燃え尽きています

うんざり
スポンサーリンク

以前にもまして特に自分自身への虚しさが加速しています。今年明け早々から毒父との同居のメンタル限界で始まったけどまだ個人内の問題でした。でも今では国中が病み国になってしまい、政治家がクズなのは分かっていたけどそれ以上に国民同士が争い丸出しになってしまったのがかなりきついです。

 

弱者叩きが凄いのはもうずっと前に分かっていたけど、コロナで確信して醜態を見せられ続け、所詮人なんてこんなものかと、こんな人たちの言うお綺麗ごとや苦言などをかなりの間信じてしまった自分の馬鹿さ加減にも虚しくなってしまいました。

 

日常動作でも今までは最低限の掃除とかは定期的にしていたんだけどどんどん面倒になり、やらなくてもいいならもう何もしたくないし布団から出たくない、もう楽になりたいと思う日々です。これが燃え尽き症候群なのか分かりませんが、とっくに燃え尽きていたようなものですし名称もぴったりなので、今回は燃え尽きた原因を書いていきたいと思います。

 

引用元:Lars_NissenによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

奴隷国の本性がはっきりした

緊急事態宣言で今までより自粛要請の場所が増えてしまったわけですが、ここまでしても目に見えないウイルスに勝つことは不可能で、逆にどんどん倒産や廃業、心の患者が増えるだけなのに間接的打撃は全く重く見ない権力者らしい発想にうんざりです。

 

結局国にとって国民、特に平均以下の国民は奴隷でしかなかったということ。だから国の責任は放棄し平気で個人で2,000万円貯めなさいとか言えたわけです。これだけ打撃が分かりきっているのにまだオリンピックを中止にしない上に、休業補償と偉そうに言うけど対象は断定的、しかも自分たちの給料を下げましょうとは一言もなし。自分たちの特権階級は維持したまま弱者の行動制限ばかり国民の為と声高に言っているだけ。

 

コロナが収束したとして自粛が解けても、はい、では日常に戻りましょうなんてそんなすぐにリセットできる訳がないことが分からないんでしょうね、なんでも根性論の人たちには。これだからメンタルでくるダメージの重さを知らない人は嫌なんですよ。…はぁ…。更に心底がっかりしたのが日本だけではなく世界中が鎖国状態なことです。結局この世に国民に優しい国なんてないのかなと失望更新しています。

 

 

自己責任と断定していた人たちこそ痛い目にあえばいいよ

今回の騒動で多くの失業者が出ると思います。いつも以上に黒い意見になってしまいますが、今までなんでも自己責任とぶった切っていた人たちこそ痛い目に合うといいなと思います。

 

就職氷河期世代やリーマンショック時の悲鳴も他に成功した人はいる、時代のせいにするなの自己責任、毒親被害を訴えても親にきちんと向き合わない自己責任、いじめにあってもいじめられる方が悪いの自己責任、失業しても自分の力不足の自己責任、ニートや無職、生活保護対象者になっても自己責任、と散々自分の責任と言ってきたわけですから。当然コロナが原因でも自己責任ですよね?自分の力で解決してください。

 

 

日常で鎖が増えてしまいがんじがらめ状態

日常で自由がますます無くなって本当息苦しいです。毒父も仕事が暇だから早めに帰ってくるしそれもいつか時間がはっきりと分からないから落ち着きません。毒父はじっとしていることが苦手なので今回の外出規制で唯一の図書館も休業で行くところがないので、退屈で不満オーラが伝わるのがしんどいです。図書館の貸し出しサービスはしているんだからネットで予約方法とか覚えておくとか古本でも買っておくとかしていれば良かったのに、他の方法をせずただイライラしているから余計にうっとおしいです。

 

やはりインドアとアウトドアどちらも適度に趣味があるのが1番ですよね。どちらか偏っていると制限された時に大きくストレスになるし。

 

それでもギリギリ毒父の職場の契約更新が間に合ってよかったです。コロナ騒動になってからではさすがに契約止めだっただろうし、そうしたら毎日1日中一緒でそれこそ地獄ですからね。今回の自粛でやはり毒父と1日一緒は絶対に無理と痛感しました。

 

 

まとめ

今まで私なりに頑張ってきたけど偉そうに言っていた人たちは結局こんなものかと性根がはっきりしてしまい、多くのことがばからしくなってしまいました。無気力に拍車がかかってしまい今一応日常の事はしていますけど面倒くさくて仕方がないです。

 

ただブログ記事を書くのは吐きだしの意味も含めて楽しいし、必要最低限の家事は毎日あるので全く寝て過ごすことは出来ないのでとりあえず生活していますが本当底辺メンタルの日々になってしまいました。友達いなくて良かったし結婚や出産なんてしていなくて本当に良かったです。寂しいと思うこともごくたまにあるけど、気遣いとか責任が必要になるので面倒くさいの方が勝ってしまっているので。

 

薄っぺらい哲学言葉のようになりますが人生は本当虚しいですね。ピンポン玉位の元気玉で壊滅的状況なのに、まだ日本は大丈夫と楽観、国はしっかり補償してほしいと信じている人たちのメンタルが凄すぎます。国の恩恵なんて今まで全て素通りで税金払うだけだった私には考えられないけど、生きたいと思える人とはやっぱり根本的な考え方が違うなと思いました。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと