40代は不安を通り越して絶望感半端ないよね…。

うんざり
スポンサーリンク

40代の中高年のワードは本当に絶望感溢れるワードで埋め尽くされていて切ない…。

 

それはそうですよね。人それぞれに頑張って生きてきた結果が世間では立派にお荷物扱いですから、絶望感はんぱないですよ。しかも何をそんなに偉そうにしているのか訳が分からない人たちに決めつけられるんですから屈辱まみれです。

 

私も別に生きていたいとは思えないんですが、数年前まではまだ底辺ながらも信じて自分なりに頑張ってはいたんですよね、いつかはましになるかもと。でも最近はきっと最後まで暗闇なんだろうなと思ってます。その原因を書いてみますね。

 

 

スポンサーリンク

お金がない

もう生きていたくない人たちの多くはお金がないことが殆どではないでしょうか。正直お金持ちは生活基盤が安定しているから心の余裕が出来る為に、生きて居たくないと思うほどの悩みにはならないと思うんですよ。

 

当然お金がないなら貯めればいい、働け!となるんですがここで最大の問題。

 

働きたくないんですよね…。

 

こういうと皆働きたくないのに生活の為に働いている。働かなくてどうやって生きていくんだのもっともなマウンティングの嵐なんですが、本音だから仕方ないです。

 

働きたくない。

 

厳密にいうと会社とか外で人に囲まれるのが怖いんですよね。とにかく人が怖くて仕方ない。自分に関わらない人たちなら平気なのですが仕事面で人に関わるのが怖い。

 

だから対人関係の仕事に就いている人や人間関係に苦悩しながらも仕事を続けている人が本当にすごいと思います。

 

外で働くことが恐怖になってしまった私は、在宅ワーカーを選んだのですが正直厳しいです。

 

収入と言えるほどではないし、自分のレベルが低いせいもありますが専属でやってこれしかの収入かぁ…と思うと絶望感半端ないです。

 

それでも会社で神経すり減らして働くのではなく在宅の道を選んだことは、

後悔はしていないのでよほど働く事自体にダメージを受けてしまったんだなぁ…と改めて思います。

 

 

 

体力が低下し疲れやすい

年配の人から前から年取ると大変よ~体のあちこちがガタがくるから今に分かるわよ、と散々言われていましたが今身に沁みます。

 

その時はまだ若かったこともあり幸い大きな病気や怪我もなしで来られたので、他人事で大げさだなぁと思ったのですが。

 

本当40になった途端体力のなさを痛感します。

 

元々体力低いけど体のあちこちで不調を感じます。

 

頭痛が起きやすく目の疲労も感じやすい、髪の毛や爪などもよわよわで抜けやすく欠けやすい。

暑いのが大嫌いなのに温暖化の影響で夏の時期が年々過酷になる。

 

そうすると薬や休み等の対策が必須なわけで労働時間等の起きている時間も減るから収入に響く…。

 

見事に悪循環ですね…。しかも病院へ行きたくないから回復まで時間がかかります。市販薬代もかかるし、塗ったり貼ったりする手間もプラスされて本当に面倒くさい。

 

一気にがくんとくるので40代に入るまでに出来るだけ体力を温存しておいた方がいいですよ。

 

 

 

体力に続き気力も低下し何もかもが面倒くさい

体力低下と仲良くセットで気力もしっかり低下します。何かをしなければ!!という気力がどんどん失われるんですよ。

 

以前はまだ色々勉強や美容や掃除、生き方などへの意気込みがあったんですがなんかもうどうでもいいや~みたいになってしまって。

 

元々怠け癖が半端なくそれらをなんとか抑え込んでいたけど、40歳になった途端解放されてしまったと言うか。

 

意気込んでも対していい結果が出なかったのも最大の要因です。自分の努力不足と言われればそれまでですが、自分なりに頑張ったしもうどうしようもないんですよね…。

 

光に向かって頑張ると言うより闇に向かって終わりへ近づくと言う方がしっくりきます。

二次元と食欲、睡眠欲位ですかね…衰えないのは。

 

 

 

自分だけではなく周りもギリギリの生活

自分が底辺生活でもせめて周りに頼れる人がいれば全然気持は違うんでしょうが、周りも底辺…。

 

親は生活できるくらいの年金は受給しているとはいえ、今のアルバイト終えたら収入なくなり性格が荒んでどうなるか分からないし、貯金もほぼできていないから蓄えなし。

 

医療費もかさむし介護も必要になったらどうしようか絶望しかない。こんな毒親を介護する自信など全くないし施設へ入居させるお金なんかある訳ない…。

 

姉は一人娘を育てるのに一杯一杯で旦那さんは非正規だから収入不安定…。

 

安定している父親の親族は性格が最悪だから顔を見るのも嫌ですし。

叔母さんはまだ頼れなくはないけどすでに母の治療でお世話になってしまったから頼りたくないし。

 

せめて自分だけのことを考えるだけならまだよかったんです。

 

8050問題のように親が子供を面倒見て可哀想な風潮が強いけど逆も辛すぎます。

高齢で頑固で話が通じない親の面倒を見るなんて地獄に等しい…。親が絶対の存在の日本がしんどいです。

 

 

 

結局自己責任でトドメさされる

まぁお金なんですよね要は。家とかの資産はいらないです。家があっても色々お金がかかるし場所によっては不便な家は逆にデメリットが大きいですしね。

 

だから現金を持っている人が1番強いんだなと思い知らされます。

 

何をするにもお金お金お金の世の中。どんな性格の人でもお金持ちは許されますからね。

色々語りましたがお金を貯めてこなかったのが悪いの一言でしょうね。

はいはい、それは自分でよーく分かってるからわざわざ言われたくないですねとやさぐれ一直線です。

 

 

 

まとめ

金金金とお金のことを考えてばかりいたら本気で気分悪くなってしまい少し布団の中へ寝転がりました。

 

もうどうにもならないんですよね…どうにもならない事を考えても仕方ないけどどうしても考えてしまう無限ループ。でも悪循環にはまりまくっている人達も多いのではないでしょうか。

 

我慢して働いても議員の娯楽や失敗の埋め合わせで使われる税金で取られて終わりですからね。

 

こんな金まみれの世の中うんざりなのでSF漫画などのように革命でも起きてくれないかなと、ありえない事をばかり考えてしまう現実逃避の毎日です。

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと