【毒親の父親、モラハラ発言の数々】自分が常に正しいとふんぞり返る

毒親
スポンサーリンク

毒親はモラハラ発言が多いですが、特に父親の場合は一家の長の威圧感をだし家族を縛り上げてふんぞり返るタイプが多いです。私の毒父もそうでした。物心ついた時からおっかなかったし、事あるごとに俺が一家を支えている、誰のおかげで飯が食えていると物凄く俺様丸出しでしたね。

 

気質がずっと変わることはなく威張れる対象が会社や奥さんなどめっきり減っても、今でも威張っている位なので、もう最期までこのままなんだろうなと諦めです。そして私の魂をどんどん吸い取って本人はいたって元気な毎日…。

 

毒親の存在自体が毒なので毒エピソードだらけですが、ここでは毒親(父親)のありえないモラハラ発言を思いついた順に紹介します。

 

引用元:Gerd AltmannによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

自分は絶対に正しい、俺のいう事を聞けという訳分からない発言

モラハラ毒父は基本的にオレ様ルールの独自発言が強いことにあると思います。特に養ってやっているんだ気質の父親は相手を自分が養っているとみなした途端凄く見下します。特に家では母、娘2人と女性だったので男は女性より優秀といつの時代だ的な知能の毒父は常にふんぞり返っていて、特になんでも言うことを聞く母親には暴言が凄かったです。

 

出された食事が熱いことに文句を言う

食事に母がミネストローネ系のトマトスープを出した時の事でした。あまりお洒落な野菜スープは毒父が好きではない為家ではあまり出さないんですがその時たまたまトマトスープを出したらスープが熱すぎたらしく舌を軽くやけど?する位だったみたいです。それが不快だったようで毒父は「冷ましてからもってこいよ!」と怒り出しました。母はため息をしながら少し冷まして持っていきましたが、…自分で冷まして食べればいいだろうよ…と内心呆れました。

 

 

夕飯前に帰宅して夕飯が用意されていないと怒り出す

工場を廃業してからは母も以前より時間が取れるようになり、夏休みで日帰りツアーで姉親子と行く計画を立てたんですよね。それを話したら帰りの時間は東京からなので流石に昼間帰宅ではなく早くて夕方か夜になると伝えたら、じゃぁ俺の夕飯はどうするんだ!と怒り出しました。

 

…いや、自分で作るかカップラーメンやレトルトがあるじゃん。なんでわざわざ毒父の為に計画をキャンセルしなければいけないのか…。母親は行くのをやめると言いましたが、いやいや、おかしいだろうと思いつつどうしたもんかでしたが、結局毒父の方で用事ができたので大丈夫になりました。…毒父勝手すぎるだろう…とますます嫌悪感

 

 

絶対的恩人に従わないと激怒する

毒父が頭が上がらない人は恩人や権力が上の人で最も身近な人が毒父の姉。私から見ると叔母さんです。叔母さんは毒父の前に工場を経営して、毒父が工場長をしている間もバリバリそこで働き性格もはっきりさばさば(と言えば聞こえはいいけど超怖かった)なので、毒父も頭が上がらないシスコンでもあります。

 

そして姉の言う事は絶対でお前らも従えタイプです。その最たる発言が、私の姉家族が秋に2日間くらい家族旅行の時の事でした。出発日の前日に叔母さんが旅行土産に赤福をくれたんですよ。はい、三重県の名物です。このお菓子結構ボリュームがあり私はそこまで好きではないんですが、貰った毒父は大喜びで、おい、姉から貰ったぞと笑顔で私たちに渡したんですが、私は今は要らないと断り、母も同じように断ったら大激怒。

 

姉のお土産を食えないってのか!おい、姉ちゃんにも届けろ!と言い出しました。…姉は明日から旅行で今渡しても食べられらないよと言ったら、行く時に車の中で食べればいいだろと言い出す始末。…なんで旅行に行く時にもったりしたお菓子を車中で食べなければいけないんだよ…。

 

激怒が変らず渡すまでこれは無理だと思い姉にメールを送り、車を出して来てもらい渡しました。旅行前日で忙しいのにわざわざ車を出させて…しかも夜だから後で帰宅した旦那さんが何事?と思う始末だし。当の毒父は満足だけど本当なにこれ。数年経ちますが姉との間で未だに忘れられず、赤福が嫌いな食べ物になってしまいました。結局食べきれない分は勿体ないけど胃にも心にももたれたのでこっそりと処分しました…。

 

叔母さんは何も言っていないので、正確には叔母さんに関することは絶対と言う事ですね。まさか自分のお土産がそんなことになっていたとは思わないでしょう…。

 

 

自分ができることを人にやらせる

娘2人があまり言う事を聞かない為(そりゃそうだろ)、今度は孫にまで。姪っ子が家に来た時に外に干していた洗濯物が乾いてるかどうか確かめてくれと頼む始末。いや、あんた元気でぴんぴんしてるのに何でわざわざ遊びに来ている孫に頼むのよ。今までなら反論したけど面倒くさいし何が不機嫌になるか分からないから、すまん、姪よ加勢は出来ない。と思いつつ、姪っ子がしぶしぶ確認した後に結局毒父が確かめるし。

 

それを見た姪っ子が結局自分で動くのに私が動いた意味って…と言ったけど全くね!毒父は人に頼む割に自分で確認し自己完結するから頭に来るんだよ。それが自分で分からないからどうしようもない…。

 

 

毒親のモラハラ発言には従わず無視か冷静に指摘する

毒親に限らずハラスメントするのは相手が見下している証拠です。俺の言う事なら何でも聞くだろう的な。現に自分より強そうな相手には絶対に言いませんからね、それが腹立つ。毒父の場合は幼少は母や姉がやってくれたし、結婚後は奥さんが何でもやってくれてまさに至れり尽くせりですからね。

 

特に母は毒父が出かける時の服まで用意してたし、午前中の仕事を終えて帰ってくる前に昼職を用意する為に用事を切り上げて帰ってくらい。毒父の奥さんは殆ど高確率で夫に従いつくすタイプなんですよね。だからどんどん毒父は図にのります。

 

だから毒父に対しての対処法は断ること。何でも引き受けてられるか―!と気持ちを前面に出すことです。以前は後が面倒だから雑用を引き受けたり、逐一言い返していましたがもう疲れ果てたので、何か言っていても無視か、感情的になったら負けなので淡々と言うようにしています

 

思わず不快な感情にさせることが特技の毒親には本当ハードルが高い対処法なんですが、これが1番と思います。現にこいつは何もやらんと見なされた結果、前よりは頼まれないし話しかけられなくなりました。それでも存在自体が腹立つので、ストレスはたまる一方ですが…。

 

 

まとめ

毒親ですが暴力はしない分言葉の暴力が物凄いです。そして本人が全く気付かず、言ったことを忘れているから言われた方は一方的な被害者なところがとてつもなく理不尽です。

 

少し前は母が亡くなったら少しは変わるかな…とほんの少しだけ期待をしていたんですが、全く無駄な期待でした。歳をとったら丸くなるなんて言葉も全くの嘘で、もう自分か毒親が死ぬかの選択肢しかないんだなと痛感しています。

 

そして世の中には毒親が溢れ返っていて、毒親こそが長生きなのが絶望的です。本当早く毒親絶滅してほしい…。凄くスッキリするのになぁと叶わない妄想をする毎日です。

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと