人生100年時代なんて地獄の言葉でしかない

うんざり
スポンサーリンク

平均寿命が女性は87歳という恐ろしい結果があるのに、更に絶望の言葉の人生100年時代なんてことさやしかもポジティブな意味合いで聞かれるようになりましたね。

スポンサーリンク

人生100年?50年位がいいのにその倍?

人生100年時代…正直今を生きるのに一杯一杯な私には地獄へ突き落す言葉でしかありません。

 

 

そもそも人間を始めすべての生き物はずっと健康で元気に生きる事なんて不可能なんですよ。

どんな生き物だって体力や気力が低下します。

 

家電製品や物だってずっと丈夫な物なんて殆どないのに。

それを今の時点でハードなのに更に100年?

 

 

勿論長生きしたい人はいるでしょう。

だけど長生きなんて望んでない私には100年なんて恐怖でしかなりません。

 

 

それを声高に良い事の様に叫ばれても全く無意味ですね。

50年位が丁度いいと思います。

まだ体も元気だろうし、とりあえずやりたい事はやった後は余生で…と区切りもつけやすい。

 

 

100年なんて安定の会社員すら65で定年としても35年は自力?

なんでも自己責任の効率化重視の世の中には100年なんて生きても絶望でしかないですね。

 

 

厚労省のHPなんて見ると突っ込みどころ満載。

一億層活躍社会?奴隷の様に働け!って事ですね。

経済事情に関わらず頑張れる、いくつになっても学び直しが出来る、再チャレンジできる…。

 

 

やり直しが出来る人は本当に限られた政治家のような特権階級だけですよ、少なくとも今の時点では。

 

 

健康で金持ちならいいけど生き残りたい願望がない

人生100年で喜べる人って羨ましいです。そこまでやりたい事や生きたい願望があるってことですから。

 

 

100年…正直底辺人生に飽き飽きですからね。

 

 

いつでもあの世へ行きたいけど自力では怖いから踏みとどまってるだけだし。

あとは好きな漫画や本の続きが気になる事と美味しい物もう少し食べたいな~位。

 

こんなもんですよ。

あとあの世へ行く方法を探すのも結構疲れますし見ているだけでへこむし。

かなり消極的な心情で生きているなぁ…自分。

 

 

羨ましいのが年配の世代。

 

俺はそんなに長生きしないからよと自信満々に言えるその心はどこから来るんだ??と。

寿命が分からないから不安で仕方ないのに。

前は言い返していたけどもう面倒臭いし不毛なのでイライラしながらスルーです。

そしてこういうタイプほど我がままやりたい放題して長生きするんですよ。

 

 

寿命を自分で決められたり選択できたらいいのに

生きる上で苦痛な要因の一つに老後があると思います。

 

 

今働いている人も老後まで働けるとは限らないからその備えを考えなければいけないですよね。でもそれが苦痛なんですよね。

 

いつまでの寿命か分からないし。

終わりが見えない事の辛さ半端ない。

 

 

いっそ寿命が自分で分かればいいのにと心底思います。

 

寿命が短ければ割り切って残りの人生生きられるし、

長かったらやっぱりお金は必要か…と諦めついてもう少し収入を得なければと覚悟が出来るし。

 

またはある程度の年齢までいったらどの年齢をENDにするか決められたらいいなぁ~、そしたら終わりが見えるだけ楽になれるのになぁと思います。

 

あ、今迄自分なりに苦痛だった分終わりは楽に逝かせてほしいですね。

これ本気で願います。

 

 

まとめ

人間長生きしすぎなんじゃないかなと思います。短命とまでは言わないけど長いからこそ人生に飽いたり余計な事を考える事が増えてしまうんではないかと。

 

明日の事も分からないのに寿命の事まで考えても仕方ないですけどね、

余計な事を考えてしまうこの面倒臭いくせがしんどいです(+_+)

 

まぁいつ寿命が来てもいいように(どうしよう、これ何十年先も言ってたら)、

今のうちに美味しいものやしたい事をしておこうと日々言い聞かせています。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと