コロナをきっかけに願う政策

うんざり
スポンサーリンク

前回の記事では日本絶望を予期する目一杯悲観論的な記事を書きました。社会人になって20年以上経ちますが、これだけの長い間愚策続きなのにこれからの日本は良くなると信じられるほどメンタル強ければネガティブなブログなんて書きませんからね。

 

ただコロナをきっかけに考え方や生き方が変わるきっかけになる可能性があるとは思います。今まであまり本腰を入れなかったテレワークとかいきなり言われだしましたし。まぁ大手企業やテレワーク出来る業種のみですが。今回は可能性がほぼないけど実現したらいいなと思う政策を書いていきます。

 

引用元:Alexas_FotosによるPixabayからの画像

 

 

スポンサーリンク

オリンピックを中止する

なんでまだ延期にこだわって中止にしないのかがさっぱり分かりません。コロナで日本中が蔓延、外国も収束に向かっている国とそうではない国がバラバラ、疫病は完全収束の見極めが難しく来年も安心して実施できるか全く分からない状態です。

 

オリンピック開催について以前書いた記事はこちらです。

オリンピックを開催してもしなくても経済大打撃するよ
オリンピック開催するかどうかの連日報道の為、コロナに続いて今度はオリンピックか…とどうでもいい感で一杯です。もともとオリンピックに全く興味がないし、むしろ開催地に決まらない方が良かったしなんで開催地立候補したのかと今でも思います。

 

むしろ開催しない方が断然いいんですよ。元々災害まみれの日本で、原発問題もまるきり解決しないのに、派手事好きな政治家たちの娯楽の為に立候補してしまったんですから、無理や危険を冒して開催をする意味が全くありません。今なら中止でも世界が納得するでしょう。

 

今迄の予算が無駄になると言う人阿呆ですか?無理に開催に向けて不安に思いながら準備する方が余程無駄ですよ。それに開催中に災害が起ったら責任はどう取るんですかね、オリンピック賛同者にその辺りを是非聞いてみたいです。

 

使い物にならないマスクや後で増税確実で1回限りの現金を配布することより、無理なことから手を引くかやらないことに目を向けるべきです。放置してはいけないことは放置しまくっているくせに、あれだけの議員がいて優先順位がまるで分からないのが致命的です。

 

 

ベーシックインカム制度を入れて労働日や勤務時間を減らす

自粛や休業要請で辛い思いをしている方が沢山居る一方、会社での勤務時間が減り少し楽になった気持ちもある方もいるのではと。何せ今まで週5日間1日8時間を基本の勤務が、いきなりの時短や休業ですからね。同じ給料を貰えるのなら今が楽に感じる方が多い筈です。

 

働きすぎなんですよ、元々日本人は。働くことが生きがいの人もいるでしょうけど、それはほんの一部で大体の人が嫌々働いている筈です。8時間と言っても更に通勤時間と休憩時間をプラスすると約11時間を会社で過ごす人が多い訳ですからね。これで給料が多いならまだしも多くは並以下でしょうし奴隷のようなものです。

 

だからいっそベーシックインカム制度を取り入れて、最低限の給料を国で補償して、後は稼ぎたい人たちは稼ぐスタイルが良いと思うんですよ。そうしたら働く以外にもゆとりや好きなことを見つけやすいし、無理なく働ける人が多くなり、ストレスが減り世の中が上手く周ると思うんですが。

 

 

安楽死制度を導入する

去年テレビで放映して話題になった安楽死制度。現在はスイスを始めごく僅かの国でしかできませんが導入したらいいと思うんですよ。生きることが良い、長生きこそが良いという観念が余りにも強すぎます。だから苦しくても辛くても生きなければならなくて余計に辛くなるんです。

 

それに人生100年とか言われ始めますます遠いゴールになり余計に絶望感が増している方が多いと思います。正直長生きを喜んでいるのは高齢者が多く、若い人達ほどそんなに長生きしたくないと言う皮肉なことになっているようです。

 

死にたい時に安らかに死ねる安楽死制度を導入すれば、今は辛くても最期は安らかに逝ける、死にたかったらいつでも死ねる安心感が出るので逆に生き地獄から解放される人が多いと思うんですよ。今回のコロナ危機で鬱や希死念慮になってしまった方が多い中で、安らかな最期を示してくれる政策は前よりも更に重要と思います。でも今の政治の無能ぶりを見る限り制度ができるのを待っている間に寿命が尽きる方が早いでしょうね。

 

 

まとめ

他にも山ほどあるんですがとりあえずこの3つでしょうかね。どれも出来ないことはないんですが。オリンピックの中止はこれだけ騒いでいるコロナの中で延期してまだやろうとしている方が正気を疑うほどですしご意見番が居ないのがやはり痛恨ですね…。

 

ベーシックインカム制度も取り入れている国もありますし、同じ借金でも正直ばらまきとか僅かな人達しか喜ばない使い道よりよほど支持を得られると思います。更に安楽死制度は本当これがあればどれだけの自死者が救われたんでしょう。勝手に産み落とされて訳分からないルールに押されて我慢し続けてきたんだから、最期位国が責任を持って面倒を見るべきかと。

 

オリンピック中止はあり得るかもしれませんが他の2つの実現はほぼ不可能でしょうね。余程人の入れ替えか強力な後押しがない限り。結局コロナが収束しても生活水準は変わらないままでしょうね。何せ何一つまともなことをしない政治家しかいませんから。だからこれから考え方が変わり良くなっていくと思える人は今迄通り高スペックの人か余程のメンタルが強い人と思います。

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと