自粛と言う名の強制

毒親
スポンサーリンク

春高校野球選抜が戦中以外で初めての中止に。運動系に全く興味がないですがやはり選手たちは気の毒ですね…今年しか機会がない人もいるだろうし来年も同じ状況でできるか分からないから。

 

どんなことでも絶対はないので開催中止は不運としか言いようがありませんが、今回が更に気の毒なのが天災に見せかけた人災の巻き添えと思うからです。どう見ても選抜を始め一斉の学校休校や施設とイベント等の休業は悪影響しかないしやらなくてもいい政治家たちのパフォーマンスにしか思えません。震災のように天災でどうしようもないならまだしも、とばっちりのようなものなんですよね。

 

そもそも自粛とは自分で進んで慎むことだから、自粛ではなく強制や脅迫と思います。ましてや何の効果もないだろうし、封じ込めようとして逆に拡散や悪い影響しかないのではと。そして今回の全国的な自粛の影響が私個人にも振りかかってきました

 

引用元:Sandra GabrielによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

毒親育ちを始め家が地獄の人には更に地獄となった

遊園地など娯楽施設を始めとする不特定多数の人が集まる場所が続々と休業していますが、地元の図書館が遂に窓口業務以外休業になってしまいました。無趣味の毒父にとって図書館は数少ない外出場所です。

 

コロナ感染が広がる中で高齢者を外に出すなと言う風潮ですが、素直に聞くような相手ではない上に、無責任と言われてもずっと毒父が家に居ては私の方が狂ってしまうので外出を特に止めることはしませんでした。

 

3月いっぱいの休業だけど延長もあるかもしれません…。毒父にとっては時間つぶしの場所が無くなったくらいですが、私にとっては毒父と一緒の時間が増えてしまいメンタルに追い打ちが。更に午前中の仕事も休止になったらどうしようと今から恐ろしいです。続々と嫌な予感的中していますから…。

 

毒親のような性格破綻者と同居していて常に家が地獄の方には、今回の外出自粛要請は更に地獄です。被害者の方が外出すると言う緊急手段すら、休業等で行く場所が制限されてしまっているから。本当にお使いなど最低限位でしか離れられないので、ストレス解消ができずに我慢の連続で余計に気力が減ってしまいます。

 

電車でもマスクをしていてすら咳やくしゃみひとつで周りから一斉に睨まれるとか…恐ろしい。花粉症や軽い風邪などの理由もあるだろうに。それでいっそ殺されるならまだしもメンタルずたずたにやられるだけですからね。これだけ他人にマスクや咳なしなど強要する人たちは自粛延長になってもずっと同じ態度なんでしょうか。ある意味凄い生命力だけど周りはたまったものじゃないです。

 

 

毒親育ちは無期限で親をサポートしなければいけない?

今日損害保険更新書が届きました。火災保険などの住宅には必須の保険です。確定申告書等面倒くさそうな書類が届く度にいつものように私にぽ~いと投げ捨てます。確定申告がようやく終わったのにまた書類か…とため息ですが、更に追い打ちをかけたのが確定申告での還付金振込のお知らせのはがきは私に渡す前にちゃっかり毒父が確認していたことです。

 

手続きとかの書類は一切スルーなのに還付金など自分に都合がよさそうな情報の葉書はしっかり自分で確認しているところがまた腹立ちます。毒父の年金と収入分だし毒父宛ての書類だから本人が確認することは当然なのは分かりますが、ちゃっかり都合のいい情報だけは確保しているのかこの野郎感でしかないです。やはり毒父が面倒事は一切やらない性格だからでしょう。

 

毒父のようなタイプの親に産まれた子供は死ぬまでずっと親をサポートしなければいけないのでしょうか?いや、今日の損害保険のように殆どの物に有効期限はつきものです。滅多に無期限なんてないし、ましてやサポート関係は有効期限ありの物ばかり。だから毒親サポートも期限があっていいはずです。

 

毒親保険とかあればいいのになぁ…。毒親が蔓延する現代では結構需要はあると思います。1日いくらかでも給付金とかあればまだ我慢できるかもしれないのに。産まれてから40年以上、姉が嫁いでから一人で毒親との同居が10年、毒父との同居が4年…サポート期限はもう満了してもいい位の年数ですよね。

 

 

まとめ

東日本大震災時と違い多くの人が流石に国のドタバタ政策にうんざりし始めたのか、報道の方を自粛し始めたのはとてもいいと思うし、人混み以外の場所へ行くようにし始めたのも大賛成です。致死率100%でもあるまいし風邪程度のウイルスでこんなに制限されては当然息が詰まりますし、制限への我慢の悪影響の方が余程悪いです。

 

個人的にコロナよりノロウイルスの方が余程恐ろしいです。数年前にかかったのですがあの苦しみは今でも忘れません。何せ半日も体の上下で嘔吐と下痢がマーライオン状態なのでトイレに閉じこもりでしたからね。ノロ蔓延とか言ったら全力で逃げます。インフルなども嘔吐と下痢の症状はあるでしょうがノロほどではないと思うし、高熱できついとはいえ一応安静に出来る分ノロよりはましです。

 

だから高齢者や一部の人たちの死亡者や感染者が蔓延しているとはいえ症状自体はほぼ風邪だし、できることはうがい手洗いと除菌で後は個人次第ですよね。無意味な自粛にうんざりして落ち着いて行動できる方が増えるといいんですが、コロナヒスが多いですからね…。

 

毒父のようなタイプは手続きなど面倒事をやってくれる人がいなくなることを少しも考えないから凄いです。それこそ危機感がないですよね…。コロナヒスもマスクをしていない、売っていない、外出している人に危機感がない!といちいち発狂しているけど、自粛の意味を取り違えているし、コロナ以外の病気にかかるか亡くなる可能性も常にあることをすっかり忘れているのでは?もし自分が発症したら人のせいにするんでしょうね~。

 

暴言を吐かれた方が病むことや恨まれる可能性を少しも考えないのが凄い。きっとたいした予防策をしていないだろうに、コロナヒスこそ危機感がない証拠だと思っています。いずれにせよ絶対に関わりたくないタイプですね。

 

震災時より酷いヒス状態と聞きますが元々人間なんてこんなのでしょう。震災時も被災者に対して酷いいじめ等が多くありましたし。震災時がまだ地域が限定しているからこその余裕で、今回のように全国規模で自分に振りかかるとなった途端ですからね。

 

今回のコロナ騒動では今まで限定や隠れていた兆候が浮き彫りにされた気がします。コロナヒスによる決めつけなどの被害も以前からの弱者叩きとまるで同じだし、国によるとんちんかんで保身しかない政策も同じく。緊急時は人の本質が分かりやすいと言うのは本当ですね。自分も決して人格者や善人ではない底辺人だけど、ここまで全国的に腐りきっている人が多いことがよく分かりました。

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと