コロナ排除ではなく共生の道を示して早く自粛を解除して!

うんざり
スポンサーリンク

久しぶりの更新です。生理痛でずっとへばっていました…。生理が毎月あるだけで女性は本当相当なハンデなんですけど…。激痛の3日間が終了しても7日位まではナプキンの準備は欠かせないし面倒くさくてイライラ。だるま落としみたいにお腹をぽこんと落としたいと毎回思います。そして飄々としている毒父を見ると代われ!この野郎――!!と思います。

 

ようやく回復したのでご褒美に(ご褒美のハードル下げまくりだけどお金使ってでも外へ出ないとやってられません)1人ランチを。どこのお店にしようかその時の気分で決めるのですが、地元でも意外に知らないお店は結構あるんですよ、同じような場所しか行かないので。ランチの店の基準は1人で入りやすいことと価格です。口コミを見て良さげなお店に行ってきました。

 

引用元:OldiefanによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

長年住んでいる地元でも意外に知らないお店が多い

自粛要請期間中で団体客が減っている今なら、普段1人では入りにくい店も入りやすいかもしれませんね。ただそれでも気後れしやすい雰囲気のお店が多いのでなるべく平時でも1人で入りやすいお店に入りますが。

 

地元は意外な場所にぽつんと個人店があることが多いです。地元に住んで40年ですがつい最近まで知らなかった、行ったことがないお店も結構ありますし、今日は口コミでも評判のいいレストランに。新しいお店へ行くのはうんざりでマンネリな日常に程よい新鮮さが入るのでとてもいい気分転換になります。

 

平日とはいえ12時台にお客1人で私が帰るまで誰も来ませんでした。う~ん、現在だからかいつも通りなのか…。でも店内はナチュラルな雰囲気で静かな音楽、スペースも十分で落ち着いていて心地良いです。メニューは少なくて写真もないので想像ですがどれも美味しそうでした。

 

迷った末に口コミ評判の良かったハンバーグランチに。ハンバーグが箸で余裕なほど軟らかくて見た目にはこじんまりですが、ライス、ハンバーグ、スープ、飲み物がついて980円の良心的価格、味もよし、ボリュームも十分でした。

 

会計は年配の店長がされましたが、とても穏やかで丁寧な優しさに癒されました。家では常に支配者が居ていつも優しさに飢えているのでうっかり惚れてしまいそうです(笑)メニューがとても少ない分決めやすいのもいいですし、お気に入りの店のひとつとなりました。ランチコースも他のメニューも是非食べてみたいです。それにしてもいつもあのくらいのお客数なのかが気になるところ…。

 

元々閑散としている地元ですがやはり休業の貼り紙が多いです。居酒屋とスナックは問答無用で休業ですし。どちらも興味はないですが拠り所にしている人や、堅実なお店とかは本当にとばっちりですよね…ミスター味っ子や味皇様が嘆くほどですよ。

 

近所のカレー屋さんのひとつに今月一杯休業の貼り紙がしてありましたが、来月には元気に帰ってきます~!という内容が書いてあり、本当に来月戻ってこられるのかなと、心配している余力などない私ですが切なさを誘います。それにしても今更ですが飲食店は普段から全ての業種の中でも衛生管理が徹底している筈だから休業要請が本当に必要だったのか今でも疑問です。

 

 

暑くなってきたけどマスク率は変わらず9割くらい

スーパーへお使いに。まだ入り口でのアルコール消毒に慣れません。店員は勿論お客もスーパーへ着くまでもマスク率が依然高いです。今日も暑めだったのでもしかするとマスク率低いかもと思ったのですが、マスク率が下がるのは30度位ですかね…。マスクをしていると店員さんの声も聴きとりにくいし自分の声も通りにくいので結構大変です。店員さんも声を張り上げているようだしストレスと思います。

 

あとレジの列の停止線も微妙な位置にあるんですが…。そのまま並んでいたら邪魔になるのではという位置なので待っている間他のお客の邪魔にならないかかなり緊張します。会計の受け皿も長年手に渡される習慣だったので、ついずっと待っていてあっそうか受け皿かと思い直します。長年の習慣は中々抜けませんね。

 

 

まとめ

片田舎だけど地元の県は首都圏なので宣言解除は東京と同じく最後の方でしょうね。一刻も早い解除を願いますが、まさかの来月延長もあり得なくはないから本当勘弁してほしいです。

 

正直うぇ~い系やパリピ系が制限されるのはどうでもいいんですが、1人でも落ち着けるお店こそが休業や時短営業になっているので本当きついです。お持ち帰り推進と言っても店で食べるのと家で食べるのでは違うし、家で食べたらごみの処理が結局大変だし却ってストレス溜まります。

 

マスクも暑いから今日外そうかなと実は思っていたのですが、コロナではなく人が怖くて防御しているようなものです。たまにしていない人はいますが車で降りて少しの人位で。していないとどんな目で見られるか分からないと言うか…

 

テレビでの気の緩みとか不要不急やステイホームの言葉も大嫌いだし、おうちで〇〇しよう!系のポジティブ思考の番組もますます嫌悪感が。仕事が変わらずあるあんた達はいいでしょうよと思ってしまいますし、もともと芸能やテレビ好きではないですが、今回自粛自粛と声高に言っていた人たちは軒並み嫌いになりました。

 

緊急事態宣言が多くの地域が解けましたがそれでも客足が一気に戻ることは難しいでしょうね。それにしても県外からコロナを持ち込まれるのは怖いけど売り上げが…とか感染するのが怖いと言っている人達はちょっと勝手すぎではないですかね。ここまで蔓延してノーリスクなんてありえないし言っている自分だって感染している可能性があるのだから。

 

コロナがと言うより感染者を始めとする排除思考が減らない限り、コロナが収束に向かっても日本が住みやすい国になることは難しいと改めて思います。

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと