毒親の大きな特徴…政治家となにからなにまでそっくり

毒親
スポンサーリンク

毒親とは近年言われるようになりましたね。虐待などの本気で酷い親から生活面はまぁ大丈夫だけど人格的に酷い親まで様々です。

私の親も毒親ですがテレビなどで図々しい政治家たちに吐き気がする度にふと思ったのです。

毒親と政治家たちそっくりと…。それでは自分なりに思った毒親の特徴を紹介しますね。

 

引用元: toraemonさんによる写真ACからの写真

 

スポンサーリンク

1番身近な大人のお手本が毒親はハンデが大きすぎる

子どもにとってまず身近な大人というのは親ですよね当然。産まれてから成人するまでは大体の人は一緒に暮らし助言や生き方を参考にする対象です。

その親が親としてまともな親ならいいのですが、毒親だと災難でしかありません。

 

まずその親が大人全体の見本と認識してしまうので、成人してもトラウマがこびりつき大人を始め人間そのものに対しての猜疑感や諦め感がはんぱありません。

そして異常にキラキラした家族観が根強い日本では本気で絶縁しない限りいつまでも親子関係が切れないところが辛い。辛い上に周囲からは親が何かをしでかしたら子供は何をしているんだ、育ててもらった恩も忘れてとか訳の分からないことまでいわれてしまう始末です。

 

三つ子の魂百までと言いますが本当と思います。人間そんな簡単には変われませんから。変わるには相当な気力とめぐり合わせと運が必要ですので。

だから大事な三歳までを毒親に育てられてしまった不運な子供は、残念なことに百まで苦難が付きまとう大変な人生が待っている傾向が大きいです。

 

 

毒親の特徴を考えたら政治家と全て当てはまった

毒親と同じくらい政治家が吐き気がする位嫌いなのですが、毒親と政治家の特徴が多くで一致するんですよね、恐ろしいことに。毒親が国を動かしているようなものですから、生きているのが息苦しい訳ですよ。

それでは私の毒親の特徴を踏まえて政治家との共通点を書きたいと思います。

 

何も考えずにお金を使い放題

毒親は結構裕福な家の三男坊です。当時は長男が優勢ですから三男は結構身軽な立場なんですよね。その為か性格はがさつで責任感がない、お金に対する意識が低いと風来坊的な面がかなりあります。

仕事に関しても母が言っていたのですが、周りにへこへこすることが嫌だからと結構安定な職を辞めてしまったらしく…。だから自分がトップになれる工場を経営したんですが、どうみてもリスクが高すぎる方を選んでしまうあたりもうリスクが高いんですよね…。

 

案の定工場廃業時は生命保険を解約したり、工場の色々な後始末をしたりと殆どお金を使ってしまいました。

 

また工場長時は収入がかなり良かったので、毎月の給料をギャンブルと酒に使い込み、普通は負けこんだら辞めるか少し離れるんですがなまじごくごくたまに儲かるだけに毎月使い込んでましたね…。

そりゃぁ給料全部母親に管理を任せて自分は好きなように使えるならいいですよねぇ。

 

税金を後々のことや現状を全く考えずにやりたいように使ってしまう…。まさに政治家そっくりですよね。

 

 

運よく持った権力をふりかざし訳分からないマイルールがある

この時代によくある亭主関白です。当時は男性主ですからね(今もか?)収入が1番あるのは大体は父親でしょう。自分が家族を養っているんだと自負をしまくりで、家の中でも凄い権力を振りかざしていました。

 

食事面も自分が席に着いたら食えるようにしておけと言わんばかりにどっかりと座り、スープを持っていったら、熱かったらしく冷ましてからもってこいと訳分からないこと言う。

母親が具合悪くして寝込んでる前でラジオが壊れた!とラジオのことばかり気にする…。

 

特に母親が病気で働けなくなってしまってから、私もずっと低収入だったので、俺が死んだらお前らどうするんだ?俺は死ぬからいいけどよと散々言って追い詰めていましたね。

よくそういう事が言えるもんだと嫌悪感がどんどん増していきました

 

しかも持ち家じゃなく賃貸だから別に自分の家でもないのに何を偉そうにと。

それに私たちがいなかったらあなたこそどうやって生きていくかは思わないところが凄い

面倒な手続きや面倒くさい掃除とかをしているから仕事に集中できたんでしょうに。

 

政治家も苦労せず親から引き継いで皆からちやほやされる安定した権力を、自分のことのように振り回してますよね。

そういう苦労知らずの経歴であるから、政治家どころか人ととして破綻しているんじゃない?と思えるような言動を繰り返すんでしょう。

 

 

人の話を聞かない

自分から話しかけておいてそれに対する返答を全く聞かないんですよね。

例えば〇〇だけどお前どう思う?と聞かれたとします。

それに対し私は△△だと思うと答えると、

俺は××と思うんだよな。なんでかというと→延々続く…。

 

人の話を全く聞かないんですよね。自分の話がしたいなら聞かずに勝手にしゃべってればいいのに。

それに対して一瞬でも考えた時間を返してほしいものです。

 

政治家も当然国民の声を総無視ですよね。だから強い嫌悪感を抱きます。国民の声を聴かない政治家がなんであんなにいるんでしょう。まだ少数だったらまだしもあんなにぞろぞろと居るから、一瞬見るだけで本当目が悪くなります。

 

 

自分の後始末を他の人に任せて当然のように逃げる

母の治療代を使い切り後は毎月のギリギリの生活…せめて廃業になる少し前からでも少しずつ貯金がしていたらと、管理をしていたのに使い込んだ母親ともども貧乏暮らしがきつくなるたびに恨みが募ります。言っても仕方がないとは承知だけれどブログにでも残さないとやってられません。

 

自分がしたことの後始末をしないんですよね。

酷かったのは母の仏壇にお供えの水をこぼしてしまったらしいのですが、それを平気でそのままの水日だし…。

最近ずっとあるのが新聞をトイレに置きっぱなし…。

 

書くと大したことはないかもしれませんが正直小さな事も重なると嫌になるんですよね。それを片付けるのは私ですから。

両方とも指摘したら、

こぼしたか?と白を切るし、あれは読み終わったからわざとおいてあるんだと訳分からない回答が来るし…。

 

もううんざりなので黙って片づけていますが…本当片づけが出来ない人って大迷惑なんですよ。

別にいつでも完璧にしろというわけじゃなく、自分もずぼらですし。

でももう少し確認位しろよ!と言いたくなってしまいます。元がずぼらな私がしょっちゅう何らかの片づけや確認をしなくてはいけないのがかなりの負担なんですよ。

 

政治家も自分たちの失敗の後片付けどころか平気で国民になすりつけてなかったことにしていますよね。全く毒親と政治家驚くほど共通点だらけです。

 

 

毒親は親と思わず押し付けられ返却期間無期限の生物と思うしかない

毒親を消すか自分を消すかが出来たらどんなにいいかと何度思ったかしれません。実際には出来ないので何か少しでも対応はないかなと思い、最終的に毒親が辛いなら親と思わなければいいという結論になりました。

 

親と思うから親ならば…他の人の親はいいなぁ…こんな人の血が流れているのか…と辛いんです。

 

もう私の両親は私が物心がつく前に逝ってしまったんだな…。そして今居るのはどこからか世話を押し付けられてしまい返却が期限なしの訳分からない生物と思うようにしています。

勿論実際には親子関係自体は変わらないのですが、気休めでも親とは思わないようにすることで少し気が楽になります。

 

 

まとめ

毒親の特徴を並べましたがその中でも1番酷いのはやはりお金を使い込んでしまったことでしょうか。お金は誰がどう言っても大切な物。それくらい分かっているはずだろうに、自分の快楽の為に使い込み、はては何も悪びれもしない親がやはり許せません。

 

しかも人にはちゃんと貯金しているか?とか言ってくるし。はあ?ですよ。働いていた頃の給料殆ど母親に使い込まれたよ!!それも言ったけどそ知らぬふりですからね、俺は知らねぇと。

 

こんな毒親とそっくりの政治家が国の権利を担っている限りは国が良くなることはほぼないでしょう。おそらくどんどん景気は悪化し陰鬱さが増すでしょうね。まぁいっそのことこんな薄気味悪い国なんて滅んでしまってもいいし、却って歓迎なくらいです。

 

毒親のことは何を言っても無駄なので親とは心情的には思っていませんが、色々な制約が家族本位の日本では最後まで血縁が切れないのが非常にきつい。なのでせめて私か毒親の最期の時には全部ぶちまけてやろうと叶うか分からない陰鬱の思いを抱いています。

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと