【毒親育ちあるある】毒親の好きな物が嫌い

毒親
スポンサーリンク

私の好き嫌いは毒親の影響が大きいと思っています。毒親以外でも自分が心底嫌いな人が好きな物は自動的に嫌いになってしまう面倒くさいタイプです。

 

日常でもありませんか?別に興味はなかったのに、嫌いな相手が好きな物だと知った途端嫌いになってしまうこと。視野が狭くなってしまう嫌いな物が増えるのは疲れるのであまり良くないのは分かってはいるのですが…。

 

結構毒親の影響で嫌いになったものがあるので、今回は毒父が好きな物だからこそ嫌いになったものを書いていきたいと思います。

 

引用元:PIRO4DによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

酒や酒飲み

毒父はお酒が大好きです。結婚前から好きだったようで自分の親の酒乱が嫌いな毒母は酒飲みが嫌いだったはずなのに、お見合いの時に酒が好きかどうかの質問に毒父の酒は少々と言う言葉を信じてしまい失敗。酒飲みの少々は量が全く違うので当てにしてはいけません。

 

毎日酒を飲み飲まない私からは判断できないのですが結構な飲酒量だと思います。日本酒とビールが特に好きで冬は熱燗、夏はビールになります。ウイスキーやワインなどの洋酒は見たことがないですが多分飲めるんじゃないかと。

 

酔って暴れたり性格が変ったりするなどは無いですが、酒の勢いからか更におしゃべりの宴会好きになり、記憶がないことを都合よく酒のせいにするなど身勝手な点が大嫌いになりました。

 

毒父に限らず酒飲みの多くは宴会好きで騒いだり酒をしつこく飲ませようとしたり、酒が飲めない人を変人扱いする人が多いので酒と酒飲みは基本的に嫌いです。ただ酒は嗜好品なので適度に自分のペースで楽しむ方は別ですが。

 

 

家族物

自分が毒親という自覚が全くない毒親ほど家族を強調しがちです。家族はこうあるべき、家族だから、家族はいい物だと恐ろしく毒父好みの家族観に毒父の頭は支配されています。幼少の頃から家族家族と事あるごとに連呼され、本格的に嫌いになったのは毒母が私や姉に対してした借金も家族だからいいじゃないかとはねのけた時です。

 

毒父は家族ドラマが大好きで親孝行や協力し合い苦境を乗り越える等のドキュメンタリーも含めて毎日見ていますが、私からするとまた幻想家族を追っている…とうんざり。

 

おかげで家族という言葉自体に拒否反応が出るくらいで、小説や漫画の家族ありきの結末にも嫌気がさす程になってしまいました。結構多い結末ですからね…特に家族もののジャンルでくくっている物なら最初から見なければいいのですが、特に絶望系の作品が家族結末になった時のショックは半端ないです。

 

 

キムチなどの辛い物

毒父は酒のつまみになる食べ物が基本的に好きです。チーズやウインナー、空揚げやお刺身。それ以外ではキムチが大好きです。毒父は基本的に辛い物も大丈夫なので柿の種などの辛いお菓子もいけます。

 

辛い物は基本的に臭いが強いんですよね。ぱっとふたを開けた途端強烈なにおいがぷぅんと。好きな人にはたまらないでしょうし、それぞれ好みがあるのは分かるけど毒父の好物は大体味も臭いも個性や印象が強い物ばかり

 

だからお使いの時に商品を見るといちいち毒父の顔が思い浮んでしまい、嫌いになってしまうことが多いです。元々嫌いな物ならまだしも前は普通だったのに毒父が食べるようになってから嫌いになった食べ物もあるのが辛い。

 

 

毒父の好きな芸能人や有名人やスポーツ

元々芸能関係やスポーツは興味ないのですが、毒父がたまに褒めたり持ち上げたりする芸能人たちや熱狂しているスポーツは余計に嫌いになります。別に本人やスポーツ自体には恨みは無いのですが、見た途端毒父がもち上げている言動を思い出してしまいどうしても不愉快になってしまいます。

 

特に毒父は手のひら返しが大きいので、嫌っていた人も良い出来事ひとつでコロリと変りますし、逆もしかりであまり一定はしていませんが。

 

 

まとめ

上記に挙げた以外でも自分の好き嫌いは毒父の影響が大きいと思うことが多くあります。例えばうるさい人や大声を出す人が嫌いなのも毒父がそのタイプだからかなとか。本当は好き嫌いで毒親に縛られているのは相当根が深い証拠なので、毒親の負の鎖を断ち切るのがいいのですがここまで来るととらえ方を変えるのはもう難しいです。

 

動物や二次元が好きなのは毒父が嫌いだったり興味がなかったからもあるので、親の影響力は本当に大きいと思います。一人の人物の性格から人生まで大きく関わるから、親になる人は産んだら大きな責任がかかることを重く承知してほしいです。産むのは確かに自由だし、産んでから責任を痛感すると言うこともあるでしょうが、親は選んで生んだけど、子どもは頼んで生まれてきたわけではないですから。

 

だから今の大変な世の中で子供を産みたいと言う人は本当にすごいけど、毒親のように深く考えていない人も多いかもしれませんね。子供にとっては大迷惑しかないですが。

 

ますます窮屈になること必至の世の中で、子供を所有物や奴隷のようにしか思わない毒親が増える気がしてなりません。生活が安定の上で成り立っていたり子供を幸せの象徴と思いこむ親は、生活や収入が不安定になったり子供が思い通りにならなくなった途端に家族仲が簡単に崩れますから。

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと