10連休なんて嬉しくもなんともない

うんざり
スポンサーリンク

決定が間に合わなかったのでカレンダーは黒字だけど見事に10連休ですよね。

また家族旅行の楽しそうな映像が写るたびにいらっとくる心の狭い私ですが、10連休嬉しくない人は結構多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

いくら休みがあってもお金がなければ楽しくない

天皇陛下即位の行事や改元も相まって祝日どんどん増やして大型連休にしたから、

国民の皆さんさぞ喜ぶだろう~皆で祝い、家族で旅行してそろっての時間を楽しんでくださいねと言わんばかりですが、

 

 

全く嬉しくない

 

 

政治家の考える幸せは大部分の国民の考えと本当ここまでずれまくると天晴よ。

 

だってね、休日がいくらあったってお金がなければ出かけられないし、買い物も出来ないんですよ。

 

日々の請求書や支出は同じだし、食品や必需品の値上げラッシュ。

10月には消費税も値上げ、老後どころか今が一杯一杯でかつかつなのに、喜んで出かける人なんて政治家のように特権階級位なのが、全く分かっていないでドヤ顔が腹だたしい。

 

非正規の人は10日間収入経るから死活問題です。元々土日が休みだとしても8日間分は減るわけで。

しかも連休の為に前後の仕事が鬼のように…。

転職活動中の人はハローワークも企業も休みだから空白期間が延びてしまうし。

 

 

全く分かってないですよね、特権階級以外の人たちの事を。

そんなに祝日作りたいならせめて何もない6月に作った方がよっぽど喜ばれる。

 

ハッピーマンデーだか何だか知らないけど月曜日をむりやり祝日にする愚策もいい加減やめてほしい。何のための祝日かさっぱり分からん。

 

 

 

銀行や病院の大型連休で大迷惑

ATMもやっぱり混んでましたね、特に手数料が期間中は土日祝日料金になり値上げの銀行の所は夾が最後の平日料金ですし。

 

病院も駆け込み患者でたくさんだし、薬局も薬を多めに貰う患者さんばかりだとか。

という事はGW開けも混むだろうし、GW中に病気や怪我になったら本当大変です。

 

何があっても守られる政治家たちが考えるような愚策ですよね全く。

 

 

 

サービス業などの平日休みの人たちの事も分かってない

普段の大型休みや年末年始もピリピリするのに今回の10連休は本当サービス業の友人や身内はイライラと疎外感で凄い。

 

そりゃそうですよね、お客の立場ですら怖かったり面倒なお客さん居るし。

シフトも休む人多いからその分しわ寄せがくるし、時給もそんなに上がる訳ではないし。

 

連休になるたびにマスゴミがこぞって楽しいニュースにするのも凄く不愉快。土日休みの仕事の人しか頭にないと言うか疎外感半端ないです。

 

多種多様の働き方と叫ばれてもこれじゃぁね…。

 

 

 

旦那や子供がいるのもきついだろうけど毒親と居るのもかなり辛いよ

主婦さんが旦那さんや子供の世話、食事作りにうんざりしているけど毒親と同居の身分もかなり辛いですよ。

 

少しでも一緒の時間減らしたいのにかえって増えるなんて地獄と言うのは共通ですからね。

しかも非正規だからやっぱり収入は減るし。

 

あと嫌がられる原因は暇そう~にしている姿を見てしまうから。

 

いや、そんなに暇なら家事とか掃除とか少しくらいやってよと思いつつ、言うのも疲れるし返答は100%不愉快だと分かり切ってるから言わないですけどね。

 

しかし…未だ家事は女の仕事という若い旦那さんも結構いるんですね…こりゃ夫婦喧嘩増えるんじゃないでしょうか(^_^.)

全然家に居てくれないのよ!と怒るのは新婚さんまでですかね…。

 

 

 

家で静かにこもって過ごすのが1番いい

どこ行っても激混みだしもともと人混みが大嫌いなのでゆっくり静かに家で過ごします。読書とか掃除とか在宅ワークもしっかりやらねばね。

 

案件も検収作業遅いクライアント居るから大型連休前での仕事の駆け込みで多忙なのかなぁと思ったり。

 

でもずっと家の中にいるのはあまり良くないので気分転換もかねてちょっと買い物したり、地元は田舎なので逆に人手がさらに減るだろうと予想して地元の喫茶店とかで息抜きしようかなと思います。

 

 

 

まとめ

正直お金がないと本当に行動が制限されるから政府が立てるお金ありきの政策に不快指数MAX突破中。

 

そんなに休みを推奨するならどうせ借金なら全国民にお金を配られる方がよっぽどまし。

 

家族で旅行だけが大型連休の過ごし方ではないし、家でゆっくり過ごすのも全然ありなので予定なしの方は同じくインドアを満喫しましょうね。

 

 

うんざり 世の中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シンプルに 楽な方へ ゆっくりと