どこが閉店するか分からないので行っておきたいお店へ行っています

うんざり
スポンサーリンク

コロナ対策で呆れるほどの愚策続きですが最も酷いのは緊急事態宣言の自粛要請だと思います。GW明けに収束なんてしないだろうし、しれっと延長するか無理やり解除してもまたすぐに自粛させるでしょう。自分たちはそれほど自粛していないのに何でこっちばかりが強制的に閉じ込められなくてはいけないんでしょうか。

 

家が地獄で数少ない息抜きの外食が制限されてしまったので本当キッツい。家が地獄じゃない人には持ち帰りはいいだろうけど、折角の食事でも家でだと美味しくないんですよ…。地元もしばらく休業の店が増えていてどこが閉店してもおかしくないので、行っておきたいお店へ今のうちに行っておこうとランチに行ってきました。

 

引用元:S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

閑散とした店内で切ない

私は地元が好きではないですが、長年続いた昔ながらの雰囲気のお店や自分がお気に入りのお店はあって思い出深いお店が数軒あります。こぢんまりとした個人店が多いので政府の余計な緊急事態宣言の為に閉店の危険性が高いので、久しく行っていなかった定食屋さんへ行ってきました。

 

11時過ぎに入ったのですが店を出る約1時間私1人の貸し切りで切ない…。以前は仕事人とか沢山で満席だったのに。平日とはいえ金曜日の開店後の時間帯で私だけとは…。老夫婦でやっているお店で前に居た従業員も解雇したのかな…と。お年だしもしかしたらコロナ前からかもしれないけど、愛想が良い昔ながらの店なだけに閉店したらやはり寂しいです。

 

この店のかつ丼が好きなのでかつ丼と名物の餃子を食べて超満腹。いつ食べられなくなるか分からないので奮発しました。夫婦の笑顔もどことなく寂しそうで…そりゃそうですよね、店を開けてもお客がいないのでは。後からお客さん来ればいいですが。人のこと心配している場合ではないけど、ささくれた心のささやかな拠り所を阿呆な政治家たちに潰されたくないですね。

 

 

休業や時短のお店が多いから後悔する前に行っておく

地元は最低限の生活は出来るけど娯楽が殆どない反田舎なので元々人通りが少ないのですが(閑散とした東京より明らかに人出なし)、GW明けまで休業のお知らせやシャッターが閉まっているお店が多いなど景色が寂しさ増す…。去年は馬鹿みたいに令和フィーバーだったし今年はまさかのGW直前にこんなことに。ここまで閑散とした地元は初めてですよ。

コロナの影響ばかりではないかもしれませんが、影響は大きいでしょう。

 

どこが閉店してもおかしくないので、余力がある内に行きたいお店には行っておこうと思います。行っておこうかなと思っているうちに閉店してしまったらかなりショックですから。きついですよ、何回か経験あるけど行った時にシャッターが下りて長い間のご愛顧ありがとうございましたの貼り紙が1枚ポツンとしてあるのは

 

どんなことも終わりは必ずあるし今までにも閉店した店はあるけど今回のコロナ禍はあまりに酷いです。政府の愚策の自粛要請なんか知ったこっちゃありません。全く納得いかない自粛をしている間に閉店してしまってショックを受けるよりは、行っておきたい店へ行っておくことを選びます。自粛するではなく自粛スルーです!

 

 

まとめ

おバカな人たちの中には店を出すなら貯金をしておけ、コロナ騒ぎで休業や閉店ならお店出す資格がないとか言っていますがよくまあ好き勝手言えるなと。きっと叩くしか娯楽がないか自分が窮地に陥ったことがない人なんでしょう。

 

そんなことを言ったら資本力が凄いチェーン店しかなくなってしまいますよね。そんなの味気なさすぎます。これからどんどん色々なお店が廃業に追い込まれていきそうなので、最期の食事と思って行ける時に行っておこうと思います。

 

それにしても政府の愚策になんでこんなに毎回弱者ほど痛めつけられなければいけないのか…。満身創痍な人のかすかな楽しみをヤブ医者が奪っているようなものですよ。コロナよりコロナに翻弄されて犯人探しのように感染者を追い詰めたりばい菌扱いしたり、身勝手すぎる人間たちが多すぎて前々から人間嫌いだけど憎悪、侮蔑するほどになり、心底人間が嫌いになりました。本気で北斗の拳のような世界になりそうです。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと