女性の方が楽でいいなと本気で思っている男性は破局カウントダウン

うんざり
スポンサーリンク

前記事で人間に生まれたくなかったと書きましたがもっと言うと人間の女性に生まれた時点でハードすぎます。男性になったことはないので偏見も多々あると思いますが、なんだかんだ男社会の日本では女性はハンデが多く男性の都合のいいお相手に扱われてしまうことが多いと思います。

 

典型的なのが老害政治家の女性蔑視発言ですが、男性管理人のブログや新聞の男性の投書や女性の相談を読んでいてあまりにも男性の横暴さや勝手さにイライラしてしまいまして…。ここでは女性に生まれて損でしかない点をいくつか書きだしたいと思います。

 

引用元:OpenIconsによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

女性に生まれたくなかった大きな理由は生理があること

まずこれですよ。男性でも女性には毎月生理があることは知っていると思います。当然男性は生理になることがないのでこの苦しみが分からないのは当然ですが、生理があるだけでも本当毎月苦痛で仕方がないのに、苦しんでいる傍で飄々としている毒父を見ると生理を移したいわコノヤロー!!と毎回心の中で叫んでいるほどです。

 

どの女性も必ず訪れる回避不可能の苦行

生理が始まる年は個人差がありますが大体小学校高学年から中学生くらいが多いようで、始まってから平均50~55歳まで妊娠時以外ほぼ毎月来ます。女性である以上必ず来る苦行が40年も続くという…何の罰ゲームでしょうか。病気ならある程度は予防できますが生理は全女性に問答無用でくるので防ぎようがありません。性別で誰にでも来る症状は生理以外ないですよね…。

 

 

毎月半月は不調

生理の症状も個人差はありますが殆どの女性が不調です。それも生理中の7日間前後にも腹痛や腰痛などの症状があり、その分を含めると半月は不調なんですよね、きっぱりと終わらずだらだら出血時もありますし。

 

生理本番中は私の場合は鎮痛剤も効かない時は転げまわるほどの痛みなので仕事どころか日常生活すらままならないので、生理が近くになると本当憂鬱で仕方ありません。終わった直後にすぐ元気になる訳でもないですし。

 

意識高い系のサイトでは女性に生理は不可欠♡ときらびやかに言っていますがそれどころじゃねーよ、子宮なんかいらんわ!と早々に思っていました。ようやく生理が終わる閉経後は更年期障害が大変らしいとか…結局生理があっても終わっても苦痛からは逃れられないんですよね。

 

 

ナプキン代など経費はかかり面倒くさい

生理用品の代表格のナプキンの出費が本当痛いです。出血量が多いと頻繁に取り換えるし大きいサイズを利用するので高めのナプキンを毎日複数購入…これだけでお金がどんどん飛びます。必ず使用するものなので消費税据え置きにしてほしかったですよ。こればかりは節約のしようがないけど、酷い毒親の場合使用数すら制限するそうですね…恐ろしい。

 

手間からも生理中はとにかく面倒くさいです。ナプキンを堂々と持っている訳にはいかないのでポーチなどに隠して持参したり、出血の臭いが気になったり、生理用品入れがない所もあるし、トイレの使用後はより気を使うし…。これだけの面倒くささが毎月必ず訪れる時点で女性は男性よりはるかに苦痛だと思います。

 

生理痛が悪化すると婦人科を受診もありえますし内診は相当嫌ですからね。そんなこと言ってられないでしょうという女性の意見もありますが、これだけ医術が発達しているのにキツイ検診内容がどうにかなる気配がないのが…無駄に延命治療とかの発達ばかりしないでこういうことにも考えてもらいたいです。

 

更には酷い生理痛で仕事を休んでも有給休暇が取れればいい方で仕事状況によっては恨まれますからね…勿論生理痛でと理由は言えませんし。時給制だとその分の給料は当然減りますし物凄いハンデです。

 

 

家事も育児も介護も問答無用で押し付けられる

世間でも男性管理人のブログでも仕事がなくても女性は家事手伝いがあるし結婚の選択があるからいいという意見をたまに見るのですが、こういう男性は離婚や決別のカウントダウンが始まっていると思ってください。今時まだ家事は女性がやるもので、結婚が女性の幸せと信じている方が多いことに幻滅です。

 

いや、家事位男性もやりなさいよ。なんで給料はないのに毎日やらなければいけない面倒くさいことを女性がやるって決めているんですか。自分がやりたくないだけでしょう。そんなだから男性が一人になると言えのことがロクに出来ない悲惨なことになるんですよ。

 

最近も85歳の高齢者の投書に奥さんが体調不良を先日して初めて家事の苦労が分かったとあったけど、定年退職後にすら家事奥さんに任せきりとは…。なんで母親や奥さんや彼女が体調不良や離婚などで家事どころか生活できなくなることを予想しないのかが不思議なんですよね。まぁそれだけ尽くしてくれる奥さんは離婚させないほど洗脳されている可能性が大ですが。

 

他にも65歳の男性が炊事洗濯は女の仕事だ!と偉そうにしている投書もありましたが、奥さん不在になり痛い目に合えばいいと思います。特に男は仕事、女は家事と凝り固まっている高齢者に多いと思いましたが、恐ろしいことに結構若い世代で兆候がある人もいるようで…。きっと母親が全部やっていたんだろうなと思ってしまいます。家事をしている方は余程の家事好き以外は家事の大変さが分かるから女性に押し付けて平気でいられませんからね。

 

育児も育休をとった旦那さんについての奥さんの相談で家にいるだけで育児をしてくれない上に指摘すると怒鳴られる、これならいない方がマシという意見が載っていましたが、まだ結婚間もないだろう段階でこれじゃ夫婦の仲これから溝深まるだろうなと思います。まぁ旦那さんへの不満は正直選んだ奥さんの責任とも思うからどうでもいいですが、子どもが可哀想に…。捻じ曲がらないといいですが。

 

結婚や出産を何とか回避できても今度は老親の介護が待ちうけて、介護も何故か女性がやるべきことと考えている方が多いですからね。もし息子と娘や嫁がいたらほぼ間違いなく娘か嫁が介護担当でしょう。育児や介護は女性が少しでも一休みしただけで男性以上に叩かれますから、全く理不尽なものです。

 

 

お金がかかるし面倒くさいことばかり

女性に生まれてよかったことのひとつにお洒落があり、女子力低い私でも服や化粧品、雑貨など女性用は可愛いく綺麗な物が多いから気持ちが軽やかになります。けれども美容などに興味がなくなった途端本当面倒くさいことだらけです。

 

まず肌や髪の毛の手入れは男性以上に気を使いますし、服装も上着などは安い物で十分なこともありますが、ブラジャーなど女性ならではの下着が地味に面倒くさいです。良い物ほど当然高いですし、日中必ずつけなくてはいけないのでとても面倒くさい。夏場暑い時など男性はシャツ1枚に慣れるけど女性は暑くても我慢しなければいけないですし。

 

男性はお洒落などは最低限で清潔感を優先していればいいけど、女性はお金と清潔感と見栄え、面倒くささとどんどん加算されますからね。意識高い系の方は苦ではないでしょうが、意識が最底辺の私のような女性には辛いのではないかと。

 

 

仕事の幅が狭く給料も低いところが多い

仕事の幅も女性の方が圧倒的に少ないです。女性の方がどうしても力が弱いので力仕事はほぼなし。給料が高い系の仕事はほぼ男性のみで月給も少なく時給制が殆ど。ようやく応募できる仕事を見つけたかと思ったら男性以上に年齢で不愉快なことを言われることが多いです。

 

例えば20代は結婚してすぐ辞めるんじゃないのと言われ、30代では今まで正社員になれなかったのと言われ、40代では年下の社員ばかりとか、介護が始まるんじゃないのかと言われ…じゃぁいつ働けと??男性はそんなことはほとんど言われないのに不愉快でたまりませんでした。本当はこれらの質問はパワハラに当たるのですが言われなかった会社がないほど必ず聞かれていましたね。

 

仕事大好き!では全くない私ですら不快感があったので、保守的な日本を見限って外国に行った有能な女性の行動に強く納得します。

 

 

女性が被害者の事件が多い

レ〇プ事件やセクハラ、痴漢、マタハラなどとにかく男性が加害者で女性が被害者の性事件が多くて気持ち悪いです。好きでもないおやじに迫られて断れない状況や立場を利用した加害者は確定した時点で全国区に実名公表すればいいと思います。痴漢は冤罪の可能性が少しありますが。

 

想像しただけで本当気持ち悪すぎです。なんで被害者の女性が泣き寝入りしなければいけないのか。自分たちだって好きでもない女性に事件に発展するほど無理やり言い寄られたりしたら気持ち悪いでしょうに。同じ目に合えばいいんですよ。でも性事件は圧倒的に被害者が女性なんですよね。

 

 

まとめ

女性の方が大変な理由を女性視点から書いてきましたが、男性にも特有の悩みや病気があるのは分かります。なので正直性別関係なく、女性はいいよね~と見下すタイプは大嫌いです。

 

男性でも気配りがある方は思いやってくれるだろうし、女性でも同性ゆえに攻撃的や無神経な方は沢山いますから。特に生理痛は自分が軽いと重症の方が考えられないらしく、不調を分かってくれませんから。だから婦人科も却って女医さんより男性を選ぶ方も多いとか。

 

それにしても男性優位の社会の日本では女性に生まれついた時点で不利なことが沢山ありすぎです。これなら中途半端に男女平等なんてかかけずに、昔のように男は仕事、女性は家でに決まっていた方がまだ分かりやすかったのでは。私のように非結婚派は仕事の幅を広く設けてもらうなどして。

 

女性に仕事も家のことも押し付けすぎなんですよ。少子化も女性がこんな日本では産んで育てられないというNOの表れと思うのですが、権力太りの政治家にはこれっぽっちも分からず産めよ増やせよしか頭にないんでしょう。

 

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと