほど分かりやすい

受給年齢の引き上げが順調にいけば…私の頃には80歳くらいになってそうですね。

 

人生100年とあれだけ謳うのは受給年齢の引き上げへの自然な流れの為かなと思いましたが、的外れでもなさそう。

 

 

正直ね、働きたくないと言う人が殆どなんですよ、でも生活の為に我慢してるわけで。

それを定年制伸ばすと言ったって健康で働ける場所がある人はいいけど、そこまでの余裕は企業にも働き手にもないと思います。

 

働け働け死ぬまで働けと言っているようなものです、生き地獄ですねこの国は。

 

意地でも国は年金制度が崩壊とは言わないでしょう。

受給年齢をどんどん引き上げるか、支給額を下げて、納付額を上げる…これ理想の年金制度と全く逆なのが笑えます。

 

本当は受給年齢が60歳くらいで、支給額を上げて納付額を下げるのに…。

 

 

ドヤ顔で生涯安心の国民年金と広告しているのが余計に不愉快です。

 

いっそ支払った今までの額を返してほしいです。

それからはお得意の言葉の自己責任で、と言われた方がよほどスッキリします。

 

 

 

まとめ

月16000円超えの年金納付額ってどう考えても高すぎませんか?

 

これを毎月払えと言われても無茶言うなと言うか。

払えるのに払わないのはダメですが、免除申請したら今の生活を切り詰めてまで払う必要はないと思います。

 

優先順位はあくまで今。

もうね、時代と共に制度を見直さなければいけないのに、どんどん悪化しているのがもう絶望的ですよね。

 

年金はきちんと払いましょう、安心の制度ですという言葉を聞く度に、

へっ!とやさぐれた反応してしまいます。

国が安心とか勧めるほど安心できませんからね。

 

年金制度を聞く度にその頃まで長生きしたくないなぁ…せめてラストは安らかに逝きたいなぁという思いがどんどん強くなる今日この頃です。

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと