逃げ切り人生を満喫70代と苦難が断然多い40代の差が凄い

毒親
スポンサーリンク

8050問題とよく言われますが私にとってもっと気になるのは自分が当てはまる世代と言うこともありますが7040問題の方です。70代の毒親との同居は毎日がメンタル削られまくりですが、削られる理由は毒父の横暴さ以外に成功者を目の当たりにしていることが大きくあります。

 

今までの環境から基本的に高齢者には嫌悪感を持っていますが特に70代はほぼ老害と思っています。あまり老害とか決めつけ単語を使いたくはないですが毒親と同じくぴったりの言葉なんですよ…。今回は70代の殆どの高齢者をしんどく思う理由を毒父の例を挙げながら書いていきたいと思います。

 

引用元:diego barruffaによるPixabayからの画像

スポンサーリンク

70代は1番人生を謳歌した人が多い世代と思う

今年75歳の毒父は基本的に楽観的です。言う事は不愉快で否定的発言が多いのに基本的には何とかなるだろう精神。今回のコロナ騒動すら日本は大変だと言いつつ自分は仕事から帰ってもうがい手洗いせず、帰ってからもテレビと昼寝、自分の食事と常に自分のことだけ。いや、凄いです。自分はこれより下の生活にはならないと言う絶対の自信はどこから来るのかと思ったら、理不尽な出来事にあったことがないからと思います。

 

毒父のイージーモード人生についてはこちら。

毒父はイージーモードの人生
人生はゲームと同じくハードモードとイージーモードがあると思います。精神論支持の方には分からないと思いますが、個人の努力だけではどうにもならない運や環境などは大きく関係すると思います。

 

丁度終戦後に産まれたので戦争の厳しさは知りませんし、兄弟が沢山居た三男坊なので責任感はそれほど強くなくても生活できました。結婚前は母親や姉に世話してもらい、結婚後は妻に一切の世話まかせ。仕事は自分が使われるのが嫌で責任は大きいけど自分天下になれる家族経営の工場長を務め、小遣いはギャンブルが大半でもしもの時の貯金をまるきり考えずのお金使い放題、大病にもかからずと順風満帆です。

 

特に仕事で得意先以外では基本ふんぞり返っていられたし家でも威張り放題。日本の景気もバブル期などの好景気を経験しその後の不景気も工場閉鎖にはなったもののギリギリ逃げ切れました。若い時は就職難でもなく、結婚できたと言う当時の幸せの象徴を見事に謳歌したのですから、そりゃ底力が違うよなと。

 

もっと年上の高齢者なら戦争中の酷い経験もあるけど丁度のほほんとできたので、楽観的考えが物凄く、この世代全ての人とは言いませんが、わりかし順風満帆の人が多かったのではないのかなと思います。

 

 

70代と40代の溝の深さ

逆に40代は親世代と打って変わって基本的に悲惨です。バブル期経験の40代後半はまだしも崩壊後の40代半ば以下は本当いいことなしですからね。就職難や自己責任の嵐、パワハラモラハラなどのハラスメント横行、非正規を渡り歩き貯金などゆとりがある訳なし。アナログとデジタルのシステムの急激な変化だけではなく、生き方や関わり方などの考え方も急激に変りました。

 

履歴書を何回書いたか数知れずの方が多い40代世代と、受かれば大体上手くいった確率が高い70代の毒父世代。性格が全く合わないのも勿論だけど、あまりにも親と子で生き方も考え方が違うことにストレスがたまります。

 

70代は定年まで長期間務めた人が多いので長く勤め上げた自信にあふれた人が多いけど、はっきり言って今の時代に生まれていたら殆どの70代生きていかれないほどのレベルの人が多いと思います。なのに年金がギリギリで貰える最後の世代で社会保障もラッキーな世代ですからね。

 

反して40代は貰うどころか払うばかりで年金額ばかりがどんどん上がり多分貰う年齢80代、貰う額が1,000円位と言われてもおかしくないです。というかそこまで生きていられるか1番分からない世代と思います。既に心身ともに疲弊しきっている最初の世代ですからね。

 

就職氷河期世代の苦難についてはこちら。

どの世代からもどの時代でも叩かれ続ける就職氷河期世代
就職氷河期世代はほとんどいいイメージが付けられませんよね。どの世代も辛い要素ありますがこの世代…自分が同世代と言う事もありますから本気でいい事ないです。自己責任、見下し、中高年扱い、将来はお荷物世代…とろくなことを言われません。今日の新聞記...

 

生き方以外でも親との考え方のギャップに1番苦しんでいる世代かと。親世代は大きな会社で長時間勤めることが基本だけど、子世代は雇用制度崩壊を目の当たりにしながら親世代のいう事を聞きつつ新しい価値観にも挟まれ、結局理想と現実に挟まれて中途半端になってしまった方が多い犠牲世代ですからね。成功した時を謳歌した世代との同居はメンタル面でかなりやられます。

 

 

まとめ

高齢者は基本的に頑固ですが特に70代はいい時代が多かった、信じられるものがあった、これほど技術革新が進んでいなかった時代で生きてこられた最後の逃げ切り世代と思います。何とかなったから自信が凄まじく根性論も好きな一方で、不運に直面しやすい40代のことも理解しにくいので40代の私から見ても飄々とした他人事の姿にどうしてもイライラしてしまいます。

 

そんなにのんびりしていられるのもたまたまラッキーな時代だったからだぞと内心思いますが毒父には通じません。事あるごとにそれでも年金額が少ないとか職場の寸志が少なくて馬鹿にするなとか言い放ち、自分がいかに恵まれているかが全く分からない人には言っても無駄ですから。ただそれが聞こえてしまう私には問答無用でイライラがたまり精神力が削られるのがキッツいです。その言葉を40代以下に言ってみて蹴飛ばされればいいと思います。

 

不景気を知っている世代の親子ならギャップが少なくて羨ましいですが、でも世代よりやはり親の性格ですかね…結構若い親でも未だにいい会社いい学校の価値観が根強い人多いし。う~ん…。

 

毒親育ちにとって大人になっても仲がいい親子関係の方が凄く羨ましいです。生まれながらに宝くじに当たったようなものですからね。逆に毒親育ちは生まれながらに空くじを引いてしまったようなものですから、産まれた瞬間でその後の人生がほぼ決まってしまうのがキッツい。人や環境、親のせいにするな系の説教魔が出ますが、親と環境で人生はほぼ決まると思います。

 

毒親 うんざり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと