コロナを利用して弱者一掃か?

うんざり
スポンサーリンク

コロナに関して他国の陰謀説論などありますが私は個人的にはコロナにかこつけて日本の弱者一掃政策と思っています。次々と出される政策が全て骨スカですから。現金一括30万円と言っても自己申告制で色々書類を集めなければいけない、日本では基本的に搾取は簡単で貰う時は至極面倒と言う酷いシステムなので、手続き中おそらく色々不愉快な思いをする覚悟を持った方がいいし、手間からもメンタル的にもキツイ制度です。

 

ギャグでしかない布マスク配布は置いといても休業補償は子持ちの方優先で、高齢者が危険と言われているのに介護施設や介護者、同居人などは保障なしと言葉だけはご立派だけど結局目立つようなことしかやらない無能ぶりがよく分かります。

 

今まで借金増大にしてきた、どうしよう、さすがにまずい、でも年金などは今更下げるなどは大クレームになる、じゃぁ社会補償費がかかる人たちは疫病を理由に排除するかと思っているように思えるんですよね。

 

私にとって政治家や権力者は毒親と同じ位大嫌いな人種なので(あくまで想像の元で)徹底的にこき下ろしています。記事を読まれる方は不愉快な思いをされるかもしれませんのでご注意ください。

 

引用元:Alexas_FotosによるPixabayからの画像

 

スポンサーリンク

福祉費がかかる高齢者と引きこもりを排除

ずっと前から国の借金が凄いですよね。私は社会人になって無知なりに社会に興味を抱いて20年以上経ちますが休むことなくずっと膨らみ続けています。その中でも高齢者の増加と少子化はずっと大問題でした。特に高齢者は寝たきりの高齢者も含めて医療の発達によりどんどん寿命が延びています。また8050問題と言われるように年金暮らしの親と引きこもりの子供問題も抱えて将来は共倒れと強く叩かれはじめたのが去年からです。

 

高齢者は政治家達自身が大切にしてきただけのことあって自分たちを支持してくれるものの正直年金などお金がどんどんかかります。引きこもりは親が税金を払っているのも含めて基本的に勤め人ほど払えません。

 

そこで今回のコロナ騒動。コロナで重症化しやすいのは高齢者です。ということは自然に高齢者と同居している子供もかかりやすいということになります。子供も引きこもっていると体力落ちやすいですからね。しかも外出自粛要請しているので家で籠ってコロナにかかったら静かに勝手に死んでください、国は政策を出しましたよと言っているように私には聞こえます。

 

 

コロナ対応できない非正規労働者とネットカフェ難民、こじんまりしたお店を排除

テレワーク推進と叫ばれていますがそんなことができるのは資本力がある大企業やテレワークできる業種だけです。過酷な職場が多い非正規労働者はコロナに感染しやすいままで働くかあっさり契約切れかどちらかです。また休業要請にはネットカフェも含まれているからネットカフェを居住にしているネットカフェ難民を切り捨て、お店も同じく資本力があるチェーン店はまだしも個人店など小さいお店は要請に従わざるを得ないので自粛期間中は大打撃です。

 

コロナ政策に限ったことではありませんが、国やお偉方が出す政策は本当に下の立場の方たちは全く素通りです。でも分かっているんですかね。弱者あっての強者なんですよ。どんどん弱者を切り捨てて弱者がいなくなったら、今までふんぞり返っていた人たちで過酷な生存競争ですからね。未だに自己責任とか自粛しろ、コロナをうつすなとか偉そうに言っている人達、明日は我が身ですよ。

 

 

生き残っても膨大な借金を返す為に奴隷として働く未来

仮にコロナが収束して日常に何とか戻ったとしても今年まだ4か月のうちにどれだけの支出が発生したのか…全て借金ですよ。しかもまだまだかかります。というか永遠に続くんじゃないですかね。それこそ個人で言う自己破産しない限り回復は無理ですよ。残った人たちでなんとか働いても給料は税金で取られまくりますからね。はたしてどの位の人たちがモチベーションを保ち働き続けられるでしょうか。

 

しかも今のところライフラインがまだ生きていますが、皆コロナで忘れきっているようだけどコロナなんかよりはるかに恐ろしい大地震とか起きたら本当日本終わりですよ。まぁ終わっても全然いいですが、こんな冷たい国さっさと滅べばいいと思っているし、願わくば権力者たちが最も苦痛を味わえばいいと思っていますからね。

 

 

まとめ

今回の記事の国の弱者排除説は全くの想像ですがありえないことではないと思います。というかありえないことなんてないですし。あ、政治がまともに動くとか毒親がまともになるとかはあり得ないだろうけど。

 

前々から政治家たちを見る度に、この人たち増大する借金どう思っているのか、自分たちは逃げ切れると確信しているからなのかと不思議で仕方がなかったんですが、今回のコロナ政策が国民の為と言いつつ実は弱者排除としたら大したものだなと思うし納得です。逆に本気で国民の為と思っていたら…脳が本気でイカレテいるんでしょう。

 

正直氷河期世代を中心に自己責任論でつぶされたり人生が上手くいかなかったりした人たちは国を信じている人は少数だと思います。何度も裏切られて手当はほぼ素通りですから。国もそうだけどある意味もっと腹立つのが味方とならなければいけないはずの立場の人たちまでがよってたかって攻撃していることです。

 

今回の記事では国による弱者排除策と書きましたが、一方で今まで理不尽な目にあってきた弱者の怒りの象徴かもとも思っています。真っ先にやられるのは弱者ですが、今回のコロナ騒動は今まで言いたい放題言ってきた人たちも含めてほぼ全員が底辺直前ですからね。マダオの皆無職になればいいんだーーっ!のセリフが浮かびます。

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと